挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
春風 ~四季の想い・第二幕~ 作者:雪原歌乃

第五話 言葉に出来ない

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

28/48

Act.2-01

 しばらく歩いて、ようやく目的の居酒屋に到着した。

「こいつはまた、なんつうか……」

 朋也は言葉を濁したが、言わんとしていることはすぐに察した。

「すっごくレトロでしょ?」

 涼香は『オンボロ』と言いそうになったが、中に聴こえてしまっては拙いと思い、あえていい表現を使った。

 朋也は、「ああまあ」と曖昧に答えるも、明らかに、『すっげえボロいな』と言いたそうにしている。
 というか、表情にはっきりと出ていた。

「ま、建物はこんな感じだけど料理の味は保証するから。お酒の種類も豊富だし、ほんとお勧めよ?」

「ふうん……」

 涼香が強く推しても、まだ半信半疑なようだ。
 だが、いくら口で説明しても疑いが晴れるわけではない。
 そう思い、半ば強引に朋也の二の腕を掴み、立て付けの悪い扉を開けた。

 中に入ると、以前に来た時と同様、ムンとした熱気を感じた。
 ちょうどお腹を空かせていたから煮物のいい匂いが食欲をそそる。

 一番奥の席が落ち着くな、と思っていたら、運良く空いていた。
 涼香は朋也を引っ張る格好で、ズンズンと店の奥まで進む。
 そして、そこでようやく朋也の腕を解放し、互いに向かい合って腰を下ろした。

「まずはビールにしとく?」

 涼香が訊ねると、朋也は黙って頷く。
 多分、全ての注文を涼香に任せる気でいるのかもしれない。

 涼香は店の女将を呼び、思い付くままに注文をしてゆく。
 朋也の好みを聞いていなかったから適当に頼んでしまったが、もしも食べたいものがあれば追加注文すればいい、と軽い気持ちで思った。

 ほどなくして、瓶ビールが運ばれてきた。
 以前に来た時と同様、ふたり分のコップにそれぞれビールを注いでくれる。

「それじゃ、乾杯ね」

 夕純が言っていたような台詞を、涼香が朋也に向けて言っている。

 朋也はコップを持ち上げ、「お疲れさん」と口元を小さく綻ばせた。

 互いのコップが乾いた音を立ててぶつかり合う。
 それからほぼ同じタイミングでビールを流し込む。

「ああ、生き返るわあ……」

 またしても、夕純と同じようなことを口にしている。
 だが、ビールを飲むと自然と出てしまうから仕方がない。

 一方で、朋也も口には出さなかったものの、美味しそうにビールを飲み続ける。
 喉仏を動かし、半分ほどなくなったところで、ようやくコップから口を離した。

 それにしても、不思議な光景だと改めて思う。
 アルコールを口に出来ない未成年の頃から知っているからというのもあるだろうが、朋也が涼しい顔をして酒を飲んでいるのがにわかに信じられない。
 もしかしたら、朋也も涼香に対して同じ思いを抱いているかもしれない。
 いや、朋也のことだから、涼香のことなど全く気にも留めていないだろうか。

(あ、なんかすっごい落ち込んできた……)

 気分直しに新たにビールを注ごうと瓶に手を伸ばしたら、朋也が先回りして瓶を取り上げていた。

「手酌なんてしたら出世しないっつうだろ?」

 涼香は驚き、けれども軽く会釈して、素直に朋也からの酌を受けることにした。

「女はそうそう出世なんて出来ないわよ?」

「そう? 山辺さんだったら男を踏み台にしてグングン上に行きそうだけど?」

「私の上司にそうゆう人はいるけど、私はそこまでなれないわ」

「出世欲はない?」

「さあ、どうとも言えないかもね」

 涼香が言いながら首を竦めて見せたところで、コップが琥珀色の液体で満たされた。
 ただ、泡がほとんどない。
 やはり、少しでも開けてから時間が経ってしまったからだろう。

「ありがと」

 涼香はニッコリと礼を言う。
 朋也の気持ちは嬉しかったから、素直な想いが口から出た。

「私も注いであげるよ」

 一本目は涼香のコップに満たされてなくなっていたから、二本目を新たに開ける。
 栓抜きを使ってビールを開けるなんて家ではまずしないから、何となく新鮮さを覚える。

 朋也は慌てて残ったビールを飲み干し、コップを軽く傾けてきた。

 今度は開けたてだから、液体と泡がほど良い具合に注がれてゆく。
 元々、涼香はビールを上手く注ぐのが得意なのもある。

 朋也は自分に注がれたビールと涼香のビールを見比べ、少し決まりが悪そうにしている。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ