挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
黒い炎と氷の刃 作者:雪華

闇の正体

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

28/56

27話 闇の正体

 宿からほんのわずかの時間で、アークと雪乃はアイスケーヴへ到着していた。
 眼下に青みを帯びた氷河が広がる。
 ワイバーンの高度を下げると異様な光景が確認でき、ルージュ達の身を案じずにはいられなかった。

 地上に降りたアークは、そこかしこに転がる白骨に言葉を失った。しかし、よく見れば人骨とは少し違う。

「これは……まさか、これはスケルトン?」

 改めて周囲を見回し、そのスケルトンの残骸の多さと、架空だと思っていた魔物がここにいたという事実にぞっとした。雪乃は不吉な想像をしてしまい、震えながらアークを見上げる。

「ルージュ君達は、ここでスケルトンと戦闘になったんだね。この数を相手に、無傷でいられるとは考えにくい。しかし、ここで倒れた訳ではなさそうだ」
「では、既にここを離れたのでしょうか」
「そうだね。だけど、馬もなしに傷を負って移動は無理がある。洞窟内に身を潜めている可能性も……低いと思うが、一応見ておこうか。雪乃、ワイバーンをいつでも飛ばせるようにしておいてくれ」

 そう言い残し、アークは天井の低いアイスケーヴの入り口に身をかがめて中を伺った。早速入り口にも戦闘の跡が見て取れるが、その数は洞窟前の広場に比べれば圧倒的に少ない。アークは自分の水晶を取り出して、司令官へ連絡を取った。

『アークか、状況は?』
「アイスケーヴでスケルトンの大群と戦闘をしたようですが……幸い彼らの亡骸は見当たりません。ですが、宿に戻った形跡はありませんでした。馬も残したままです。山を越えて逃げたか、あるいは……」
『闇が連れ去ったか』
「はい。その可能性が高いかと。洞窟内をもっと調べてみますか?」
『いや、よい。充分じゃ。ご苦労だったな、そろそろ日も暮れるだろう。宮殿へ戻って参れ』
「承知しました」

 通信を切ったアークは洞窟を出ると、辺りを警戒している雪乃の元へと戻った。

「調査は終了だ。宮殿へ帰ろう」
「結局、何もわかりませんでしたね」

 悲しそうにうつむいた雪乃の肩を、アークは励ますように叩いた。

「そうでもないさ、宿に戻っていない事がわかったし、馬も残されていた。この場から移動したような痕跡もない。闇が時空を裂いて連れ去ったのだろう。この事実がわかっただけでも、収穫じゃないか!」

 連れ去られたと言うのは仮説に過ぎないのだが「来た甲斐があった」と、あえて明るく振舞った。雪乃もそんなアークの気づかいに応えようと、笑顔を返す。
 西の空はオレンジ色に染まっていた。

 一方、水晶を切った後、ファロ司令官は苦々しい表情で爪を噛んだ。
 せっかく人知れずにアイスケーヴに赴き、スケルトンが現れるよう罠を仕掛けたというのに、それはあっさりと破られたようだった。

 ファロは夜霧のように、空間を切り裂き移動はできないが、魔物を自在に出現させることが出来た。出現させたい場所に出入口を設置するため、自らその場に出向く必要はあったが、一度空間の切れ目を設置してしまえば、その後は遠く離れていても好きな時に魔物を出し入れできる。ルージュ達がアイスケーヴに到着したのを見計らってスケルトンを出現させたように。
 そもそも空間の歪みを黒炎と白い光で封印された事は、術をかけたファロには、封印されたその瞬間からわかっていた。レンと香澄が揃っているという事は、今頃ルージュ達は真実を知り、闇の水晶と行動を共にしているに違いない。
 本来ならアークを現地に飛ばす必要もないのだが、調査もなしにルージュ達の行方を予想するのは不自然だろうと、行かせたまでだった。

「さて、如何いたすか」

 椅子のひじ掛けを指でトントンと鳴らす。
――そもそもあの中庭で煌牙が闇に覚醒した時に、香澄の白い光さえなければ、今でも闇は大人しく従っていただろうし、煌牙も手駒になり、巫女姫も手中に収めているはずだった。その後、香澄に白い光を使いこなせるようになっては困るので、しばらくあの能力は使うなと言ったのに、思いのほか早く能力が定着したようだ。どこに消えたか知らないが、ルージュ達も手負いのはず、すぐには動き出せないだろう。今のうちに先手を打っておかねば――
 ファロは目を閉じ、頭の中に筋書きを描く。
 日は落ち薄暗くなった部屋で一人、ニヤリと薄気味悪い笑みを浮かべた。


 眩しい光で、ルージュは目を覚ました。
 カーテンをひかないままの窓から、容赦なく朝日が照り付ける。
 寝起きのぼんやりした状態でベッドに横になったまま、その眩しい窓を眺めた。
 だんだんと思考がクリアになってくる。「しまった」と、飛び起き大事な時に寝てしまった罪悪感に肩を落とした。夜霧と話していたところで記憶が途絶えている。
 こめかみを押さえてどうにか思い出そうとするが、いくら考えても自力でこの部屋に来た記憶はなかった。
 知りたい事や知らなければいけない事が、山のようにあったのに。ベッドに座ったまま、ルージュは頭をかきながらため息をついた。

「ヒトはよくため息をつくのう」

 ふいに部屋の端から声がした。その声に驚いてルージュが顔を上げる。

「いつからいたんだよ?」
「ずっとおったぞ。……どれ」

 睨まれた夜霧はクスリと笑うとルージュに歩み寄り、あごに手を添え自分の方に顔を向かせた。

「ふむ。だいぶ顔色も良くなったの」
「気安く触るな」

 夜霧の手を振り払うと、不機嫌そうに顔を背ける。

「ほんに可愛げがないのう」
「時間がないんだ。知っている事、全部話せよ。次の手を考えたい」

 夜霧は考え込むように腕を組んだ。

「姫や人間の娘にも聞かせたいが、まずは二人で話そうか。ちと長くなるが、昔話だと思って聞くが良い。……お前、中央都市がなぜ『王都』と呼ばれていないか、わかるか?」

 ベッドに腰かけたルージュと向かい合うように、扉を背にして夜霧が静かに語りだす。思いがけない質問に、ルージュは無言で首を横に振った。

「はるか昔、精霊界と人間界は一つだった。その頃は、王都も存在したのだよ。もちろん『王』も。王はその身に強力な魔力を宿し、体には(はす)の痣がある。しばらくは平和な世が続いた。ほんに穏やかな時代じゃった」
「まるで見てきたような口ぶりだな」

 半信半疑のルージュに対し、夜霧は余裕の笑みを浮かべて自分の胸に手を当てた。

「余はな、この世の最初の王が身に着けた、最初の水晶じゃ。あまりに永い時間魔力を貯め続けたおかげで、意思を持つようになった。姿を借りて化けることはあったが、今のようにヒトの身の中に入ったのは初めてじゃがな」
「なっ……じゃあ、レンの水晶は? あれも巫女姫に受け継がれてきた古い水晶だぞ」
「姫の水晶も永い時間が経っているようじゃが、余に比べれば、まだ短い。あれは恐らく、三千年前に闇がこの世を覆った時に生まれたものじゃろう」

 三千年前にすでに存在していたのかと、ルージュは信じられない思いで夜霧を見つめる。

「ある時代に、王が暴走した。精霊界だけでなく、魔界まで手に入れようとしたのじゃ。その暴走を止めたのが、王の妻である黒炎の巫女姫と、人間の血を色濃く受け継いだ巫女姫の妹、三日月の痣を持つ娘だ。つまり、お前たちの言う三千年前の闇の正体は、王だったのだよ」
「その後、王は……?」

 ルージュの質問に、夜霧が一呼吸おいて答える。

「その王は、巫女姫たちに討たれて死んだよ。ただな、蓮の痣を持った者が時たま現れる。黒炎の巫女や三日月の痣の娘が生まれるように。そして、決定的に姫たちと違うのが、王は記憶を引き継いでいることだ。記憶を持って何度も生まれ変わり、王は今でもこの世を手に入れようと動き続けている」

 ルージュは無意識のうちに立ち上がって、夜霧にすがるように、着物の襟首を掴んだ。

「まさか、司令官が王だと言うんじゃないだろうな? 黒炎の巫女姫が王の妻だった? あいつは今、何を企んでいるんだ」

 司令官が闇と関係しているのだろうという覚悟はしていた。けれど、夜霧の話はその覚悟を軽く超えて行く。

「何度も生まれ変わるといっても、絶え間なくこの世を生き続けているわけではない。次に生まれ変わるまで、何百年も間が空くこともある。黒炎の力を持った巫女姫が生まれるのもまた稀な事だ。この三千年の間に、王が黒炎の巫女姫と同じ時代を生きることはなかった」
「じゃあ……」
「そうじゃ。王は三千年ぶりに、ようやく黒炎の巫女姫と再会できたと言う訳じゃ。姫の方は記憶もないので、生まれ変わりかどうか確かめる術はないがな」

 夜霧の襟を掴んでいたルージュの手から、力が抜けてだらんと下がる。そのままよろよろとふらつきながら、再びベッドに腰を下ろすと、頭を抱えた。

「司令官の狙いは、この世界を手に入れることと……レンか」
「まあ、そういう事だな」

 ルージュが深く息を吐く。

「司令官の巫女姫を手に入れる目的は何だ? 自身を滅ぼしたことに対する復讐か? それとも……」
「ある意味、一途な執着心じゃ。長い間恋い焦がれていたのだろう。しかし、やっと出会えた巫女姫と結ばれるには年が離れすぎておる。この機会を逃せば次にいつまた出会えるかわからぬ。幼い黒炎の巫女姫が宮殿に召し上げられた時から、奴の計画は動き出していたのだ」

 夜霧はルージュの肩にそっと手を置いた。

「余は王の命令に従い、今までにないほどの魔力を集めた。あの洞窟でずっと。解き放たれる日を夢見て」
「集めた魔力で何をするつもりだ?」

 ルージュが夜霧を見上げる。

「まずは今までどの時代の王も試さなかった『若返り』じゃ。もし王が若返れば、魔力も桁違いに増幅する。この機に巫女姫も、全世界も手に入れるつもりだろう」

 夜霧の言葉を全てそのまま信じていいものか、迷っていた。まっすぐにルージュの瞳を見返す夜霧の目には曇りがなかったが、恐ろしく上手に嘘をつくかもしれない。

「お前はなんで、司令官を……王を裏切ったんだよ」
「余は長い間、王の呪縛に囚われていた。それが、三日月の娘の白い光のおかげで解けたのだ。今さら裏切った訳ではない。ただ、煌牙の中に根付かせた闇まで解放されて、思いのほか危険な状態になってしまったがな」

 ルージュは考え込み一点をじっと見つめていた。やがて答えを見つけたかのように、目を閉じふぅと短く息を吐く。

「夜霧、今の話を他の者達にもしよう。司令官を止めないと、この世が終わる」
「姫の動揺は計り知れぬが、話した方が良いだろう」

 その言葉に一瞬目を伏せたが、ルージュは「ああ」と、決意の宿った目で夜霧を見た。

「レンも強くなった。知らないまま巻き込まれるのと、覚悟を決めて戦うのなら、後者を選ぶだろう」

 夜霧は、強く拳を握るルージュに優しく微笑む。

「わかった、皆を集めておこう。だが、お前は一人で背負い過ぎじゃ。周りをよく見ろ。その荷を喜んで引き受けてくれる者たちがたくさんいるぞ」

 そう言いながら、ルージュの頭を乱暴に撫でた。

「風呂でも入って落ち着いたら下へ降りてこい。着替えはそこじゃ。全く、ヒトはほんに手のかかる生き物じゃのう」

 きょとんとしたルージュを部屋に残し、夜霧は笑いながら部屋を後にする。

「……なんだよ、アイツ」

 ルージュは無意識に握りしめていた拳に気づき、フッと力を抜いて手を開いた。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ