挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
ブックマークする場合はログインしてください。

システム

作者:桜井あんじ
システム
システム
システムだ

つまりは ただの システムだ

ぼくらは けっきょく
システムだ
チクタク チクタク 予定調和
ほらほら
ただの システムだ!

虫はシステムだ
おいっちに さんし おいっちに さんし
ほら 見ろ
こういう システムだ!

花はシステムだ
良い香り 鮮やかな色彩で心さそう
しかし しょせんは
そういう システムだ!

やっぱり 世界は
システムだ
ぼくは腹を立てている
神もやっぱり システムだ
理由ありきの
システムだ!

ほら!
あなたのそれも あれも これも
つまりはそういうシステムだ!
ぼくのこの怒りでさえ
そういう システムなのだ!
全ての部品はシステムに従って動き
ぼく を形成する
ぼく も システムに従って動き
さらに大きなシステムの一部になる
さらに大きなシステムは 
さらにもっと大きな システムの一部分

ぼくの心
ぼくの想い
ぼくのこだわり
ぼくの意地
ぼくの愛
ぼくの存在
ぼくの苦悩
けっきょく つまりは
システムなのです
ただの
もっと大きな なにかのための
システム

そして
悪いことには
ぼくは そのシステムが
なんのためのものなのか さえ

知らないのです

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
感想を書く場合はログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ