挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
春風 ~四季の想い・第二幕~ 作者:雪原歌乃

第一話 飲んで飲まれて

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

1/48

Act.1-01

『それだけ美人だったら、相当男を泣かせてきたんじゃない?』


 入社した当初、彼女は酔っ払った男性上司にそんな不躾な質問を投げかけられた。

 彼女は、「そんなことないですよう」とヘラヘラ笑いながら躱したものの、内心は腸が煮えくり返りそうだった。

 何故、見た目だけで人間像を勝手に作り上げられるのか。
 彼女自身、顔の作りがそこそこ良いのは自覚しているものの、だからと言って、自分に自信があるわけではない。
 むしろ、人一倍コンプレックスの塊だと思っている。

 だが、他人に弱い部分は見せたくないから、強い自分を演じ、仕事も男性並み――いや、男性からも一目置かれるほどこなしてきた。

 仕事は大変だ。
 しかし、大変な分、やりがいもある。
 何もすることがないと考え込んでしまう癖があるから、彼女にとっては毎日仕事に追われている方が気が晴れるので良かった。


 ◆◇◆◇

 定時で仕事を終え、彼女――山辺涼香(やまのべりょうか)は更衣室で着替えをしていた。
 そこには涼香だけでなく、同僚や、他の部署の女性もチラホラいて、それぞれ話をしながらダラダラと着替えている。

「てかさ、あいつすっげえ鬱陶しいんだけど」

「チョームカつくよねえ」

 同じ部署内にいる上司の悪口でも言っているのだろう。
 涼香は彼女達のキンキンと響き渡る声を聴きながら、眉をひそめてひっそりと溜め息を吐いた。

(あんたらが一番鬱陶しいわ)

 口にはさすがに出せないので、心の中で彼女達に言い放つ。
 本当に、この場にあの煩い口を塞げる針と糸があったなら、迷わず手に取ってこいつらの口を封じてやるのに、とも涼香は思った。

(とっとと帰ろう)

 私服に着替えた涼香がロッカーを閉め、バッグを肩にかけた時だった。

 更衣室のドアが、カチャリ、と静かに開いた。
 とたんに、それまでキンキン声で溢れ返っていた室内がシンとなった。

 入って来たのは、150センチあるかないかの小柄な女性。
 一見すると愛らしいが、周りは彼女の本性をよく知っているだけに警戒心を露わにしている。

(あーあ、〈お局様〉にビビッちゃってんわ)

 彼女達のあからさまな態度の豹変に、涼香は呆れるのと同時に、そういうことか、と即座に分かった。
 ついさっきまで彼女達が話のネタとして挙げていたのは、まさにこの〈お局様〉だったのだ。

「お疲れ様です」

 全く彼女達に便乗していなかった涼香は、当然、疚しいことなど全くなかったので、ごく普通に〈お局様〉に挨拶する。

 〈お局様〉は、自分よりも20センチ近くも差がある涼香を見遣ると、口元にほんのりと笑みを乗せて「お疲れ」と返してくれた。

 涼香が挨拶したのをきっかけに、それまで固唾を飲んで黙っていた彼女達も、ボソボソと〈お局様〉に挨拶した。
 ただ、涼香と違って全く心が籠っていない。
 それは〈お局様〉にも伝わったらしく、涼香に向けた優しい微笑みを引っ込め、皮肉めいた苦笑いをお見舞いしていた。

「あ、私達そろそろ。すいません、お先しまーす!」

 さっきまでウダウダしていたくせに、〈お局様〉が現れたとたん、そそくさと行動し、追われるように帰ってしまった。

 更衣室には、涼香と〈お局様〉が残された。
 どちらも共通して無駄話は好まない方だから、耳鳴りが煩く響くほど静けさに包まれる。

 着替えはすでに終えていた。
 だが、完全に帰るタイミングを失った涼香は、何となく、〈お局様〉が着替えるまで待ってしまった。

 〈お局様〉は最初、涼香がいたことに気付いていない様子だった。
 しかし、ロッカーの鍵を閉め、バッグを肩にかけた頃になって、ようやく、「あら」と驚いた様子で涼香に視線を注いできた。

「山辺さん、待っててくれたの?」

 まさか、単純に帰りそびれたとは言えなかったので、「はい」とだけ答えた。

 そんな涼香を〈お局様〉はどう思ったのだろう。
 どこどなく鋭い眼光を向けてくる。
 小ぢんまりしているのに目力だけは凄い、と涼香は改めて思い、無意識に身を縮ませてしまった。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ