挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
春風 ~四季の想い・第二幕~ 作者:雪原歌乃

第一話 飲んで飲まれて

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

3/48

Act.2-01

 〈お局様〉――唐沢夕純(からさわゆずみ)に連れて来られたのは、狭い路地裏にある店だった。
 店構えも、〈居酒屋〉というよりは〈酒場〉と呼んだ方が相応しいほど年季が入っている。

 正直なところ、こういうレトロな店で飲むということを全く予想していなかった涼香は面食らってしまった。
 だが、こういう店構えは嫌いじゃない。

「チェーン店が一番無難かもしれないけど、そういうトコって落ち着かないのよ」

 そう言いながら、夕純は肩を竦める。
 そして、ようやく涼香の手首から手を離すと、曇りガラスが張られた扉を開ける。
 ただ、扉も相当年季が入っているようで、少し力を入れていた。

 ガラガラ、と建て付けの悪い音を立てた扉は、人がひとり通れるぐらいまで開いた。
 そして、夕純が先に入り、涼香もそれに続く。

 店の中は、ひんやりとした外とは対照的にムンとした熱気を感じ、食欲をそそる煮物の匂いが鼻の奥を刺激する。

 涼香は、夕純のあとを追うように一番奥まった場所へと行く。
 そこでようやく、ふたりは向かい合わせになる格好で席に落ち着いた。

「ここ、お酒も料理もハズレはないから。あ、嫌いなものとかある?」

 夕純に訊かれ、涼香は「いえ」と首を横に振る。

「特に食べれないものはないです。お酒も基本的に何でも好きですから」

「なら、ちょっと強いお酒も平気?」

「多分、いけると思います」

「了解」

 夕純は微笑しながら頷き、カウンター内にいた、この店の女将らしき女性を呼んだ。

 女将はこちらに即座に気付いた。
 そして、のそのそと席まで来ると、夕純の注文を素早くメモする。

「ちょっとお待ちを」

 決して愛想が良いとは言えない。
 だが、感じが悪いのとも違う。
 狭い店内には人がチラホラと見受けられるし、本当に評判が悪いとしたら誰も近づきはしないだろう。
 そもそも、悪評高い店なら夕純もわざわざ涼香を連れて来るはずがない。

(嫌がらせをするつもりじゃないなら、だけど)

 夕純に対して警戒心を完全に解いたわけではないから、つい、よけいなことを考えてしまう。
 もしかしたら、涼香の考えを悟られてしまっているだろうが、それならそれでもいいか、などと開き直った。

 ほどなくして、先ほどの女将がビール瓶一本とコップを二個載せたお盆を手に戻って来た。
 そして、ふたりの前にコップをそれぞれ置くと、目の前で栓抜きを使って王冠を開け、上手にビールを注いでゆく。

 その作業を一通り終えてから、女将は再びカウンターに戻ろうとする。
 が、途中でスーツ姿の年配男性に声をかけられ、足を止めた。

「まずはビールで乾杯ね」

 女将に気を取られていたが、夕純の呼びかけに涼香はハッと我に返る。
 少し慌ててコップを手にすると、「今日もお疲れ様」と夕純のコップを涼香のそれに軽くぶつけてきた。
 コチン、と乾いた音が微かに鳴った。

「ああ、生き返るわあ!」

 コップ一杯分を一気に喉に流し込んだ夕純は、腹の底からオヤジ臭い声を出す。
 とはいえ、涼香も夕純と同様、飲んだら生き返った心地がしたから――さすがに一気飲みはしなかったが――、夕純が思わずオヤジに変貌してしまった気持ちも分からなくはない。

(私も散々、『オヤジ臭い』って言われてたしねえ)

 ビールを口に含みながら、涼香は不意に高校時代のことを想い返した。
 いや、正確には大好きな親友、そして――ずっと捨てきれずにいた恋心、だ。

 親友の加藤紫織(かとうしおり)とは、高校卒業後もお互いの都合を合わせてちょくちょく逢っている。
 紫織は涼香と違って下戸だから一緒に酒を飲むことはないが、ご飯を食べたり、のんびりショッピングをしたりして一日を過ごす。

 涼香と紫織は誰が見ても対照的なのだが、だからこそ、紫織と一緒にいるととても落ち着く。
 ほわんとしていて、けれど、時に鋭い突っ込みをしてくる紫織。
 可愛いのに、それを楯に媚びることも決してないから、そういう点も涼香は紫織に対して好感を持っていた。
 素直で、心が綺麗で、涼香の持っていないものを紫織は全て持っている。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ