挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
春風 ~四季の想い・第二幕~ 作者:雪原歌乃

第五話 言葉に出来ない

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

30/48

Act.3-01

 ◆◇◆◇

 あれから涼香と朋也は、同じ店で三時間も粘ってしまった。
 酒と料理が美味しいのはもちろん、ざっくばらんとした店の雰囲気がまた、ついつい長居させてしまう。

(そういえば、夕純さんと来た時もこれぐらいいたっけ?)

 また、夕純と来た時のことを想い出す。
 だが、あの時は、上司と一緒だという気持ちが最優先に働き、今日ほど気を緩めることが出来なかった。
 もちろん、夕純の人柄を分かってからは好きになっているが、やはり、恋愛対象として見ている相手だとずいぶんと違う。
 とはいえ、酒の力を借りてハメを外し過ぎている自覚も、酔っ払っていながらもよく分かっている。

「ああ、なんか気分いいわあ!」

 ハメ外しのついでだと思い、涼香は両手を広げ、夜の空気をめいっぱい吸い込む。
 火照った身体に、春先のひんやり感はとても心地良い。

「――山辺さん、相当酔っ払ってねえ……?」

 案の定、朋也が呆れた様子で訊ねてくる。

 涼香はそんな朋也に向けて、ニッコリと満面の笑みを見せた。

「酔っ払ってるわよ。けど平気よお?」

「――まあ、歩き方はわりとしっかりしてるけどな……」

「そうよ? 私はこれでも酒強いし、記憶を失くしたこともない。ちゃんとセーブはしてんのよ?」

「うん……、俺よりかなり強いっつうのはよく分かった……」

 そこで会話が途切れた。
 時おり人とすれ違うことはあっても、辺りがあまりにも静か過ぎて、かえって耳鳴りが煩く聴こえる。
 この沈黙は、酔っ払っているからいいもの、シラフだったらとても耐えられない。
 酒に強い自分に――いや、酒飲み一家に生まれさせてくれた両親に感謝するべきか。
 変な感謝の仕方だが。

(ま、こうゆう静かな時間も時には必要かな?)

 そんなことを思いながら、ゆったりとしたペースで歩き続けていた時だった。

「――あのさ」

 朋也が遠慮がちに口を開いた。

 涼香は弾かれたように朋也を見上げると、朋也は前に視線を向けたままで続けた。

「山辺さんから見て、俺ってどんな感じ?」

 唐突な質問だった。
 朋也は紫織同様、思ったことが顔に出やすいとはいえ、質問の意図が掴めない。

「どんな、って?」

 困惑した涼香は、逆に問い返す。

 言い出した張本人であるはずの朋也もまた答えに窮しているようで、「えっと」と曖昧に濁す。

「いや、俺のような男ってどう映ってるんだろ、って。好奇心とも違うけど、なんつうか……」

 結局、何が言いたいの、と問い質したいところだが、そうしたらまたさらに混乱させてしまいそうだ。
 涼香は少し考え、「そうねえ」と言葉を紡いだ。

「一途で純粋かな、って思う。真面目で嘘が吐けない。だから器用に立ち回れないトコが昔からある気がする」

 率直に思ったことを告げた。

 すると、朋也は、「やっぱり……」と小さく項垂れた。

「何が『やっぱり』なの?」

 怪訝に思いながら訊ねると、朋也は困ったように苦笑いを見せた。

「いや、この間も同じようなことを言われたから……」

「誰に?」

「――職場の、同期に……」

 少しではあったが、答えるまでに間があった。
 その瞬間、変な勘が働いてしまった。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ