挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
青色吐息 作者:かいとーこ
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

97/110

18話 教育と躾け5



「やぁ」
 聖良は覚えのある子供の声を聞き、何気なくそちらを向いた。
「っ」
 向いて、喉まで出かかった悲鳴を何とか飲み込んだ。
 赤毛の少年。
 赤毛の少女。
 うり二つな二人は、手をつないで笑みを浮かべてそこにいた。
「こんにちは」
 少年が声をかける。
 お揃いのベルベットのドレスとスーツ。どちらも同じモチーフの、デザイン違いの帽子。
 真っ白な肌に、両の口角が上がっただけの薄い唇、薔薇色の頬。瞳はきらきら輝いて、それがどこか嘘くさい。
 姿だけ見れば天使のように愛らしい男女の双子に見えるが、その中身は老獪な魔王だ。
 ネルフィアは誰よりも強いから魔王だが、彼等のどちらかは、魔物を統べるために魔王である。
 二人の姿を見て、ハノは完全に硬直している。
「こ、こんにちは。ウルさんとリファさん……ですよね?」
「うん。よろしくね」
 少女が笑みを浮かべた。
 なんとなく、聖良は少女の方がウルだと思った。
 リファにはない何かがあるような気がした。
 そう、近づいてはいけない、なにかの引き金になるという、数々のド変人遭遇から得た、本能のような何かが、聖良にそう訴えていた。
「ど、どうしたんですか、こんな所に」
「面白そうなお茶会だから、ボクも混ぜてもらおうと思ったんだ」
 少年が言うが、聖良は少女の方から視線を外せずにいた。
 少女の方は聖良とエスカを見比べて、にっこりと笑っている。
「見せてもらった時と姿が違うから一瞬分からなかったよ」
 意味不明な少女の言葉。しかしそれで、少女がウルであると確信を持った。
「聡い子は好きだよ」
 少女が笑みを浮かべて歩み出る。
「始めまして。ボクはウル。神子のウル。血溜まりの聖者。堕落の王。背徳の王。
 色んな呼ばれ方があるけど、ウルと呼んでいいよ。
 よろしくね」
 三百年は生きているらしい、性別不明の人類最強と言って過言ではない化け物が、表面だけは親しみやすい笑みを湛え、どこからともなく現れた執事二人が用意した立派な椅子に座り、勝手にお茶会に参加した。
 一人は綺麗な顔立ちの大人の男性。
 ミラが言っていた悪魔のロバス。
 もう一人はエスカと同じほどの年頃の子供だ。癖のある黒髪は、油で誤魔化されているがかなり痛んでいて、肌にも細かな傷がある。
 彼がウルの傍ら、聖良の斜め後に立つと、寒気がした。
 その雰囲気が、気配が、何かの線を越えるような嫌な感覚が、どこか似ていた。
「ミラさん……」
 ウルはそう呟いた聖良を見た。
「よく分かったね」
 ウルはおかしな色を含む、爛々たる眼を聖良に向けていた。
「顔はそんなに似てないと思うけど、どうしてわかった?」
 どう答えるのが正解なのか、聖良には分からなかった。
「……あの、独特の雰囲気が。近づいちゃ切られるなって感覚が」
 ミラと一緒にいると分かってくる、人間に野生の本能的な物を蘇らせる、独特の危機感を感じるのだ。
 ミラは背後から接近しなければ切らない。だが、この少年は知らない他人。
 恐怖しかない。
「この子はミラの遠い親戚みたい」
「親戚……」
「そう。とある人間離れした男の子孫。どれだけ薄まっても、たまにミラやこの子みたいなのが生まれるみたい。
 とっても面白い家系なんだ」
 ウルは執事の格好をした子供を手で示して言った。
 少女の姿をしているため、仮に彼女とする。
 彼女は目的の相手、聖良とエスカ以外は目にも入れていない。
 こちらの護衛達はまったく動けず、金縛りにあったように固まっているから、警戒する必要もないのだ。
 それは護衛対象であるマリス達にも言えた。
 まるで目を開けたまま意識を失った……魂がないような目をしている。
「マリス様達に何を?」
「どちらかというと、君たちに効かなかっただけだよ。神子はともかく、竜の加護は面白いね」
 見抜かれていた。
 アディスはここにいない。
 問題は硬直しているハーティだ。
 聖良が何もないのに、竜である彼女が何かあるはずがない。
「ハーティ?」
 彼女に声を掛けるが、ただぶるぶると震えるだけだった。
「大丈夫。ただ怯えてるだけじゃないかな。意識ははっきりしているみたいだし。
 キミはボクと同族だから感じないんだよ」
「え?」
「人間が固まっているのはボクのペットの力。
 その子が固まっているのはボクに対する恐怖。
 そのどちらにも当てはまるキミは、少し特殊かな。よっぽどの血統なんだろうね。
 ああ、その子に悪さをするつもりは、今のところはないから安心していいよ。
 ボクは逆らわない動物を虐待するほど非道じゃないからね。
 もちろん逆らわない人間も殺さない」
 可愛らしく笑う様だけ見れば、綺麗な綺麗な女の子。
 人形のようにきめ細やかな白い肌に、綺麗な赤い巻き毛。
 薄い唇を笑みにすれば、数百年生きる化け物だと分かっていても騙されそうになる。
「動けないでいる彼らには聞こえないから平気だよ。
 ボクも他人には聞かせたくないからね」
 ウルは固まっているマリスを指さした。
 聖良は手に汗握り、緊張を表に出さぬように微笑んだ。
 アディスのせいで、猫を被るのが上手くなっている。
「モリィ……」
 エスカが不安げに聖良を見た。聖良が落ち着いているから、彼女も落ち着いている。
「不安に思う必要はないよ。ボクはキミみたいに力のある子は歓迎だから。
 一人だけが突出しているとつまらないしバランスが悪い。
 ユイが狙っているように、第三勢力が出来るのは面白そうだ」
 女の子の姿でも、話し方は男の子のようであった。
 可愛いので、ボクという一人称がよく似合っている。
「だから、キミの事も、無理をしてまで欲しいワケじゃない」
 ウルはハーティを見て笑みを浮かべた。
「ひっ……」
 息を飲んで怯えるハーティ。
 彼女は怯えきっていて、役に立ちそうも無い。
「さすがにトロの血縁者だけあって、トロそうだなぁ」
 トロ。以前見た竜の事だ。
「竜はすでにいるからですか?」
「うん。トロを殺してまで手に入れる価値があるかどうか疑問だからね。
 その子に出来る事なら、トロにも出来そうだし、別にいらない。
 キミみたいに面白い子なら考えたけど」
 聖良はさすがに顔を顰めた。
 聖良は特別不運なところ以外は普通だ。
 ハーティがそのように言われるほどの価値はない。
「君たちが国から出てきてくれて本当に喜ばしいよ。
 あの国には入れないからね」
 悪魔はグリーディアには入れず、ウルは乗り物酔いがひどいらしく、今までは接触する機会がなかったが、出てしまえばいくらでも接触が可能なのだ。
「どうして出てきたのが分かったんですか?」
「悪魔以外のボクのペットは入れるからね」
 くつりと笑う悪魔のような美少女を見て、聖良は背中の汗が冷えて寒気を感じた。
 無難にお茶を濁すか、問うか。
 どちらも有効だと思われた。
 やり方次第だ。
 彼女の言動、ミラからの情報を信じるなら、ウルという人間は、逆らう者は殺す。逆らった者の身内もたまに殺す。
 それ以外には、滅多に手を出さない。
 馬鹿な事をしなければ、害はない可能性は高い。
「お菓子はいかがですか」
「ありがとう。お礼にボクのシェフが作ったお菓子をどうぞ」
 見た事のないお菓子が出された。
 生地にたくさん何かが練り込まれた焼き菓子に、可愛らしい器でジャムが添えられている。
「変な物は入っていないから」
 ウルが一つ口に含み食べてみせる。
 聖良はエスカが食べるよりも先に口に含む。
 万が一の時も、聖良なら大丈夫だからだ。
「とっても美味しいですね」
 遅効性の何かもしれない。しかしエスカに食べるなというのは、ウルを怒らせることになる。
 ウルは自分を信じない者は殺し、信じる者はたまに救うらしい。
「うん。うちのシェフは腕が良いからね」
 確かに腕が良い。
 リンゴがたくさん練り込んである、程よい甘さの焼き菓子。グリーディアの甘すぎる菓子よりも口に合う。甘さが足りなければジャムもある。
「ウル様、ミラ達が来たようです」
 ロバスがウルの傍らに身をかがめて耳打ちした。
 聖良は舌打ちしたくなった。
 ミラがいるならアディスもいる。
「早かったね。ロバス、カラン、ボクは可愛い坊やがどれほどのモノか、見てみたいな」
 それが誰を示す言葉なのか、聖良には分からなかった。
 坊やは二人いるのだ。
「私達だけで?」
「ミラは通して良いよ。悪魔は悪魔同士、揉んであげたら? 後輩に技術を教えるのも楽しいかもよ」
「なるほど。それは楽しそうですね」
 ロバスが頷き、姿を消した。
「カラン、キミは白い子を」
 何もかも、お見通しのようだ。
 聖良は笑顔のまま、手が震えないように握りしめた。





 アディスは結界に阻まれ内側に入れず、それを打ち破ろうとしていた。
 あと少しというところで、突然執事のような形をした男が現れた。
 金髪に青い瞳の、整った甘い顔立ちに笑みを浮かべている。表面だけはとても穏やかだが、魔力を感じることが出来れば、見た目の印象など綺麗に吹き飛ぶ。
 これは悪魔だ。
「ミラはどうぞ。ウル様がお待ちです。女性だけでお茶会をお楽しみ下さい」
「女だけ? 他はどうした」
「他人を気になさるとは珍しい。もちろんハノと、ついでに他の人間達も無事です。少し固まっているだけです。まだ誰も死んでいません」
 まだ、とつけるのが嫌らしい。
 ミラは進もうとして、たった一歩で足を止めた。
「トロは……そこか」
 隠し持っていたフォークを投げつける。
 盗んだと言うより、手が勝手に凶器になる物をくすねていたのだ。彼女の悪いクセだ。
 ミラはフォークを投げた方を睨む。
 沈黙が落ち、誰もいないのかと思ったその時、
「ぎゃっ」
 かなり遅れて悲鳴が上がり、木の枝から人影が落ちた。
 地面に落ちたオレンジ髪の男は、しくしくと泣き出した。
 アディスは緊迫感のない男の様子に、どうしたものかと呆れた。
「痛い」
「にぶっ」
 マデリオはその男を見て言った。
 まったくだ。
「トロ、幼子にまで馬鹿にされて……。そのフォークを抜いたらどうです」
 ロバスが肩に突き刺さっているフォークを指した。
「抜いても痛そう……」
「面倒くさい男ですね」
 ロバスが指を引くような仕草をすると、トロの肩からフォークが抜ける。血は流れ出ることなく、ほんのわずか、季節感のない麻のチュニックを汚しているだけだった。
「痛かった」
「…………はぁ」
 ロバスがため息を吐く。
 そんな彼の隣に、気配もなく小さな少年が立った。
 細かな傷跡が目立つ、可愛らしい男の子だった。
「おや、カラン」
「ロバス、白いのどれ? 白いのいない」
 無表情な子供だった。
 子供は元気に笑っているのが一番可愛いが、彼の目は死人のように揺るがない。
「その黒くて背の高い男性ですよ。今は黒いんです」
「白いのに黒いの?」
「ええ。外見はいくらでも変えられます」
「ロバスみたいに?」
「私とはまた違う方法だから、私には分かりません。
 知りたければ本人から聞けばいいんですよ。
 カランは強い子ですから」
「わかった」
 次の瞬間、既視感を覚えた。
(ああ、これは良くない)
 そう思ったと同時に、アディスの目の前で火花が散る。
 既視感。
 前に一度、体験した事がある。
 それを成した少年は、自分の長柄斧を見て首を傾げた。
「へぇ、なかなか強い結界ですね。カランを止めるとは」
 ロバスの言葉にアディスは内心の驚愕を隠して笑みを浮かべた。
 前に似たような事をしてくれたミラならここで、離れたりせず畳みかける。
 それをしないのは、経験のなさ故だ。
 慌てず、より強固な術を上掛けする。
 今度は攻撃に反応する物ではなく、始めから自分にまとわりついている結界だ。短時間しかもたないが、他のどの結界よりも強固に自分を守ってくれる。
 ミラで学習したアディスが、自分のために作った術だ。
 人間の魔力では扱いきれないかったものを改造した。
「驚いた。まるでミラさんのような子供ですね」
「おやおや、こちらも当ててしまうのですね」
 ロバスは楽しげに手を打った。
 当ててしまうという台詞に、皆が顔を顰めて子供を見た。
「その子はカラン。ウル様が拾われた、ミラと祖を同じくする者です。遠い親戚ですね」
「親戚?」
 ミラが首を傾げる。カランはそんなミラを見た。
 互いに疑問はあれど、無感動であった。
「ウル様は身内なら分かりますから。確実に親戚です。
 中にいる竜の女の子と、トロが親戚であるように」
 アディスは名前のようにとろい男を見た。
「いくらハーティでも、こんなに馬鹿じゃないわよ」
 珍しくフレアの口からハーティを庇うような言葉が出た。
 その通りだ。
「ば、馬鹿じゃないもん」
「もんって……それが許されるのは子供だけよ!」
「むぅ」
「ああ、いらいらするっ」
 フレアが頭を振って怒鳴り散らす。
 何かが琴線に触れたようだ。
「トロ、その子はセシウスの息子だよ」
「ええ、あの嫌な奴の!? おれ、あいつキライ! いっつもおれのキライなハチをけしかけてくるから!」
 蜂が嫌いな竜。
 アディスには理解できなかった。
 アディスは蜂を怖いと思った事はない。
 それが魔物めいた巨大な蜂だとしても、人間の頃からまったく恐ろしくなかった。
「なんか、あの馬鹿親父の気持ちはちょっと分かるかも」
 フレアはトロを見つめて、珍しく父親に共感した。
「そうですね。子供なら可愛いんですが、大人にやられると嗜虐心しか沸いてきませんね。蜂でも召喚しますか」
 トロがびくりと震えて、子供であるカランの元まで走り、背に隠れた。
「蜂が怖いの?」
「うん」
「召喚させなきゃいいよ。召喚はロバスでも時間が掛かるから」
「あ、そっか」
 ロバスが額を押さえて、苦悩を堪えるように首を横に振る。
 子供の方がしっかりしている。
「ユイ、セーラのとこ、行く」
 呆れ果てたのか、ミラが言った。
「え、いいの?」
「いい。セーラの方心配。ここにいて、ユイ巻き込まれたら大変。こいつら平気。どうせ殺す気ない」
 ミラはユイの手を掴み、ずるずると引き摺っていった。
 彼女は一番の戦力だが、セーラの方が心配なのは本当だ。
「マデリオの力を見に来た、というわけですか」
「もちろんそれもありますが、貴方が出てきたから来たのですよ。
 赤の魔王の息子」
 アディスは頭が痛くなった。
 ウルがいる。身内なら確実に分かるとミラが言い切るウルが。
「母はそんなに有名ですか」
「もちろん。赤色は気性の荒い者が多いですが、群を抜いています」
「…………」
「あなたの母は、とても強いですよ。
 カラン、遊んでもらいなさい。
 私の魔女とは比べものにならない腕の魔術師です」
 子供──カランは長柄斧を構える。
 遊びにしては、命がけだ。
 彼は子供だ。人間の、将来はミラのようになる、だがまだ甘さの残る子供。
 育て方によってはミラを越えるかもしれない。
「貴方達はこの少年をどうするつもりです。子供にこんな目をさせるなど」
「ウル様が拾った時には既にそうでしたよ。まだ拾ってから間もないんです。
 今はまだ、育て方を模索している所です。せっかくの才能ですから、上手く育てたいでしょう?」
 才能。
 まさしく才能だ。
 ミラに並ぶ素質。
 結界を食い破るには、力だけでは不可能だ。本能的に魔力の使い方を知っている、グリーディアにも滅多にいない魔術の才能の持ち主。
 それでも、今はまだ、完成しているミラには遠く及ばない。
「経験を積ませ、完成させるのが目的ですか」
「さあ」
「私が殺したらどうするつもりですか」
「殺しはしないでしょう」
 あちらにはセーラがいる。だから出来ない。相手はウルだ。何をするか分からない。ミラがいても、それはそれで不安要素の一つになってしまうのだ。
 アディスは舌打ちして目の前の少年に向き合う。
「可哀相に」
 彼は無言であった。
 感情を一切見せることなく、彼は動いた。
 アディスは人に化けている時、竜の時よりも視力が悪い。
 竜は飛びながら獲物を捕らえるため、全ての感覚が鋭くできているから。
 だからこの姿のまま、戦闘訓練を受けている彼に身体で付き合うのは意味がない。
 強い結界と、大けがをさせない程度の弱い術。それがあれば十分だと判断した。
 力を裂くのは結界だけでいい。防御上手なミラと違い、彼は下手そうだった。
「仕方がない」
 壊さないように手加減するのは得意だ。
 アディスはいつも、才能のある子供ばかりを相手にしていたのだから。
「少し遊んであげましょう」





 フレアの頭の上には蜂に似た妖精がいた。
 妖精というのを見るには特別な才能が必要なのだが、魔力を与えれば他人にも見えるようになる。
 妖精はある程度姿を変えられるのだが、そのほとんどは虫のような姿だ。
 だからあえて蜂の形体を取らせていた。
「意地悪っ! キライなの知っててそんなの呼ぶなんてっ!」
「その態度が、相手の加虐心を刺激するって分かってる?」
 頭の上の使い魔が身を起こすだけで、びくりと震えて木に隠れる。
 おかげでフレアは他の二人を見る余裕があった。この場を離れてしまうと、トロが何をするか分からないし、この妖精だけに見張らしておくと、余裕のあるロバスにどんな事をされるか分からない。
 つまりこうして睨み合う事しかできない。
 今はセーラが人質に取られている状態なのだ。
 彼女の元に戻ったミラは、牽制にしかならない。
 ミラが下手に動けば、そのとばっちりがセーラに向く可能性が高い。
 彼らの目的がマデリオとアーネスの実力を見るのと、子供に経験を積ませるだけなら、じっとしておくのが得策。
 アディスの方は、結界に有り得ないほど力を入れて、無難に遊んでやっていた。
 いくら基礎能力が高く、才能があろうとも、アディスには遊ばれる程度の力でしかないようだ。
 もちろん相性も悪い。奇襲でもない限りは、身体能力で補って戦える相手ではない。
 竜になってからは、セーラと会話し続け発音が上手くなり、その上魔力で無茶が出来るため、魔術の発動が早くなった。
 もっと竜の体の使い方を覚えれば、彼は伝説の竜になる事だろう。
 問題はマデリオだ。
 自分より格上の相手と対峙したのは初めてであり、どうしていいのか分からないため動けないでいた。
 だが、無闇に突っかかるよりはずっといい。
「ほんと、馬鹿ね、貴方達。
 せめて次の機会なら、マデリオも少しはマシになってたのに」
「まっさらから見ないと、どれだけ成長したか分からないじゃないですか。
 教師の質で実力よりも上になった所を見ては意味がありません」
 素質以上になるのはいいが、それがどこまでなのかを見てみたいらしい。
 フレアは皮肉に笑う。
「マデリオ、よく聞いて」
「な、なんだよっ」
 突っぱねるようで、救いを求めるような声が、彼の子供らしさを表している。
「悪魔っていうのはね、超個人主義なの。
 本来なら、力の使い方のコツだって、遊んでいるうちに数十年かけて自然に覚える事を、人間の技術としてキミは覚えただけ。
 学問としてではなく、自然の成り行きで力の使い方を覚える悪魔は、育ち方によってまったく異なる力の使い方をするわ。
 だからどうしろなんてアドバイスは出来ない」
「それ意味ないだろ!」
「そうよ。無いわ。考えるだけ無駄なの。
 殺すつもりはないみたいだし、生まれたばかりの悪魔がどれほどのものか、相手の方がよく分かっているから、何も考えずにやればいいのよ。
 そうしたら、小手先の技術を身につけた後、キミがどれだけ強くなったかよく分かるしね。
 そういう事でしょ、貴方の主が知りたいのは」
 悪魔は変わらぬ微笑を浮かべたまま、否定も肯定もせずにフレアを見た。
「そういう所は、父親と似ていませんね。血より育ちという事ですか」
「当たり前でしょう。貴方達と一緒にしないで」
 もしも育ちより血なら、アディスがあれほど子供好きになるはずがない。
 彼の親は、子供好きではなかった。人としてのアディスの親も、竜としてのアディスの親も。
「マデリオ、とにかく自分に出来る事をやりなさい。
 勝てなくても良いから。それがエスカと一緒にいる唯一の方法よ」
 もしも彼よりもいい素材があったら、彼を殺して別の素材を支配させれば、強い神子が出来る。
 三竦み。
 そう思わせるのは、ウルにとっても悪くないはずだ。
 ウルは世界征服を企んでいるわけでも、人々を恐怖に陥れたいわけでもない。
 ただ神殿に逆らってまで独立を保ち、たまに自分の土地以外で騒動を起こし、自分の土地を守っているだけなのだ。
 わざわざ逆らう者は皆殺し。
 逆らわない者は生きていてもいい。
 それがウル。
「人が混じると、やはり面白いモノが生まれますね。将来が楽しみです」
 ロバスは楽しみという言葉を、マデリオを見ながら言った。
 彼に何を期待しているのか、考えると虫酸が走る。
 彼等はまだ子供だ。未来はいくらでもあるし、相手を決められる覚えもない。
「ゲスね」
「それが悪魔というモノです」
 父を思い出し、そうだったとフレアは呟いた。
 ゲスでない悪魔の方が、よほど珍しいのだから、仕方がない。

+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ