挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
春風 ~四季の想い・第二幕~ 作者:雪原歌乃

第三話 持つべきものは

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

13/48

Act.1-01

 わずかな時間だったけれど、夢のようなひと時を過ごしたような心地だった。

 あの時、涼香はいつになく興奮していた。
 親友ならばともかく、他の相手に対して無邪気にはしゃいだ姿を見せるなど、絶対にありえないことだった。

 朋也と別れてからも、胸の鼓動が早鐘を打ち続けている。
 顔も燃えるようで、このまま熱にうなされて倒れてしまうのでは、と半ば本気で思ってしまった。

(私、変な女だって思われなかったかな……?)

 人混みをかき分けて歩きながら、涼香は何度も深呼吸をくり返す。
 何とか平静を取り戻さなくては。
 そう思っていた時だった。

 ピコピコピコ……!

 バッグにしまっていた携帯電話が鳴った。
 ざわついている中だったからそれほど響きはしなかったが、静まり返った場所で鳴っていたら、心臓が跳ね上がりそうなほど驚いたに違いない。

 涼香はバッグを弄り、折り畳み式のそれを取り出す。
 ディスプレイを開いて確認すると、親友の名前がデジタル表示されていた。

 相手を確認した涼香は通話ボタンを押し、そのまま本体を耳に押し当てる。

「もしもーし」

『あ、涼香?』

「そうですよー、涼香ちゃんですよー」

『――自分に〈ちゃん付け〉って……』

 呆れたような声が耳に飛び込んでくる。
 恐らく、相手の加藤紫織(かとうしおり)は苦笑いを浮かべていることだろう。

「で、急に電話なんてどうした?」

『あ、別に大した用じゃないんだけどね、どうしてたかなあ、って思って』

「あらあ! 紫織ちゃんってばお優しいのねえ!」

『――茶化すな』

 テンションを上げている涼香に対し、紫織は冷ややかに返してくる。
 このやり取りも、高校の頃から全く変わっていない。

『ねえ、ところで今どこ?』

「ああ、今は街中をブラブラしてた。家にいてもやることないからねえ」

『ふうん』

 わざわざ訊いてきたわりには、ずいぶんと素っ気ない。
 だが、これも紫織らしいと言えば紫織らしい。
 興味がないのではなく、ただ単に他に言うことが見付からないだけなのだ。
 それなりに長い付き合いだから、紫織の性格はだいぶ把握しているつもりだ。

「紫織はどうしてたの?」

 先ほどとは打って変わり、真面目に問い返す。

『まあ、ぼちぼちとね』

 紫織もまた、慣れた様子で涼香に答えた。

『とりあえず今は、まだ準備期間ってトコだから』

「そう」

 だいぶ端折ってはいたが、紫織が何を言ったのか、涼香はしっかりと理解していた。
 だからこそ、短く返事するだけに留めた。

『そうだ涼香、これからなんか予定とかある?』

 急に話題を変えてきた。
 さっきまでの神妙さは何だったのかと突っ込みたいところだったが、ここはあえて何も言わなかった。

「予定はないよ。私の休日に〈予定〉なんて二文字はない!」

『――威張って言うことじゃないでしょ……』

 紫織は笑いを含みながら続けた。

『良かったら、今日の夜ウチにおいでよ? お母さんも涼香に逢いたがってたしさ。どうせ一人暮らしで料理はあんまりしてないんでしょ?』

「失礼な言い方だな」

『あれ? 間違ったこと言った、私?』

「いや、一字一句間違ったことは言っちゃいないね」

『そこも威張るトコじゃないし』

 紫織は電話の向こうで、もう、と小さく溜息を漏らす。

『なら決まりね。涼香のために、私とお母さんでとびっきり美味しいものをごちそうしたげる。夕飯時まで、ちゃーんとお腹を空かしておいてね?』

「おお! 紫織ママの料理は絶品だから期待してる!」

『私は?』

「そこそこね」

『――失礼な……』

「私だってさっき、失礼なこと言われたけど?」

『そうでしたね。どうもすみません』

 少し間を置いてから、涼香と紫織は互いに声を上げて笑い合った。
 涼香は公衆の面前で電話をしていたから、急に笑ったことで、すれ違った人が変な視線を送ってきた。
 『この女大丈夫か?』と言わんばかりに。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ