挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
黒い炎と氷の刃 作者:雪華

旅立ち

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

21/56

20話 触れた傷跡

 レンは夢を見ていた。
 暗い海の底へと沈む夢。
 ゴボゴボと吐き出す息が気泡になって、水面へ向かって上がっていく。自分を助けようと、水の中に飛び込んだ人影が見えた。差し出された手に、必死にレンも手を伸ばす。息が苦しくて、ひたすらもがいた。 伸ばした手にやっと届いて引き上げられる。
 ――――これは、誰の手?

「ッ……!」

 目を覚ましても、まだ水の中かと思うほど呼吸が苦しかった。手は、夢の中と同じように、むなしく天井に向かって伸ばされている。

「夢……」

 レンはゆっくりと首だけを動かして、自分がどこにいるのかを確認する。部屋にはまん丸い窓が一つあるが、カーテンではなく、障子がはめ込まれていた。木目の天井も、宮殿に比べると随分低い。鶯色の土壁に、床は濃い茶色のフローリング。
 畳がないけど、煌牙の住まいに少し似ているな。と、考えたレンは、そこでハッとする。

「そうだ私、意識を失う前に氷鯉の姿を見たんだ」

 連れ去られたのだろうか? だけど、ここは牢獄ではない。ベッドから起き上がり、外の様子を見ようと丸い窓に手を伸ばす。障子に触れた瞬間、バチッと弾かれたような痛みが指に伝わった。

「いったッ」

 痛みに思わず手のひらをブンブンと振った。
 それと同時に自分の着ているものが視界に入り、あれっと動きを止める。いつものチャコールグレーに黒いネクタイの軍服ワンピースではなく、黄色味のかかった生成の生地に、大きな赤い金魚の模様の入った浴衣を着ていることに、そこで初めて気がついた。こんな時でなかったら、憧れの和装にはしゃいぎたいところだが、一体誰が着替えさせたのだろうと首をかしげる。

「うわ、浴衣似合うね。お人形さんみたい」

 突然開いた扉に、レンはとっさに身構える。
 眼帯に浅葱色(あさぎいろ)の髪をした少年が、レンの姿を眺めて感心するようにうなずくと、遠慮もなくつかつかと歩み寄った。

「ちょっと、あんた誰よ? こっち来ないで」

 手をかざし、威嚇するように小さな炎を出そうと指先に魔力を込めた。

「……あれ?」

 うまく力が入らない。小さな炎どころか、煙すらもあがらなかった。

「あーごめんね。この部屋、炎除けの魔法陣書いたからさ、炎の能力は使えないよ。てゆーか、お姫様のくせに口悪くない? 見た目は可愛いのにもったいない」

 汐音は手にしていた急須の乗った盆を、ベッド横のナイトテーブルへ置く。

「緑茶は好き? 冷たい飲み物の方がよかった?」
「待ってよ、あんたホントに誰? も、もしかして着替えさせたのって……」

 両手で頬を押さえて、レンは「うそでしょ」と首を振る。そんな様子を冷ややかに見た汐音が、ふん。と鼻で笑った。

「風呂に入れて着替えさせたのは姉さんだよ。姫がお望みとあらば、僕が手伝ってあげてもいいけどさ」
「子供が生意気言わないでよ。姉さんって誰? あ! もしかして、氷鯉? 煌牙はどこにいるの?」
「子供って……年なんてキミとそんなに変わらないでしょ。しかも質問攻めだし」

 やれやれと、汐音が大げさに両方の手のひらを上に向け、肩をすくめた。

「そう。氷鯉は姉だよ。煌牙様は……んー。どこから説明しようかな。まあ、後で本人と会った方が早いか。キミはしばらくここにいてもらうよ。試したかもしれないけど、この部屋からは出られないからね」

 窓や扉を指さして、汐音が勝ち誇ったような顔で言うので、レンも負けじと、余裕ぶった表情を作る。

「全然平気、宮殿に戻れなくたって。ちょうどよかった。私、煌牙を助けたかったし」

 その言葉に、汐音が小馬鹿にしたように意地悪く笑った。

「わかってないなぁ。助けられたのは、キミの方だよ? それに、今の煌牙様は闇の力で生きていられるようなものだからね。下手に闇を攻撃したりしないでよね」
「闇の力で? どういうこと? 煌牙は無事なんでしょうね」

 レンが人差し指を突き立てるように、汐音に詰め寄った。
 先ほどからの高圧的な態度にいい加減頭に来た汐音は、目に怒りの色を浮かべ、思い切りレンを突き飛ばす。レンは思いがけない衝撃に、後ろにあったベッドに仰向けに倒れこんだ。

「痛い! なにすん……」

 言い終わらないうちに、自分の上にのしかかってきた汐音にぎょっとして、レンは固まった。

「いいよねぇ。皆に大事にされて、愛されてさ。宮殿で何一つ不自由なく暮らしていたんだろ? 辛い思いなんか、した事もないんだろうね。その上、煌牙様からも好意を寄せられてるなんて、ちょっと恵まれすぎてない?」

 浅葱色の前髪が、レンの顔にかかるほどの近い距離で、汐音の敵意をひしひしと感じる。子供だと思っていたけれど、近くで見れば骨格はやはり男で、力では敵いそうもない。

「せめて煌牙様は、姉さんに譲ってちょうだいよ。……ああ、今ここでキミの事を汚しちゃえば、煌牙様の興味はキミから逸れるのかな?」

 ニヤリと笑ったけれど、どこか寂し気な汐音の右目を、レンはじっと見つめ返す。その瞳の奥に、やり場のない怒りや、悲しみの感情が見えた気がした。同時に、なぜか汐音のこの痛みを受け止めなければ、この子は壊れてしまうのではないかという思いがこみ上げる。

「いいよ、好きにすれば。それであんたの気が晴れるなら」

 思わず出た言葉に、レン自身も驚いた。
 自分を安売りする気は全くない。だけど、とにかくここで逃げてはいけないような気がした。

「はぁ? この状況で本気で言ってんの? 温室育ちはこれだから困っちゃうよな。本当にヤッちゃうよ」

 ぐっと浴衣の襟をつかまれても、レンは汐音から目を逸らさなかった。汐音の方が、なぜか泣きそうな顔をしている。

「馬鹿なことは、やめなんし」
「うわっ、姉さんいつからいたんだよ!」

 氷鯉に頭を叩かれて、レンの体から飛びのくように離れた汐音が、頭をさする。

「ほんに馬鹿な子。あんたが手籠めにしたって、煌牙様は姫様を見限ったりしんせんよ。それに、そんな薄情な方なら、こっちから願い下げでありんす」

 ベッドの上にちょこんと座った汐音は、しゅんとうなだれる。それでも、止めてもらえてどこかホッとしたような表情を見せた。

「姫様、こんな時は大きな声で助けを呼んでくんなまし。汐音が本気でなかったから良かったようなものの……馬鹿な男のために、痛い思いをする事なんてないでありんしょう」

 起き上がったレンを包み込むように、氷鯉がよしよしと抱きしめ背中をさする。氷鯉からはまるで、小さな花束でも抱えているような、優雅な香りがした。

「ほら、汐音。ちゃんと姫様に謝りなんし。脅しだとしても、あんた最低だよ」
「……ごめんなさい」

 ベッドの上で正座した汐音が、レンに向かって頭を下げる。
 あまりに目まぐるしく変わる展開に、レンはぽかんと汐音を見つめた。頭を下げながら、チラッと上目使いでレンの様子をうかがう汐音に、思わずレンが吹き出す。

「いいよ。本気じゃないだろうと思ったし。ちょっと怖かったけどさ」

 顔を真っ赤にさせてうつむいた汐音が、もう一度「ごめん」と口にした。何だか憎めない汐音の、伏せている頭を撫でたい衝動に駆られたが、また怒らせそうなのでやめることにする。ふと廊下から視線を感じ、そちらに顔を向けたレンは目を見開いた。

「煌牙!」
「何だ。騒々しい」 

 氷鯉の腕をすり抜けベッドから飛び降りると、廊下で欠伸をする夜霧に向かって勢いよく駆け出した。驚いた夜霧が、手を伸ばして扉の手前でレンの頭を押さえて止める。レンは「ぎゃっ」と変な声を出し、おでこのあたりを押さえながらうずくまった。

「痛いよ煌牙。何するの?」
「この部屋から出られぬとは聞かなかったか? あの勢いで部屋から飛び出せば、結界に弾かれてそんな痛みでは済まぬぞ」

 レンは、呆れ顔の夜霧を見上げて、不思議そうに首を傾げた。

「誰……?」

 夜霧を見つめたまま、レンがつぶやく。氷鯉のため息が聞こえた。

「それは、体は煌牙様なれど、中身は闇でありんす。今は闇と煌牙様が互いを補い合っている状態。夜霧と呼んでやってくんなし」

 昼寝でもしていたのだろうか。眠そうな目をした夜霧は、首をかしげると頭を掻く。

「氷鯉、喉が渇いた。……生身の体は不便じゃの」
「お茶くらい、自分で淹れてくんなまし」

 不満そうに頬を膨らませ「まったくもう」とブツブツ言いながらも、氷鯉は茶を淹れるために、台所のある一階へと向かう。夜霧は伸びをしながら、その後を付いて行った。

「何か、変な感じ。氷鯉の後を煌牙が付いて行ってる」
「だから、煌牙様じゃなくて、夜霧だってば」

 汐音はベッドから降りると、急須に手を伸ばして湯呑に茶を注いだ。

「ごめん、冷めちゃった。淹れ直そうか?」
「ううん。そのままでいいよ。私も喉が渇いてたから、ちょうどいい」

 湯呑を受け取ったレンは、ベッドの上でそれをゴクゴクと飲み干す。汐音は、ベッドの横にある丸椅子に腰かけた。

「僕、キミが羨ましかったんだ。だって、全部持っていそうだから」

 突然、汐音がぽつりとつぶやく。

「誰からも愛されて、優雅な暮らしをして、希少な能力の持ち主で……。大切に守られて生きてる。僕とはエライ違いだ」

 声のトーンに、嫌味や妬みなど感じられない。
 レンはうつむく汐音の顔を覗き込んだ。目が合うと、顔を赤くした汐音は口をへの字に曲げて、ふいっと目を逸らす。

「ごめん。僕がキミが持ってるものを持っていないのは、完全に自業自得なんだ。だから、今までのは全部、八つ当たり」

 顔はそっぽを向いたまま、汐音がため息まじりにそう言った。

「ねえ、質問してもいい?」

 遠慮がちに尋ねたレンに、汐音がそっけなく「どうぞ」と答える。

「汐音は騎士団には入ってないよね? どこで煌牙と知り合ったの?」

 汐音は少し考え事をするように、部屋の天井を難しい顔で見上げた。

「まぁ……キミになら話してもいいか。さっき怖がらせたお詫びもかねて」
「話しにくいことなら、無理に話さなくてもいいよ」

 申し訳なさそうなレンを見つめて汐音は小さく笑うと、淡々と話し始める。

「そんな勿体ぶるほどの話でもないけどさ。僕ね、小さい頃一人で海に潜って遊ぶのが好きだったんだよね。水の一族は水中でも呼吸できるのは知ってる? 海の中ってさ、意外と明るくて真っ青で、本当に綺麗なんだよ」

 汐音の話にうなずきながら、先ほど見た海底に沈む夢を思い出す。
 そして表情から察するに、この後続くのはきっと辛い話なのだろうと、レンは静かに汐音を見守った。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ