挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
春風 ~四季の想い・第二幕~ 作者:雪原歌乃

第五話 言葉に出来ない

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

27/48

Act.1-02

 ◆◇◆◇

 待ち合わせ場所の駅には、三十分以上も前に着いてしまった。
 本当に、どれだけ今日を楽しみにしていたのだろう。
 恥ずかしいと思いつつ、ちょっとだけ、そんな自分を微笑ましくも感じてしまう。

 朋也を待っている間、涼香は近くのベンチに腰を下ろし、携帯電話を弄っていた。
 最近は携帯で様々なサイトを覗けるようになったから、ポケットベルを持っているだけで周りが盛り上がっていた高校の頃を考えると、本当にとても便利になったものだと感心する。

 ただ、パソコンと違って見られるサイトはだいぶ限られるし、サクサク見られるわけではない。
 ディスプレイはカラーになってはいても、画像自体はとても暗くて見づらい。
 だが、携帯の進化は年々進化を遂げているから、そのうち、パソコンに負けずとも劣らない携帯が生まれてもおかしくないかもしれない。

(時代の変化に着いてけないよ、私……)

 まだ二十代前半だというのに、年寄り臭いことを考えてしまう。
 同時に、こんな発言をしたら、もっと年上の夕純はどんな反応を示すだろうか。
 さすがに怒りはしないだろうが、『そんなこと言わないでよ』と、ちょっと哀しそうにされてしまうかもしれない。

 その夕純とは、初めて飲みに誘われたことがきっかけとなり、それからもたまにふたりで仕事帰りに飲む機会が増えた。
 夕純は本当に涼香を気に入ってくれているらしく、あの日以降も親しく接してくれる。
 会社でも一緒に昼食を摂ることが多くなったから、周りの同僚にはとても驚かれている。
 そして、何となく距離を置かれつつあるのも薄々察していた。
 だが、自分達が嫌っている〈お局様〉と仲良くしていることで避けられるということは、淋しさよりも呆れてしまう。
 むしろ、外面だけで判断する人間と付き合いたいと思わないのが涼香だ。
 煩い噂話を聴き続けるのもうんざりする。

(けど、こんな性格だから誰とも上手く付き合えないんだよな、私って……)

 苦笑いしながら、ふと顔を上げた時だった。
 ちょうど、朋也がこちらに向かって速足で近付いてくるのが目に飛び込んだ。

 涼香は携帯をバッグにしまった。
 そして、今度はニッコリしながらヒラヒラと手を振った。

「ごめん、遅れた?」

 恐る恐る訊ねてくる朋也に、涼香は、「ぜーんぜん!」と頭を横に振った。

「私がちょっと早かったのよ。まだ、待ち合わせの五分前」

「そっか」

 涼香の言葉に、朋也はホッと胸を撫で下ろしていた。

「それじゃ、早速行こっか? それとも、もうちょっと休んでからにする?」

「いや、いいよ。正直、喉がカラッカラだし」

「あら、ほんとに正直ねえ」

「そういう山辺さんはどうなんだよ?」

「うん、私ももう飲みたい」

「俺とおんなじじゃねえか」

 朋也が表情を崩したとたん、涼香の胸が小さく波打った。
 記憶の中の朋也は、涼香に笑顔を向けてくれたことがない。
 だから、ほんの小さな変化にもドキリとさせられる。

「よっし! ほんとに行くわよ!」

 朋也に心を読まれないようにしようと思った結果、妙なハイテンションで声を張り上げてしまった。

 案の定、朋也は呆気に取られている。

 だが、涼香はそれに気付かぬふりを装った。
 朋也の少し前を歩き、ひっそりと深呼吸を繰り返す。

 ちなみに今日の行き先は、夕純が初めて連れて行ってくれた居酒屋だ。
 本来であれば、女らしく、ちょっと洒落た店にでもした方が良かったのだろうが、あの店が本当に気に入ってしまったから、ぜひとも朋也も連れて行きたいと思っていたのだ。
 それに、あのオヤジ臭い店の雰囲気は、涼香らしいと言えば涼香らしい。
 しかし、今日の服装は、よくよく考えてみたら場違いだった。
 それを今になって気付くのだから、迂闊にもほどがある。

(まあ、高沢は私の服装なんて気にしてなさそうだけど……)

 せっかく悩んで選んだ服にも無反応な朋也に、ホッとしつつも虚しくもある。
 もしも自分が紫織だったら、ちょっとした変化にもすぐに気付いてくれたんだろうな、とほんの少しだけ紫織に嫉妬してしまった。

(ああ、ほんっと私ってヤな女……!)

 うっかり言葉に出そうになったが、何とか心の中で叫ぶだけに留めた。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ