挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
春風 ~四季の想い・第二幕~ 作者:雪原歌乃

第五話 言葉に出来ない

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

29/48

Act.2-02

「俺、かえって余計なお節介焼いちまった……? 俺の注いだやつ……」

「別に気にすることじゃないわよ。これはこれで飲めるし。それに、私は注ぎのプロなんだから」

「なんだそれ、注ぎのプロ、って……」

「仕事の飲み会で必ずお酌して回ってるんだから、自然と上手くなるのよ。何だったら、高沢君にも教える?」

「まあ、どっちでも……」

「なにそれ」

 涼香は思わず肩を揺らしてクスクスと笑ってしまった。

 朋也は、何故笑われるのか、と言わんばかりにポカンとしていたが、やがて釣られるように喉を鳴らして笑い出した。

 そこへ、出来上がった料理が次々と運ばれてきた。
 刺し身の盛り合わせと唐揚げ、さらに、以前に食べて美味しいと思っていた玉子焼きも注文していた。

「これはサービスね」

 そう言いながら、涼香と朋也の前に小鉢をそれぞれ置く。
 以前はワラビの煮物だったが、今回はタコときゅうりとワカメの酢味噌和えだった。

(ここって必ず小鉢をサービスしてくれるの?)

 小鉢の中身をまじまじと見つめていると、女将は、「ごゆっくり」と言ってこの場を去る。

「サービス、ってことはタダ? ほんとに……?」

 小鉢を摘まむように持ち上げながら、朋也が涼香に訊ねてくる。

 涼香は、「多分」と答えた。

「前に来た時もワラビの煮物をサービスしてもらったし。実際、料金には含まれてなかったから、多分、今回もじゃないかな?」

「ふうん。まあ、金がかかったとしても大した額じゃねえと思うけど……」

 朋也の言い回しはいかようにも意味が取れる。
 多分、『お通し代ぐらいの追加料金は払うよ』と言いたかったのだろうが。

 朋也は再び、テーブルの上に小鉢を戻した。
 そして、ワカメのくっ付いたタコを箸で掴み、口に運ぶ。
 無表情で咀嚼しているが、人が食べている姿を見ていると何故か美味しそうに映る。

 涼香も小鉢に箸を入れた。
 タコときゅうりを同時に取って口に放り込むと、真っ先に酢味噌の甘酸っぱさがいっぱいに広がる。
 食べていると、今度は日本酒が無性に飲みたくなってきた。

「日本酒も頼んじゃお。すっごく飲みたい」

 酒が絡むと、どうしても欲望の赴くままに行動を起こしてしまう。

 朋也は黙々とビールを飲み続けながら、酒飲みモードに完全に突入していた涼香を見つめ続ける。
 若干、引いているだろうとは察したものの、飲みたいものを我慢するのも身体に良くないし、と自分を無理矢理納得させた。
 改めて、酒は怖いとつくづく思う。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ