挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
春風 ~四季の想い・第二幕~ 作者:雪原歌乃

第二話 甘く苦い恋の味

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

12/48

Act.3-02

(気のせいか?)

 涼香の哀しげな表情がわずかに気になったが、従業員が料理を運んできたとたん、朋也の興味は料理の方へ変わってしまった。

 湯気と共に、醤油の香ばしい匂いがふわりと立ち上ってくる。
 ずっと空腹を覚えていたから、なおのこと魅惑的に感じる。

「ごゆっくりどうぞ」

 料理を並べ終えた従業員は、少し早足でその場を去って行く。
 忙しい時間帯だから、のんびりもしていられないのだろう。

「食べよっか?」

 涼香に言われ、朋也はフォークを手にする。

 涼香はそれを見届けてから、フォークに加えてスプーンも手に取り、それらを使って綺麗にパスタを巻いてゆく。

 一方で、朋也は涼香のような上品な食べ方はとても出来ず、適当に掬い上げては無造作に口に運ぶ。
 ただ、さすがに音は出さないように気を遣った。

「一人暮らし、どう?」

 不意に訊かれ、朋也はフォークを動かす手を止めた。

「寮生活だから、一人暮らしともちと違うけどな」

「そっか、そうよね」

 涼香は肩を竦めて微苦笑を浮かべる。
 それを見ていたら、素っ気ない答え方をしてしまったことを少なからず後悔し、「けど」と言葉を紡いだ。

「もうちょっとカネに余裕が出来たら寮を出たいとは思ってるよ。今はとりあえず、資金を貯め込んでるトコ。まあ、俺は元からあんまり欲しいもんがないんだけど」

「なら、わりとすぐに独立出来るかもね?」

「だといいけどねえ。そういう山辺さんは?」

 自分のことだけペラペラ喋るのは悪い気がして、朋也は逆に問い返す。

 不意を衝かれた涼香は目を丸くし、けれどもすぐに笑顔を取り戻した。

「私はすぐに一人暮らし始めたから。お金は短大時代にバイトしていた時に貯めてたし。と言いつつ、親にも借金しちゃってるんだけどね、実は」

「借金、てことはちゃんと返すの?」

「当然よ。一生、親の脛を齧り続けるなんてごめんだもの。それに、最近は孫も出来たから、そのうちその子のためにお金もかかるんじゃないかしらね」

「孫……?」

 一瞬、涼香をシングルマザーだと勘ぐってしまった。
 だが、そんな朋也の思惑を瞬時に察したのか、「私の子じゃないわよ」と困ったように笑った。

「姉貴の子。去年産まれたからね」

「姉さん、いたんだ?」

「うん。さらに下に妹もいる」

「てことは、山辺さんは三人姉妹の真ん中ってこと?」

「そうゆうこと」

 三人姉妹の次女というのは、妙に納得出来た。
 朋也や紫織と違ってしっかりしているし、浮世離れしている、というのも違う気がするが、何となく掴みどころがない。
 もしかしたら、上と下に挟まれ、あまり自分の本心を表に出さないことが自然と身に着いてしまったのだろうか。

(そういや、兄貴にも似てるんだよな、彼女)

 朋也はふと思った。
 と言っても、朋也と宏樹は二人兄弟だから、涼香のところとはまた違うのだが。
 いや、紫織も兄妹同然に育ったから、家庭環境は似通っているだろうか。

(けど、女ばっかじゃ違うか……)

 心の中でひとりで突っ込む。

「――大丈夫?」

 涼香が怪訝そうに訊ねてきた。

「さっきから様子が変だけど? 急に気難しい顔になったり」

「え、いや、そんなことは……」

 表情の変化を観察されていたことを知った朋也は慌てふためく。

 その様子を、涼香はさも面白そうに眺めていた。

「いいのいいの。人間、素直が一番だもの。紫織もすっごく分かりやすい子だし。素直に自分を出せるのってほんといいことだと思うわよ?」

「そ、そうか……?」

「そう」

 涼香は大きく首を縦に動かしてから、サラダを咀嚼し、それを水で流し込んだ。

「私は知っての通り、取っ付きにくい印象があるみたいだしね。そうそう、高沢君にも、初めてまともに話した時に『ちょっと怖い』って言われたことあったっけ」

「――え、俺そんなこと言った……?」

「うん。言われちゃった」

 おどけた調子で返されたものの、過去にそんな失言をしてしまったことを知った朋也は頭を抱えたくなった。
 それ以前に、すっかり忘れていたことに問題があるが。

「――ごめん……」

 気まずい思いで頭を下げる朋也に、涼香は、「いいのよお」と笑いながら返してきた。

「さっきも言ったじゃない。取っ付きにくい印象がある、って。だからそんなのいちいち気にしてない。それに何より、こうして〈ちょっと怖い〉私とご飯食べてくれてるじゃない」

「――気にしてるじゃねえか……」

 項垂れる朋也を前に、涼香は愉快そうに声を出して笑う。
 改めて考えると、何をしても、何を言っても、朋也は涼香に笑われてしまうらしい。

(いいけどさ、別に……)

 朋也はひっそりと溜め息を漏らした。

 しかし、こうしてずっと、笑っている涼香を見ていると、ほんの一瞬でも暗い表情を見せたことが嘘のように思えてくる。
 もしかしたら、朋也の見間違いだったのかもしれない。

(やっぱ、兄貴と同類っつうことか……)

 食事を再開した涼香をチラリと一瞥してから、朋也もまた、残りのパスタを平らげていった。

[第二話-End]
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ