挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

ブックマークする場合はログインしてください。

三題噺

おうし座の彼

作者:codama
 私には好きな人がいる。
 別に出会い方が素敵だったとか、何か惚れてしまうようなエピソードがあったわけではない。ただ、一目見たその瞬間に、私は運命を感じた。
 一目惚れだった。今までにないほど、心の底から惹かれた。
 名前は牛尾拓斗。誕生日は五月十一日のおうし座。歳は二一で、上京して一人暮らしをしている学生さんだ。彼は顔立ちがはっきりしているので、今風のゆるい若者スタイルでも、きりっとして見える一瞬がある。その一瞬に、思わずどきっとしてしまう。なよなよっとした普段の様子から、不意に見える男らしさにギャップを感じ、惹かれてしまうのは単に私の好みなのかも知れないが。
 彼は顔がかっこいいということもあるのだが、何より誠実で優しかった。その内面がますます私を惹きつける。理想の男性像にぴったりと当てはまった。
 そんな彼は最近アルバイトを始めたので、帰ってくるのが少し遅い。朝に見かける時はいつも眠そうにしている。ただ、生活リズムが少し乱れても、野菜はしっかりと食べているようなので安心する。実家が埼玉の農家というだけあって、仕送りとして月末にお米と野菜が大量に送られてきている。それを律儀に調理しているのを見ても、彼が真面目だという事が分かってしまう。
 しかし、彼はおうし座の男。
 おうし座の隣にはオリオン座がつきものだった。
 彼のいつもすぐそばで、図々しくも大きく光り輝くオリオン座。そんな存在が、彼にもつきものだった。ところ構わずやたらとベタベタして、自身の輝きをいいことに、横暴で、彼の事など考えもしない。迷惑そうにしているのが分からないのだろうか。温厚な彼ですら、困り顔になっている。そういう優しさに付け込んだ、所詮は彼女気取りというやつなのだろう。イケメンな彼氏持ちというステータスが欲しいだけに違いない。あの手の女はいつもそうだ。
 そして、私はさそり座の女。
 オリオンを殺す事は、星の宿命であって、まさしく運命。
 そう、彼に尽くすことが私の運命。生まれた時点で決まっていた運命。
 強すぎる光の前では、彼自身の輝きを失ってしまう。だから、オリオンは早めに対処しなければいけなかった。現れるたびに何度も、何度も。
別に、私は悪くない。私と彼との関係を邪魔するのがいけないのだ。だから、彼の前に二度と現れないようにした。でも、昔の事だったし、彼以外の事なんてどうでもいいからあんまり覚えていない。ただ、私が始末をつけたという点だけを覚えていればいい、それだけ。
 触れることのない位置から、ずっとあなたを見守っている。届かぬ片想いの美しい居心地の良さ……たまらない。
 不思議と、切なくはなかった。今にして思えば、彼の事をこんなにも想えているのだから、これ以上は贅沢なのだ。
 彼が幸せでいてくれれば、私はそれだけで幸せだった。

 ――おっと、どうやら彼はこれからお風呂に入るらしい。
 その様子をレンズ越しに確認した私は、一度大きく伸びをする。対面のマンションから見下ろす彼の姿は、ずっと見ていても飽きはしないのだが、ある程度体を動かさなければなまってしまう。さすがに、太った姿を見られるのは嫌だ。好きな人のそばにいるのなら、相応の身なりでありたい。
 一度望遠鏡から目線を外し、ゆっくりと立ち上がる。眼下には彼が住むアパートがいつものようによく見える。涼しげな夜風が吹き込んで、心地が良い。
 今はまだ七月の初めなので、夜空にオリオン座は見えない。しかし、いつかまた彼を脅かすオリオン座は現れてしまう。その時は、また私が始末しなければならない。たとえ、それが私と彼との距離を縮める事にならないとしても、私はすっと彼を愛し続ける。あなたが私のことを知らなくても、いつまでも愛し続ける。
 だから、あなたも私のことを裏切らないでよね――。

 夏の夜空にはさそり座がさんさんと輝いていた。

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
― 感想を書く ―

1項目の入力から送信できます。
感想を書く場合の注意事項をご確認ください。

名前:

▼良い点
▼気になる点
▼一言
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ