挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
春風 ~四季の想い・第二幕~ 作者:雪原歌乃

第六話 揺らめきの行方

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

36/48

Act.2-01

 実家に戻り、宏樹は車を、朋也は荷物を自室に置いてからすぐに家を出た。
 予想通り、母親には、「もうちょっと落ち着けないの?」とぼやかれたが、兄弟揃って聴いていないふりを装った。

 ふたりが向かった先は、徒歩十分ほどの場所にある焼き鳥屋。
 朋也が家を出て間もなく出来た店らしい。

 焼き鳥屋だけあって、店の中は煙が充満している。
 換気扇は回しているようだが、あまり意味をなしていない。
 とはいえ、煙たさもまたその店の味だと思えばさほど気にならない。

 朋也と宏樹は一番奥のテーブル席に着いた。カウンター席も決して悪くないが、宏樹なりに気を遣ってくれたのかもしれない。
 確かに、カウンター席だと密談するには不向きだ。
 それを考えると、奥の席が空いていたのは幸運だった。
 密談と呼ぶには大袈裟かもしれないが。

「まずはビールでいいよな?」

 宏樹に訊かれ、朋也は「ああ」と頷く。
 それを見届けてから、宏樹が店の従業員を呼び、瓶ビールと焼き鳥をお任せで注文した。

 ほとんど待つことなく、ビールは運ばれてきた。
 一緒にお通しもそれぞれの前に置かれる。

 従業員が離れてから、宏樹がビール瓶を持ち上げる。
 そして、注ぎ口を朋也に無言で向けてきた。

 朋也は少し慌ててコップを手に取った。
 わずかに傾けて差し出すと、琥珀色の液体がコップの中にゆっくりと注がれてゆく。

「次は俺に寄越せ」

 そう言いながら、今度は宏樹からビール瓶を分捕った。
 同じように注ぎ、互いのコップにビールが満たされてから、どちらからともなく軽くコップをぶつけ合った。

 乾いた喉にビールの苦みが染み渡る。
 あっという間に一杯目を飲みきり、宏樹が素早く瓶を手にして新たに注いでくる。

「不思議だな」

 ゆったりとしたペースでビールを飲みながら、宏樹が不意に口を開く。

 朋也はコップを握り締めたままで、「なにが?」と問い返した。

「お前と一緒に酒を飲んでることがだよ」

 宏樹は口元に弧を描きながら続けた。

「俺とお前は十歳離れてるからな。お前が小学校の間に俺が成人して、酒を飲むようになったら、散々嫌味を言われたこともあった。それがいつの間にか、お前も大人になってしまったから。俺もトシを取るはずだな……」

「なに急に年寄りくせえこと言ってんだよ……」

 朋也は苦笑いしながら箸を持ち、お通しの肉じゃがに手を付けた。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ