挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
青色吐息 作者:かいとーこ
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

83/110

16話 エンザ9


 セーラは小さい。小さい生き物は思わぬ所に隠れられるし、隠されてしまう。
 ほんのわずかな距離を歩いただけでこんな事になるなど、実にセーラらしい。笑えないほどセーラだ。これぞセーラという、セーラっぷりだ。
 エリオットも一緒に入りたかったが、さすがに男の身だ。ミラにもう少し常識……せめてうっかり人を襲う癖さえなければ、いつも見張らせる事が出来るのに。
 アルティーサは天然ボケで頼りにならず、リーザも他人に触れられるのはあまり好まない。
 セーラを安心して任せられるまともな女性がいなかった。むしろセーラがハラハラしなければならない女性ばかりで、ユイやハノのようなまともなのは男性だけだ。
 エリオットはドアをノックし、人がいるかどうかを確かめる。いなければ壁抜けする。いるならドアさえ開けば、慣れ親しんだセーラの……アディスの魔力は感知できるはずだ。エリオットは自分の能力を信じていた。
「おや、お嬢さん。どうしたんだい。確かエリーちゃんだったかな」
 出て来た男が知っている相手で笑みを作った。
 エリオットと名乗ったはずなのに、勘違いをして口説いてきた男の一人だった。
 アディスならともかく、それ以外の男に口説かれるのは気色悪いが、この際は女の子の振りをしていた方が親切にしてもらえるので、勘違いを利用している。
 このように出てきてくれなければ、部屋の中に進入し家捜しをする。
 そうすると、法に引っかかりそうな物も色々見つけたが、それはどうでもいい。
 今目の前にいるのは、髪の長いキザな男だ。先ほど話をした時は結んでいた艶やかな黒髪を、今は下ろしてくつろいでいる。
「あの、連れを見ませんでしたか? 黒髪の小さな女の子」
「ああ、あの乳ので……小柄な子」
 どこを見ているスケベ野郎と股間をけりつけたいのを我慢した。エリオットも人の事は言える立場ではない。
「エステに行ったのに、どこにも見あたらなくて。あの子、よく変な人に目をつけられるから……手当たり次第に探しているんです」
「それはいけない。確かにマニア受けしそうな……可愛らしい子だったな」
 一瞬の間は、何を言いたかったのだろうか。
 しかしセーラはマニア受けするタイプなのは間違いない。アディスのような、かなり世間的に後ろ指を指されるようなマニア受けをする。
 もちろんエリオットはそのようなマニアではない。彼女の内面が好きなのであり、外見が可愛らしいのはオマケのようなものだ。もう少し育っていてもいいと思っているぐらいだ。
「よし、お兄さんも手伝ってあげよう」
 男は笑みを浮かべて申し出た。
「本当ですか?」
「ああ。そういう変質者には何人か心当たりがある」
「変質者もそうですけど、あの子はグリーディアの魔術師だから」
「ああ、そうか。その線もあるね。だったら、こんな人目の多い賓客棟にはいないんじゃないかな。いるとしたら二流棟だろ」
「二流棟?」
「予備の客室だよ。元は軍事施設だったから、客室としてはレベルが低くて、安いんだ。だから二流棟って、俺たちは呼んでいる。そんな風に呼ばれてるところに泊まってたら、ケチがつくだろ。だから部屋が空いてるなら、無理してでもここに泊まるんだ。こっちによその客を連れ込むのはまず無理だけど、あっちなら人が少ないから分からないな」
「なるほど。ありがとう、お兄さん」
 魔術狙いもあるが、変態という線も捨てきれない。どちらにしても、犯罪者が人目のつくところにいる可能性は低い。
 そろそろ日も暮れるので、商人なら商売のために忙しいだろう。だからまだ大丈夫だと信じたいと願った。しかし、もしもの事があったら──
 エリオットの脳裏にミラの顔がよぎる。竜でもなく、ミラの顔。
 殲滅の悪魔と呼ばれるようになったのは、一度殺しを始めたら、禍根を残さないようにその場にいた全員を殺すからだ。まだそのような暴走は見た事がないが、セーラに何かあったら間違いなく暴走する。
 ユイの命令は、聞く耳がなければ届かない。我を忘れては意味がない。
 そしてエリオットは止める気なりそうにもない。
「待て待て、エリーちゃんみたいな美人一人だと危ないよ」
「でも、この都の全員の命がかかってるんです」
「は?」
 エリオットは階段に向かう。すると男もついてきた。
 下に降りると、一部屋一部屋確認していたユイ達を見つけた。アルテ達もいっしょにいる。
「ユイ、別に人気の少ない客室棟があるんだって」
「え、そうなの?」
「このお兄さんが案内してくれるって」
 ユイはアルテ達を見た。何か言いたそうに見えたので、言葉を待った。
「実は、リーザがずっと変な気配がするって言うんだ」
「変な?」
 リーザはこくりと頷く。
「こう、嫌な匂いが」
「何か腐った物でもあるの?」
 さすがにセーラはまだ腐っていないから、関係ない。
「違う。嫌な……何の匂いかは忘れたけど、あんまり好きじゃ匂い。それが強くなったから、原因を知りたくてみんなを探してたの」
「どっちの方から?」
 リーザが指で示す。男の表情から察するに、目的地がある方向だ。
 これでもう彼は必要なくなってしまったのだが、ここで帰れとは言えない。フレアの時なら言えたが、今は眼鏡を外していてもエリオットだ。まだ大胆さが足りない。
「リーザ、ひょっとするかもしれないから、匂いが強い方に案内して」
「わかった」
 リーザは犬のように鼻を鳴らして歩き出す。
「今思ったんだけど、始めからリーザの鼻を頼れば良かったんじゃ……」
「私は犬ではないから、体臭の薄い女の子は分からないの。あの風呂から出てきた人は、みんな似た匂いがするし」
 風呂に入ったばかりでは余計に混乱するようだ。
 ならば仕方がない。
 しらみつぶしよりは、ずっと可能性が高いのだ。文句を言わずにリーザを信じるしかない。



 アディスはセーラのペンダントを手に、魔力を手元に集中させた。
 セーラを思い浮かべながら、魔力を少しずつ流す。
「何をなさっているんですか」
「セーラを探しているんですよ。これはセーラに持たせていた魔具の一つなんですが……本来なら、彼女を捜すための魔具なんです。エステで俯せになるから外して……前の時もシャワーで外していました」
「…………外しやすいものよりも、腕輪を改造した方がいいのでは?」
「そうですね。せっかく神殿で売られている本物ですが、その方がいいような気がしてきました」
 今のように外せる物ではなく、本来のように神殿以外では取れないようにする。そうすれば誘拐されても探し出せる。
 見栄えよりも実用が大切だ。
 セーラのことだから、自力で脱出しようとするのは間違いない。捕まえている相手がお茶会を開いたりでもしない限りは、逃げようとする。距離が近いので魔術も使える。
 それでもセーラだから心配だ。
 予定通り遂行できる知恵はあるが、それ以外の、誰もが予想しない要素で躓く。
 それがセーラ。
 それはアディスにも当てはまる。
「セーラさんはよくこのように拐かされるのですか」
「よく……というか、たまに。狙われているというよりも、特技が『一つしかない外れを引く』とか『何もないところで上から落ちてきた物に当たる』とか、そういう子なので」
「…………」
「ようは、ついてないんですよ。こんな世界に来てしまった時点で分かるでしょう」
 可哀相なセーラ。
「位置的にはこの辺りのような感じですが、高さが違いますね」
 アディスはペンダントの反応を見て、階段を上る。同じぐらいの位置に立ち、また登る。
 屋上まで行ったが、どうにも違う。
「やはり、あまり才能がないんでしょうか」
 ため息が漏れる。これで分からなければ、また手当たり次第だ。
 レンファにとっては客の機嫌を損ねる、最も悪手である。
「そういえば、この棟には地下室があるんですよ」
「地下?」
「使われていないから忘れていたのですが、元々は軍事施設で、地下牢があったんです」
「もっと早く言ってください」
 忘れるとは何だ、忘れるとは。そう言って首を絞めたい衝動を抑え込む。
「申し訳ありません。私はほとんど関わりが無く、イーリンが出入りしていなければ、一生知らずに……」
 イーリンが出入り。
 殴りつけたい衝動を、全力で押さえつけた。殴っては国際問題。
「そこでしょう、常識的に考えてっ! イーリンの行方不明の時点で気付いてくださいっ!」
「ああ、すみませんっ、あまりの事に困惑し」
 何だかんだと、彼は若い。アディスよりも年下だ。顔には出さなくても、混乱で頭が回らないというのはあって当然だ。
 イーリンは念のために寄っただけで、偶然に当たりを引いて捕らえられた可能性が高い。
 しかし彼女が何者であるか知っていたら殺される事はない。異世界の人間など、庶民だろうと興味深い。あの小さなセーラですら、アディスの知らない事をたくさん知っている。
 しかし異世界人だと知らなかったら、利用価値の高そうなセーラと違い、どんな目に合うか分からない。
「とにかく、そこに案内してください」
「はいっ」
 二人は全力で階段を駆け下りた。



 聖良は気を失った女を自分達を縛り付けていた縄で縛り、猿ぐつわを噛まし、部屋に転がした。
「ふぅ」
 二人でやれば、手早くすむ。一人だったら動かすのだけでも大変だった。
「次は、他に見張りがいないかですね」
 呪文を唱えながら、もう一度こっそりと外に出て、周囲を見回す。
 人の気配はない。
 イーリンが部屋の外に出たのを確認すると、ドアの内側に用意していた魔術を押しつける。もう一度呪文を唱えて、ドアノブにも押しつける。
「それは?」
「トラップです。ミラさんに教えてもらったんです。あの人はサバイバルの天才ですから」
 殲滅の悪魔と言われるほど殺しながら、生きていけるぐらいだ。
「さて、行きましょうか」
 戻ってきたら、もう一人転がっているかもしれないので、少しばかり楽しみだ。気分は罠を仕掛けた猟師だ。
 あれは掛かっていると嬉しい。
「セーラ、待って。なんか音が……」
 イーリンが出口ではなく、奥の方を見て呟いた。暗くて見えない。
 聖良は耳を澄まして聞く。
 しばらくすると、ぴちゃん、と水音が聞こえた。
 水音。石造りだから、どこかから漏れていたのか。いや、聖良は今まで聞いていない。耳を澄まして音を聞いていたから、少しは聞いていたはずだ。
「この奥は?」
「牢屋以外は何もないわよ」
 聖良は明かりを作って奥へと投げる。人魂のようにふよふよと、廊下を照らして前進していく。
 奥までたどり着くと止まる。
「牢屋の中……?」
 イーリンはさっと青ざめる。幽霊か何かを想像したのだろう。
「このまま後退するべきか、後ろを片付けてから行くべきか……」
 余計な事をすると墓穴を掘るから、悩むところだ。
 呪文を唱えようと、記憶の中から使えそうなものを引っ張り出す。

 ──ぴちゃん

 聖良は振り返った。
 遠かった水音が、近距離で聞こえた。

 ──ぴちゃん

 後ろに。
 聖良は恐る恐る振り返り、床が濡れているのに気付いて後ずさった。
「な、なにっ!?」
 上を見た。
 頭の中が真っ白になる。
 何かいた。何か、こう、ゲームの中に出てきそうな化け物的な何かが。
「のわあああああっ」
 思わず逃げた。牢のある方へ。
 イーリンもほぼ同じ行動に出ていた。
「わ、わ、ワニが天井にっ!?」
 イーリンが走りながら叫んだ。
「えっ、ワニっ!? 今のワニなんですかっ!?」
 信じられない言葉を聞いて、聖良は天井を仰ぎ見た。
「あれ、いない」
 聖良は牢の前で足を止めた。
 ワニが地下牢にいるなど、天井に張り付くなどあり得ない。
 すべてがあり得ない。
 きっと何か別の生物だと、どうでもいい事を考えながら、ワニっぽい生物を探した。ワニだろうがなんだろうが、その化け物をどうにかしなければならない。
「なんでこの歳になってようやくゲームみたいな事が起こるのっ!?」
 イーリンが錯乱して頭を抱えた。
 聖良も散々な目に合ってきたが、これほど本格的なのは初めてだ。殺人鬼のアレは、別ジャンルなので置いておく。
 それよりも、聖良なら多少噛まれても、毒があってもそうそう死なないが、イーリンは簡単に死んでしまう。
「ひぃぃぃっ」
 イーリンが倒れた。
 見ればいつの間にか、倒れたイーリンの上に、ワニを少しトカゲ寄りにしたような生物がいた。ワニなのに化け物のように身軽だ。
 イーリンに押し掛かった事により、彼女かけていた術が発動し、ワニは痺れて動けなくなる。
 追加の一撃を加えたかったが、そうすると下にいるイーリンにも害が及ぶ。
「お、重い」
 イーリンがワニの下で呻いた。
 イーリンがワニと言ったが、何に例えるかと言われれば、聖良もワニだ。ワニとコモドドラゴンを足して割ったような、巨大で、人でも食うだろうと思われる、凶悪な面構えだ。
 聖良はワニをどけようとしてみたが、重くて動かない。足を使ってみたが、重い。のし掛かり方が悪いのだ。
「ど、どうしよう。ワニって何キロぐらいあるんでしたっけ」
「顔が、キモ、こわっ」
 イーリンがじたばたと必死で手足を動かす。聖良もめげずに手伝う。二人で協力し、ひっくり返ろうかという瞬間、ワニが動いた。
「きゃぁぁぁぁぁぁぁっ」
 イーリンに被害などと悩んでいる場合ではない。聖良は杖を振り上げ、叩き付けようとして固まった。
 ワニが起き上がりながら、変わっていく。
 ワニが人間の男に変身した。
 腰に布を巻き付けただけの男になった。
「変質者!? ワニは!? 変質者!?」
 錯乱した聖良は、錯乱したまま振り上げた杖を思い切り振り下ろした。
 ワニだろうが変質者だろうが関係ない。
 とにかく変質者撲滅。
「てぃっ」
「ま、待てっ」
 変質者は唯一の安全地帯である、聖良の手首を押さえた。
「いやっ、離せ変質者っ!」
「へ、変質者じゃなくて」
 パンツですらない腰巻き男が、変質者でなくて何だというのだ。
「セーラ、後ろっ」
 後ろを意識した瞬間、口を布で押さえられる。
 男の手。
 この男も濡れて冷たかった。
「ううっ」
 噛みついてやりたいが、力が強く口を開けられない。
「口を封じているから、さっさと縛れ」
「ああ」
 腕をひねられ杖を落とし、変質者に縛り付けられる。
「アミンがその部屋に」
「ああ、分かった」
 変質者は牢番の部屋のドアに手をかけ、痺れて倒れた。しかしすぐに復活し、弱々しく起き上がって前に進み、二つ目のトラップに引っかかって倒れる。今度こそ動かない。
 それを見て聖良の口を押さえている男が舌打ちする。下手に手を離せない彼は、周囲を見回した。
 仲間はこれで頭打ちのようだ。
 三つ仕掛けておけばよかったと、聖良は後悔した。そうすれば倒れたところで完全にトドメをさせたかも知れない。
「つつっ……何をしているの」
 中から縛ったはずの女が出てきた。
 この騒ぎで目を覚ましたのだ。
「逃げ出しそうとしていたよ。そいつは罠に引っかかった。気付かれるのも時間の問題だ。荷物は最低限でいい。出るぞ」
「分かった」
 使用人の格好をした女は、気を失った男に蹴りを入れて聖良に近づく。
「手をずらして」
「頼む」
 女は聖良の鼻に向かって、香水瓶に入った液体をかけた。息を止めていたが、また液体を振りかけられる。息をずっと止めていられるはずもなく、聖良は少しだけ鼻から息を吸ってしまった。
「効かない?」
 女はしつこくしつこく聖良に香水瓶の中身を吹きかけ、それでも平然としていたためか、蓋を外してハンカチにしみこませ、それを聖良の口に押し付けた。
 いつもの如く、そこから先の記憶がない。

+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ