挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
青色吐息 作者:かいとーこ
99/110

19話 子育て1


 カラン。人間。八歳。背丈から十歳は越えていると思っていたのだが、八歳であった。たとえ化け物のように強くても、八歳の子供である。
 だから聖良は思う。
 子育ては大変だ、と。
「カラン、ちゃんと髪を拭かなきゃダメです。じっとしててね」
 カランは気付けば風呂から上がり、湿った髪をそのままに、コタツの中でぼーっとしていた。
 水差しの水を飲み、真っ赤な頬を少しだけ緩ませている。
「後ろに座りますよ」
 聖良は洗濯物を畳むのを中断し、彼の背後に座ってその髪をやさしく拭いた。ある程度乾くと、呪文を唱えてドライヤーのように熱風を当てて乾かす。少しだけ油も塗ってクシを通す。
 癖っ毛なため絡まるが、それを丁寧にとく。
 髪が完全に乾いた頃に、『アーネス』の姿をしたアディスが戻ってくる。
 聖良は元に戻ったが、彼はそのままで過ごしている。
 今の彼にとって、どちらの姿も化けているのに変わりないから、カランを引き受けたときのまま姿の方がいいだろうと言っていた。
「アディス、カランの髪をちゃんと拭いてください。人間の子は風邪引きやすいんですからね。忘れてそうだから言いますけど」
 大切な預かり子だ。大切に育てなければならなかった。
「平気なのに……」
 聖良が口うるさくする様を見て、カランが呟いた。
 彼は今まで劣悪な環境にいたため、普通の子供よりは頑丈に出来ているのだ。
 それを本人が自覚している。
「セーラ、過保護」
 ミラも呟いた。
 ミラは幼い頃から『殲滅』出来るほどの実力者であり、風邪も引いた事がないらしい。
 聖良は小さく笑った。
「世の中何があるか分からないんですよ。
 まだまだ寒いんですから、身体を冷やしちゃダメなんです。
 あんなにお肌もボロボロだったじゃないですか。はい、次は手です」
 竜血草という最高級の薬草でずいぶんと綺麗になった固い手に、たっぷりとクリームを塗る。
 子供の手とは思えない、固く、分厚い皮膚の手だ。
 竜血草の湯にたっぷり浸かって、それにクリームで蓋をする。
「次は顔です」
 宣言しないと彼は警戒する。
 宣言すれば触れられるのにも耐える。
 かさかさしているが、皮膚の下には子供らしい瑞々しさを持つ頬に、聖良の化粧水をしみこませて、さらにクリームを塗る。
「はい、終わりです」
 荒れてはいるが、手入れをすればまだ子供なので綺麗になる。
 竜血草の美肌効果があれば、卵のようにつるつるな肌になるはずだ。
「ありがとう」
「いいえ。温かいお茶、飲みますか?」
「あ、いります」
 カランの隣に座り、へらりと笑って言うアディス。
「アディス、私はカランと話してるんです。横から口を挟むなんて、お行儀が悪いです」
「……すみません」
 もしも礼儀を知らない子に育ててしまい、ウルが気に入らなかったら、危険なのはアディスだというのに、自覚のない男である。
「セーラは本当に過保護だね。意外と教育ママになりそうだ」
 ユイが蜜柑を食べながら笑って言った。
 実の子であれば、無事に大きくなればそれでいい。
 預かっている子だからこそ気合いが入るのだ。
 それは口にせず、聖良はお茶を用意するために立ち上がった。
 アディスが本棚の前に立ち、下の方に並べられた本をいくつか手にする。
「さーて、今日はどの絵本にしましょうか」
 聖良が言葉を覚えるために買った絵本の中から、男の子が好みそうな話を選ぶ。
 カランは文字を読む事が出来ない。今までは暗号ですんでいたのだ。
 どんな生活をしていたのか、誰も聞かず、話さず、ただ教えている。
 しかし彼に教えるのは、勉強だけではいけない。
 常識も礼儀も普通も普通に生きる知恵も、すべて教えねばならない。
 ウルやあの悪魔や泣き虫竜が、そんな事を教えるとは思えないからだ。
「さあ、この絵本を読んでください」
 カランは渡された絵本を目の前にして、ゆっくり、静かに、ぽつりぽつりと朗読する。
 何度も間違えては読み直し、つっかえつっかえ読み進める。
 こうして徐々に徐々に、難しい本になっていく。
 この調子だと、近い内に彼のために買い出しに行かねばならないようだ。
 言語から学んでいる聖良よりも、カランの方が学習速度が上だからだ。
「街に行きますか」
 アディスの呟きに、皆は顔を上げた。
 聖良は自分と同じ事をアディスが考えていた事に驚いた。
「もう少し先でもいいんじゃないですか?」
「今夜、確かフレアが来るような事を言っていました。
 厚手の春物はありますが、春夏物を用意していないと、いきなり暑い日になったら困ります。
 それにそろそろ魔術の教材が欲しいですね。
 セーラと違い、本格的に学ばせるわけですから」
「なるほど。どちらで手に入れるの?」
 アディスかアーネス。どちらのツテで手に入れるかで、カランの扱いが少し変わってくる。
「箱庭ですよ。だからこの姿をしているんです。さすがにあちらには……」
 アディスはため息をついた。
 人間の『アディス』がいる場所には、カランのような異分子を、連れて行く事は出来ない。
「じゃあ、私着替えてきますね」
 寝室で聖良はモリィの姿になり、可愛らしい枯れ葉色のワンピースを身につけた。
 金髪を三つ編みにまとめて、手袋と帽子とバッグを持ちリビングに戻る。
「……着替えで、身体まで変わる」
 カランがぽそりと洩らした。
「これは特殊だから気にしたらだめだよ」
 ユイに諭され、カランは頷いた。
「僕たちは行けないから、セーラ……モリィ達の言う事を聞くんだよ。
 あと危ないから刃物禁止」
「…………」
 カランがまっすぐユイを見つめた。
 カランもミラと同じで、刃物を持たないと精神不安定になるのだ。
「ふぉ……スプーンで我慢しようね」
 カランは頷き、ユイからスプーンを受け取る。
 聖良には理解しがたい光景である。
「ついでにカランの服をたくさん用意させましょう。せっかく可愛い顔をしているんです。気品に満ちた魔戦士を目指しましょう」
 アディスがカランの頭を撫で、楽しげに言った。
 彼は教えるのが趣味である。教えがいのある生徒が可愛くて仕方がないのだ。
「ハーティも準備をしておきなさい。一緒に可愛い服でも買いましょう。貴女の服は地味すぎます」
「は……はい」
 ハーティは頬を赤く染めて笑みを浮かべた。
 彼女はアディスからの贈り物であるなら、あめ玉の一つでも喜ぶが、それが可愛らしくなるための服であれば、その内心の喜びは一入である。
「セーラは可愛い春物のワンピースでも買いましょうか。
 真っ白なワンピースに、可愛らしい帽子と日傘」
「白いワンピースはどうせ一日で汚れるから嫌です」
「よそ行きですよ。どうせすぐ使い物にならなくなるなら、私の趣味で選びます」
「……変な服じゃなきゃ別にいいんですけど」
 使い物にならなくなるのが前提である事には触れず、聖良は諦めて認めた。
 彼は幼い子供に変な服を着せて喜ぶタイプの変態ではない。
 可愛い可愛いとひたすら見て、触れて愛でる変態だ。
「カラン、欲しい物があったら言いなさい。武器以外は買ってあげます」
「じゃあいらない」
 ミラとそっくりな少年を見て、皆はため息をついた。
 だが彼はまだ子供である。まともに育て直せる範囲だ。
「玩具も買いませんか? 本人に選ばせるのは無理そうだから、適当に」
「ああ、遊びを教えるのは悪くありませんね」
「カードやボードゲームなら知的ですし、みんなで遊べますよ」
「色々買いましょう。色々」
「はい」
 カランを普通の子供にはできずとも、普通の大人を装える人間に。
 そのためには、様々な事を経験させねばならない。
 その第一歩は、他人と交流を持つ事。次に他人と遊ぶ事である。





 迎えてくれた可愛らしい少女二人は、見慣れぬ子供を見て目を輝かせた。
「新しい子ですか! 可愛い!」
「黒髪同士で親子みたいですねぇ」
 親子呼ばわりしたロゼは、アディスに抱き上げられた。
「せめて兄弟と言いなさい」
 険がある笑顔を浮かべてアディスは言うが、ロゼは満面の笑みを浮かべる。
「はぁい。アーネス様お久し振りです。最近来てくださらなくて寂しかったぁ」
「雪でなかなか外に出られなくてね。冬場に翼を広げるのは苦痛なんだよ」
「ああ……」
 モリィを竜だと思っている彼女達は、訳知り顔で頷いた。
 カランは酒場をキョロキョロと見回す。
「こういう店に来たのは初めて?」
「うん」
 フレアに問われ、カランは頷いた。
「この子はうちの子になるんですか?」
「いえ、預かっているだけです。カラン、ロゼとシファです。分からない事があれば彼女たちに聞きなさい」
 カランはしばし二人を見つめた後、こくりと頷いた。
「皆、聞きなさい」
 従業員達も手を止め、アディスに向き直る。
「この子はカランです。この子の背後には、決して黙って近づかないよう通達しなさい」
「え? どういう事ですか?」
 シファの問いに、アディスは肩をすくめた。
「手癖がなかなか治らなくて、背後に立つと切られたり、骨を折られますよ」
 まるで子供が指をしゃぶって困る程度の気軽さで言うアディス。
「き、切るんですか?」
「特殊な育ちでね。やたらと強いので気をつけるように」
「はい」
 アディスはカランの手を引いて、奥へと向かう。
 もう片方の手をフレアが掴み、下手に動けないようにしていた。
 後から付いて行こうとした聖良だが、少女二人に袖を引かれて足を止めた。
「ね、ねぇ、何なのあの子」
 アディスの言い方は奇妙であった。そう思うのも仕方がない。
「頼まれたんですよ、育てろって」
「誰に」
「聞かない方がいいですよ。どうしても知りたいというなら教えますけど」
「えー、知りたぁい」
 ロゼに甘えるように抱きつかれ、聖良は腕を組んだ。
 他の従業員達も好奇心から意識を彼女たちに向けている。可愛い。
「後悔しますよ」
「しないよぉ」
 知りたがったら教えればいいと言われている。だから問題はない。
 預かっているのがアーネスなら、知られてもいいのだ。
 聖良は二人だけに聞こえるよう、声を潜めた。
「神子ってわかりますか?」
「まさか……神殿が魔術を?」
「一人だけ神殿から外れている神子を知っていますか」
 二人の顔が引きつった。
 アディスの弟子、博識の二人は事態をそれだけで理解した。
「脅されて、断れなかったんですよ。
 神殿だったら怖くもないので断っています」
「そ……そうよねぇ」
 二人はカランが消えた先をチラと見た。
 ウルの手下を育てる。手を抜けば危険なのはアーネスだ。逆に上手く育て上げる事が出来れば、ウルの心証はよくなる。
「本当に後ろに立つと切られますから気をつけてくださいね。
 今はスプーンを持たせていますけど、何も持たせないで知らない人の多い所にいると、情緒不安定になります」
 そのような血筋であるとしか言いようのない悪癖である。
 周りが注意するしかない。
「とってもいい子ですけど、それとこれとは別なので。
 育ちが複雑で、すり込まれてるんです」
「わ、分かったわ。伝達しておく」
「あと、教科書も用意してください」
「わかったわ」
 それだけ言うと、聖良は皆を追いかけた。
 いつもの談話室では、カランが興味津々と置物に触れていた。
 珍しい物ばかりが置いてあるため、手にとってはひっくり返して眺めている。
「どうですか。秘密基地という感じで恰好いいでしょう」
「わからない」
 カランは素直に首を傾げた。
 秘密基地は子供心に憧れ、大人になっても童心を呼び起こす単語である。
 アディスはふっと笑う。
「秘密基地が珍しくないということですか」
「うん」
「なるほど。では今度、珍しい所に連れていってあげましょう。
 人形屋敷なんか珍しいのでは?」
「うん」
 無責任な発言をするアディスの耳を、フレアが引っ張った。
「勝手に人の家の訪問を決めないで頂戴」
「いいでしょう。どうせ人形師は暇なんです。男の子だから余計な心配もありません」
「そうだけど、普通子供に見せる?」
「これから見ていく物に比べれば、綺麗なものでしょう。」
「少なくとも、綺麗には綺麗だけど」
「今はとにかく、どういったことで感情を動かすか知りたいんです。
 中途半端なことでは、この子は驚きはしないでしょうから、手っ取り早くいきます」
 フレアはため息をついて肩をすくめた。
「そういうことなら、確かにうちぐらいじゃないと、大きな反応しそうにないわよね。
 分かったけど、また今度ね。確認してからにしないと」
「ええ、また今度の機会。カラン、お茶が冷めますよ」
 カランはアディスに言われて椅子に座り、出された茶を観察し、少し舐めて時間をおいてから再び表面を舐める。
「毒なんて入っていませんよ。普通に飲みなさい」
「うん」
 カランは言われるがままに普通に飲んだ。
「それを飲んだら今夜はもう寝ましょう。明日はカランの買い物です」
「何を買うの?」
「日用品です。服、靴下、肌着、他に気に入った物は武器以外ならなんでも」
「どこで買うの?」
「色んな店で」
 ミラとの会話よりは会話になっている。
 だが、話し方は離れて育ったとは思えないほどよく似ている。
 それを見て聖良が笑うと、カランはそれに気付いてじっと見てきた。
「カランは何か欲しい物はないんですか?」
「別に」
「好きな色は?」
「…………くすんだ色」
「どうしてですか?」
「暗いと見えない」
 聖良は腕を組んだ。思考が普通ではない。
 普通ではないからこそ、荒療治がいい。
「カランにこそ、真っ白な服を買いませんか?」
 白い服を汚さないように生活をさせる。それだけで彼はずいぶんと普通になるはずだ。
「それは素晴らしい案です」
「他は春らしく萌葱色とか、爽やかにブルーとか、カランの好み以外の色」
 カランは首を傾げた。
「目立つ?」
「目立つ服に慣れましょう」
「どうして?」
「社会生活には必要なんです。
 君のご主人様だって、すごく派手な格好しているでしょう」
「ウル様は守られる方だよ」
 聖良は困ってアディスを見た。アディスはくすりと笑い、カランを指さした。
「そのウルに見合う恰好をする事も、闇に紛れるのと同じほど大切です。
 人の中であれば人に紛れる。そのためには、ごく普通の人間の真似を出来なければなりません。
 執事のまねごとも、あの悪魔より完璧に出来るように教えましょう。
 私は何事も完璧でなければ気がすまない質なんですよ」
 笑うアディスを見て、カランはこくりと頷いた。
「そういう場合は『はい』とでも返事をした方がいい。『うん』では品がない。あと『お願いします』とか、何でもいいから続けましょう。あまり短い言葉ばかりでは、愛想がありません」
「……はい……お願いします」
 カランは言葉に困ったように黙った。
「まずはおしゃべりの練習ですね。モリィは相手が黙っていても察してしまうから、他の人間達とたくさん話をしましょう」
「はい。たくさん話す」
 カランは襲いかかったり背後から近づかなければ、大人しくて素直な少年である。
 命令には絶対服従、とも言い換えが可能なため、そこを聖良は直したいと思っている。
 自衛以外の自発的な欲望といった、当たり前の物が彼にはない。
 それを自覚し、抑える術を知らずに大人になるのは不幸だ。
 それらを教えるのが大人の役割である。

+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ