挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
黒い炎と氷の刃 作者:雪華

最終話

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

56/56

55話  bon voyage

 あれから三年の月日が流れた。

 すっかり復興した中央都市は、朝からお祭りムードに沸いている。
 街中が花で飾り付けられ、露店が並び、陽気な音楽がそこかしこに流れていた。

 宮殿では、珍しく紋付き袴の正装をした煌牙が、煌牙によく似た銀色の髪の小さな男の子の後を、慌てたように追いかける。

「夜霧! その部屋はダメだ、今準備の真っ最中だから」
「余は退屈なのじゃ!」

 煌牙の伸ばした手をすり抜けて、夜霧と呼ばれた小さな男の子は、薔薇のモチーフが彫り込まれた大きな両開きの扉の前に立った。

「あれっ、夜霧。こんなところで何してるの?」

 ドアノブに手が届かずに背伸びをしていた夜霧を、通りかかったルージュがひょいっと抱き上げる。

「レンに遊んでもらうのじゃ」
「んー。今日はちょっと難しいと思うよ」
「ルー、お前も主役だろ。何やってんだよ」

 呆れ顔の煌牙がルージュに声をかけると、ルージュも苦笑いした。

「俺の準備なんてあっという間に終わっちゃうから、手持ち無沙汰なんだよ。それにしても、夜霧はますます『夜霧』らしくなったね」
「そうなんだよ。誰も教えちゃいないのに、いつの間にか自分のことを『余』なんて呼ぶようになってさ。口調まで似てきやがった」

 ルージュから夜霧を受け取ると、煌牙は愛おしそうに夜霧に頬を寄せる。

「ファロが最期に言った、『罪滅ぼし』ってこのことだったのかもな」
「自身の全てと引き換えに、夜霧をこの世へ戻した……って事か? まあ、そう考えちまうよな。そうだったとしても、違っても、どっちにしたって夜霧がいるってことが俺には有難いけどな」

 煌牙の片手に納まる夜霧は、甘えて首にしがみついた。煌牙は空いている方の手で、よしよしと頭を撫でる。

「溺愛だな」
「お前もそのうちわかるよ」

 穏やかな笑みを浮かべた煌牙は、ルージュを真っ直ぐ見つめた。

「やっとこの日を迎えられたな。……おめでとう」
「何だよ。お前が改まると、何か調子狂うな」

 照れくさそうに目を伏せたルージュは、頬を掻く。そして、顔を上げ「ありがとう」と笑った。

「あ、義兄にいさん。ルージュさんも。お久しぶりでーす」

 片手をあげながら現れた汐音に、煌牙とルージュも笑顔で迎える。汐音はルージュの目の前まで来て立ち止まると、自分の背とルージュの背を比べるような仕草をした。

「何だよ。まだ俺の方が高いだろ?」
「ちょっとだけね! でも、もうルージュさん身長伸びないでしょ? 僕まだ伸びしろあるから、次に会った時には追い越せるな」

 得意気に胸を逸らせる汐音を見て、ルージュは大袈裟にため息をつく。

「それより、お前まだ教会で暮らしてるんだろ? 不便じゃないのか。こっちに来ればいいのに」
「うーん。でも、香澄が差し入れしてくれるから平気。人間界のモノって、面白いし美味しいし、飽きないよ」
「へぇ。上手くいってんだ。汐音たちの番が来るのも、すぐかもな」

 煌牙はウトウト眠り始めた夜霧の背中をトントンと叩きながら笑った。汐音は顔を赤らめながら、視線を泳がす。

「まぁ……そうなればいいなって思いますけど。……あ」

 思い出したように汐音は顔を上げると、ルージュに向き直る。

「言うの忘れてた。婚礼の儀おめでとうございます。ナイと思うけど、姫様泣かせたら怒りますからね」
「うん。ないから安心して。……ありがとう」

 微笑むルージュを見て、汐音は嬉しくて泣きそうになるのを堪えた。三年前の大戦を思い返えせば、今の幸せそうな姿に胸が熱くなる。

 潤んだ瞳を隠す汐音に、煌牙もルージュも気づかないふりをした。穏やかな沈黙が流れる。
 不意にルージュの背中で、重い扉が開く音がして、三人は視線をそちらに向けた。

「あら、皆様お揃いで。丁度良かった、姫様のご用意が終わりましたよ。ルージュ様、入られたらいかがですか?」
「まぁ、夜霧までこんなところに。寝ていんすか?」

 顔を出した雪乃と氷鯉に続いて、香澄も扉の外に出るとにっこり微笑んだ。

「レン、すっごく綺麗だよ。ルージュさん、どうぞ!」
「や……。でも、俺は」

 照れながら遠慮するルージュの背中を、香澄が押した。

「式典が始まったら、その後は宴もあって中々二人きりで話す時間はなさそうですよ? 今のうちに、ほら!」

 グイグイと押し込められて、ルージュは部屋に一歩踏み入れた。氷鯉が含み笑いを浮かべて、ルージュにそっと耳打ちする。

「参謀殿。もしレンの口紅が落ちても、また直しんすから、どうぞお気兼ねなく」
「っ―― ヘンな気回すな」
「ふふ。ごゆっくり」

 睨むルージュにお構いなしで、氷鯉はクスクス笑うと扉を閉めた。

「ルー? いるのー?」
「うん」

 パーテーションの向こう側からレンの声が聞こえて、ルージュは扉を睨むのを辞め、緊張しつつ振り返った。ちょこんとパーテーションから顔を出したレンを見て、息をのむ。
 純白のドレスが眩しかった。
 今の気持ちをどこから伝えようか悩んでいると、レンが手をたたいて感嘆の声を上げる。

「わぁ、ルー。白いスーツ凄く似合うよ、素敵! でも、他の女の子に見せるの、ちょっと嫌だなぁ……独り占めしたいよ」

 同じようなことを考えていたルージュは、苦笑いしながらレンの頬に触れた。

「あのね、それは俺のセリフだよ」
「ルーも? あ、ねぇさっき夜霧の声がしたけど、大丈夫だった? 遊んであげられないから、泣かなかった?」
「すぐ寝ちゃったから大丈夫」
「そっか。あ、ねぇ私、良いこと考えちゃったんだ。もしも私とルーの間に女の子が生まれたら、夜霧のお嫁さんにしてもらうの」
「えっ」

『良いこと?』と眉をしかめてルージュはレンの姿をもう一度確認した。レンとそっくりな女の子が、今のレンのような花嫁衣裳を身に着け、その隣に煌牙そっくりの夜霧が立っている場面を想像する。

「レンとそっくりの女の子が……なんか、複雑」
「ルーにそっくりかもしれないじゃない」
「それはそれで……やっぱり複雑」

 そう言ってお互い目を合わせると、同時に吹き出して声を上げて笑った。愛おしさに胸が張り裂けそうになって、ルージュはレンに唇を寄せる。

「あ……折角お化粧したのに」
「氷鯉が何とかしてくれるってさ」

 ルージュが噛み付くように口づける。すっかり口紅が落ちきった頃、ようやく唇を離すとレンが笑った。

「ルー、ずっと一緒にいてね」
「もちろん。生まれ変わっても、必ずレンを見つけるよ」



 カーテンコールのその後も、物語は続いていく。
 冒険譚の表紙がセピア色に変わっても、
 想いはずっと色褪せることなく輝き続ける。

 ドラマチックなダイアモンドのように――――


評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
感想を書く場合はログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

この小説をブックマークしている人はこんな小説も読んでいます!

ワールド・ティーチャー -異世界式教育エージェント-

世界最強のエージェントと呼ばれた男は、引退を機に後進を育てる教育者となった。 弟子を育て、六十を過ぎた頃、上の陰謀により受けた作戦によって命を落とすが、記憶を持//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全175部分)
  • 17 user
  • 最終掲載日:2017/09/08 01:21
黒の魔王

黒乃真央は悪い目つきを気にする男子高校生。彼女はいないがそれなりに友人にも恵まれ平和な高校生活を謳歌していた。しかしある日突然、何の前触れも無く黒乃は所属する文//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全627部分)
  • 16 user
  • 最終掲載日:2017/09/15 17:00
おかしな転生

 貧しい領地の貧乏貴族の下に、一人の少年が生まれる。次期領主となるべきその少年の名はペイストリー。類まれな才能を持つペイストリーの前世は、将来を約束された菓子職//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全158部分)
  • 16 user
  • 最終掲載日:2017/09/03 14:22
ラスボスの向こう側~最強の裏ボス=邪神に転生したけど、1000年誰も来ないから学園に通うことにした~

観察好きの16歳の少年は事故で短い生涯を終える。すると神が現れ、少年にふさわしい転生先があるからやってくれないかと頼まれた。 少年は快諾し、異世界転生する。転生//

  • コメディー〔文芸〕
  • 連載(全146部分)
  • 17 user
  • 最終掲載日:2017/01/22 18:00
無職転生 - 異世界行ったら本気だす -

34歳職歴無し住所不定無職童貞のニートは、ある日家を追い出され、人生を後悔している間にトラックに轢かれて死んでしまう。目覚めた時、彼は赤ん坊になっていた。どうや//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全286部分)
  • 22 user
  • 最終掲載日:2015/04/03 23:00
蜘蛛ですが、なにか?

勇者と魔王が争い続ける世界。勇者と魔王の壮絶な魔法は、世界を超えてとある高校の教室で爆発してしまう。その爆発で死んでしまった生徒たちは、異世界で転生することにな//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全522部分)
  • 21 user
  • 最終掲載日:2017/09/20 23:28
ありふれた職業で世界最強

クラスごと異世界に召喚され、他のクラスメイトがチートなスペックと“天職”を有する中、一人平凡を地で行く主人公南雲ハジメ。彼の“天職”は“錬成師”、言い換えれば唯//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全281部分)
  • 23 user
  • 最終掲載日:2017/09/02 18:02
再召喚された勇者は一般人として生きていく?

異世界へと召喚され世界を平和に導いた勇者「ソータ=コノエ」当時中学三年生。 だが魔王を討伐した瞬間彼は送還魔法をかけられ、何もわからず地球へと戻されてしまった//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全386部分)
  • 18 user
  • 最終掲載日:2017/09/17 11:00
異世界転移で女神様から祝福を! ~いえ、手持ちの異能があるので結構です~

 放課後の学校に残っていた人がまとめて異世界に転移することになった。  呼び出されたのは王宮で、魔王を倒してほしいと言われる。転移の際に1人1つギフトを貰い勇者//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全171部分)
  • 18 user
  • 最終掲載日:2017/09/17 00:00
異世界食堂

しばらく不定期連載にします。活動自体は続ける予定です。 洋食のねこや。 オフィス街に程近いちんけな商店街の一角にある、雑居ビルの地下1階。 午前11時から15//

  • ローファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全119部分)
  • 17 user
  • 最終掲載日:2017/06/10 00:00
用務員さんは勇者じゃありませんので

部分的学園異世界召喚ですが、主役は用務員さんです。 魔法学園のとある天才少女に、偶然、数十名の生徒・教師ごと召喚されてしまいます。 その際、得られるはずの力をと//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全142部分)
  • 18 user
  • 最終掲載日:2017/08/25 18:00
私、能力は平均値でって言ったよね!

アスカム子爵家長女、アデル・フォン・アスカムは、10歳になったある日、強烈な頭痛と共に全てを思い出した。  自分が以前、栗原海里(くりはらみさと)という名の18//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全225部分)
  • 20 user
  • 最終掲載日:2017/09/19 00:00
本好きの下剋上 ~司書になるためには手段を選んでいられません~

 本が好きで、司書資格を取り、大学図書館への就職が決まっていたのに、大学卒業直後に死んでしまった麗乃。転生したのは、識字率が低くて本が少ない世界の兵士の娘。いく//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全677部分)
  • 17 user
  • 最終掲載日:2017/03/12 12:18
ログ・ホライズン

MMORPG〈エルダー・テイル〉をプレイしていたプレイヤーは、ある日世界規模で、ゲームの舞台と酷似した異世界に転移してしまった。その数は日本では約三万人。各々が//

  • ノンジャンル〔ノンジャンル〕
  • 連載(全131部分)
  • 21 user
  • 最終掲載日:2017/08/31 20:00
魔王軍最強の魔術師は人間だった

『魔王軍最強の魔術師』と呼ばれ、単身で砦を攻略できる魔族、その名はアイク。 絶大な魔術で敵をなぎ払う様は、まさしく『化け物』そのもので、敵味方から畏怖される存在//

  • その他〔その他〕
  • 連載(全156部分)
  • 16 user
  • 最終掲載日:2017/09/15 07:09
黒の召喚士 ~戦闘狂の成り上がり~(旧:古今東西召喚士)

 記憶を無くした主人公が召喚術を駆使し、成り上がっていく異世界転生物語。主人公は名前をケルヴィンと変えて転生し、コツコツとレベルを上げ、スキルを会得し配下を増や//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全456部分)
  • 17 user
  • 最終掲載日:2017/09/18 19:55
レジェンド

東北の田舎町に住んでいた佐伯玲二は夏休み中に事故によりその命を散らす。……だが、気が付くと白い世界に存在しており、目の前には得体の知れない光球が。その光球は異世//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全1495部分)
  • 23 user
  • 最終掲載日:2017/09/20 18:00
即死チートが最強すぎて、異世界のやつらがまるで相手にならないんですが。

※書籍化しています。既刊3巻まで。4巻も発売予定です! 成長チート? 無限の魔力? 全属性使用可能? そんなもの即死能力で一撃ですが? 本当に最強なら、戦いに//

  • コメディー〔文芸〕
  • 連載(全89部分)
  • 17 user
  • 最終掲載日:2017/09/18 11:25
異世界人の手引き書

※カドカワBOOKS様より9月10日書籍版一巻発売いたします! 皆様の応援のおかげです! 本当にありがとうございます! WEB版の削除・ダイジェスト化等はしませ//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全218部分)
  • 16 user
  • 最終掲載日:2017/06/23 00:29
望まぬ不死の冒険者

辺境で万年銅級冒険者をしていた主人公、レント。彼は運悪く、迷宮の奥で強大な魔物に出会い、敗北し、そして気づくと骨人《スケルトン》になっていた。このままで街にすら//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全370部分)
  • 18 user
  • 最終掲載日:2017/07/28 18:00
Knight's & Magic

メカヲタ社会人が異世界に転生。 その世界に存在する巨大な魔導兵器の乗り手となるべく、彼は情熱と怨念と執念で全力疾走を開始する……。 *お知らせ* ヒーロー文庫よ//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全129部分)
  • 17 user
  • 最終掲載日:2017/09/18 03:40
蘇りの魔王

勇者に討たれ、その命を失ったはずの魔王ルルスリア=ノルド。 彼にはやり残したこと、解決できなかった問題がいくつもあったが、悪は滅びると言うお題目に従い、消滅した//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全272部分)
  • 17 user
  • 最終掲載日:2017/03/23 18:00
俺の死亡フラグが留まるところを知らない

その辺にいるような普通の大学生・平沢一希は気が付いたらゲームのキャラクターに憑依していた。しかもプレイヤーから『キング・オブ・クズ野郎』という称号を与えられた作//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全97部分)
  • 17 user
  • 最終掲載日:2017/05/07 23:14
転生したらドラゴンの卵だった~最強以外目指さねぇ~

 目が覚めたとき、そこは見知らぬ森だった。  どうやらここは異形の魔獣が蔓延るファンタジー世界らしく、どころかゲームのように敵や自分の能力値を調べることができる//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全364部分)
  • 18 user
  • 最終掲載日:2017/09/20 12:00
賢者の孫

 あらゆる魔法を極め、幾度も人類を災禍から救い、世界中から『賢者』と呼ばれる老人に拾われた、前世の記憶を持つ少年シン。  世俗を離れ隠居生活を送っていた賢者に孫//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全122部分)
  • 22 user
  • 最終掲載日:2017/09/06 07:05
デスマーチからはじまる異世界狂想曲

 アラサープログラマー鈴木一郎は、普段着のままレベル1で、突然異世界にいる自分に気付く。3回だけ使える使い捨て大魔法「流星雨」によって棚ボタで高いレベルと財宝を//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全544部分)
  • 21 user
  • 最終掲載日:2017/09/17 18:00
Lv2からチートだった元勇者候補のまったり異世界ライフ

*オーバーラップノベルス様から3巻8月25日発売です!* 魔法国クライロードに勇者候補として召喚されたバナザは、その能力が一般市民並みでしかなかったため、勇者//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全536部分)
  • 16 user
  • 最終掲載日:2017/08/25 13:37
人狼への転生、魔王の副官

人狼の魔術師に転生した主人公ヴァイトは、魔王軍第三師団の副師団長。辺境の交易都市を占領し、支配と防衛を任されている。 元人間で今は魔物の彼には、人間の気持ちも魔//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全415部分)
  • 22 user
  • 最終掲載日:2017/06/30 09:00
Re:ゼロから始める異世界生活

突如、コンビニ帰りに異世界へ召喚されたひきこもり学生の菜月昴。知識も技術も武力もコミュ能力もない、ないない尽くしの凡人が、チートボーナスを与えられることもなく放//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全443部分)
  • 25 user
  • 最終掲載日:2017/06/13 01:00
転生したらスライムだった件

突然路上で通り魔に刺されて死んでしまった、37歳のナイスガイ。意識が戻って自分の身体を確かめたら、スライムになっていた! え?…え?何でスライムなんだよ!!!な//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全303部分)
  • 20 user
  • 最終掲載日:2016/01/01 00:00
金色の文字使い ~勇者四人に巻き込まれたユニークチート~

『金色の文字使い』は「コンジキのワードマスター」と読んで下さい。 あらすじ  ある日、主人公である丘村日色は異世界へと飛ばされた。四人の勇者に巻き込まれて召喚//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全809部分)
  • 20 user
  • 最終掲載日:2017/09/20 00:00
二度目の人生を異世界で

唐突に現れた神様を名乗る幼女に告げられた一言。 「功刀 蓮弥さん、貴方はお亡くなりになりました!。」 これは、どうも前の人生はきっちり大往生したらしい主人公が、//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全374部分)
  • 18 user
  • 最終掲載日:2017/09/20 12:00
盾の勇者の成り上がり

盾の勇者として異世界に召還された岩谷尚文。冒険三日目にして仲間に裏切られ、信頼と金銭を一度に失ってしまう。他者を信じられなくなった尚文が取った行動は……。サブタ//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全842部分)
  • 21 user
  • 最終掲載日:2017/09/19 10:00
最果てのパラディン

  かつて滅びた死者の街。 そこには1人の子供と3人の不死なる者たちが存在した。 かつて英雄であった不死者たちに養育される少年、ウィル。 技を継ぎ知識を継ぎ、愛//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全156部分)
  • 16 user
  • 最終掲載日:2017/09/13 21:59
骸骨騎士様、只今異世界へお出掛け中

 オンラインゲームのプレイ中に寝落ちした主人公。  しかし、気付いた時には見知らぬ異世界にゲームキャラの恰好で放り出されていた。装備していた最強クラスの武器防具//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全173部分)
  • 17 user
  • 最終掲載日:2017/08/25 23:00
とんでもスキルで異世界放浪メシ

※タイトルが変更になります。 「とんでもスキルが本当にとんでもない威力を発揮した件について」→「とんでもスキルで異世界放浪メシ」 異世界召喚に巻き込まれた俺、向//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全383部分)
  • 22 user
  • 最終掲載日:2017/09/20 22:05
↑ページトップへ