挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
青色吐息 作者:かいとーこ
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

109/110

21話 世界の厄介者達2


 フレアに連れられたのは、知らぬ建物の中。石造りでギリシャの神殿のような雰囲気があり、聖良には何か儀式をする場所のように見えた。
 この世界で一般的な、神殿の様式とは、違うように見える。
「土着神の神殿ですね。国にとっては歴史的な価値があるため、神殿の手から逃れたのでしょう」
「へぇ。偏執的な一神教なのに、歴史的な価値とか認めるんですか」
「元々、他の神は自分達の神の違う姿だという主張ですからね。よほど自分達の思想に反しない限りは認めますよ」
 聖良は部屋を見回した。
 そのような理由で保護しているのなら、この部屋は宗教的には使われていないのだ。
 人の立ち入りが少なく、国に保護された場所。
 半悪魔をこっそりと招き入れるにはちょうどいい場所である。
「外からも見てみたいです」
 聖良は文化遺産的な建物を見回しながら、興奮を抑えきれずにフレアに頼んだ。
「そうしましょう。出口はこっちよ」
 フレアは聖良の手を引いて歩いた。
 聖良は日差しを気にして帽子を被った。そして帽子よりも少し明るい色の、アリスのような青いエプロンドレスの裾を押さえて、神殿の外に出る。あまり大きくないので、迷いもせずに出られた。方向音痴気味の聖良にとって、幸先の良いスタートだと喜んだ。
 右手から来た衝撃に吹き飛ばされるまでは。

「っつ」

 気がついたら、日陰の中でひっくり返っていた。どうやら階段に手摺がなかったため、そのまま落ちたようだ。
 顔も痛いが、両の肩が痛い。地面で打った左側は骨折して、痛みのあまり動けない。右側を眼球だけを動かして確かめると、焦げていた。
「あああっ!?」
「大丈夫ですかっ」
 頭上から声が掛かると、アディスが聖良の隣に着地した。
「おろし立てのワンピースが焦げたっ!」
 肩も焦げていたが、当然服はもっと焦げていた。
 可愛くて可愛くて、モリィの姿に似合いすぎていた、アリス風エプロンドレスの袖が、見るも無惨な姿になっていた。
「もう少し顔や肩を気にしなさい」
 アーネスの冷たい印象の顔を呆れたように歪めて、アディスはため息をついた。
「…………だって……痛い」
 骨折している肩が、なかなか修復されない。ぽろぽろと涙がこぼれる。
「ああ、砕けているから、時間が掛かりますね」
 綺麗な骨折は瞬時に治るが、複雑な骨折は時間が掛かる。
 瞬時に治ると、歪んで引っ付く可能性があるから、都合が良いのだという。
「とりあえず固定させましょう。ハーティ、荷物を」
「はい」
 ハーティーが背負っていた荷物を下ろそうとすると、カランが奪い取って階段から飛び降り、白い布を取り出す。
 どうやら心配してくれているようだ。聖良の教育方針は間違っていなかったのだ。
 子供の人間らしい成長を喜びつつ、簡単に肩を固定してもらったところで、
「モリィっ!」
 血相を変えたマデリオがやってきた。
 混乱しすぎて、転移を忘れて走ってきたようだった。
「だ、大丈夫かっ」
「大丈夫なわけがないだろう。お前は何をやっているんだっ」
 アディスが珍しく声を荒げた。
「あ、アーネスかと思ったんだよっ」
「どこをどう見てるんですか、まったく。だいたい私ならいいとはどういう了見ですか。
 説教は後です。綺麗に引っ付くように、すぐに医者に診せないと」
 聖良はアディスの言葉を聞いて、首を傾げた。
 この身体はモリィの姿だ。
 この状態で骨折で骨が歪んでしまったら、聖良の身体にも影響があるのか、モリィの姿に影響があるのかすら分からないのだ。
 アディスが作った術だから、そのような前例は未だ無く、予想される結果は、想像でしかない。





 聖良は肩を紐で結ぶワンピースを身につけた。
 左肩が上がらないので、袖を通せないのだ。
 数時間で完治すると言っても、着ていたアリス風ワンピースの右側はボロボロで、べっとりと血もついていたため、着替えないわけにもいかずに、医務室でこのワンピースを借りたのだ。
「ああ、アリスワンピ……可愛かったのに」
 アリスなんて縁起でもないものを可愛いと思って、その服装を好んでしたのが悪かったのだろうか。
「似たようなデザインの服を作りましょう」
「どうせまたすぐに破れるんです。気に入った服を着ている時ほど、汚れるんです。私なんかが、可愛い服を着るのが間違っていました」
「使い捨てだと思えばいいじゃないか。どこぞの国の姫君は、一度袖を通した服は二度と着ないそうです」
「どんな極端な例ですか。そういう無責任な噂が、パンが食べられないならお菓子を食べればいい、なんてひどい台詞を捏造するんです」
「どんな可哀相な人ですか、それ」
「とある国の王妃です。民衆が反乱を起こし、断頭台行きになりました」
「王族も大変ですねぇ」
「まったくです」
 聖良は先ほどまでは焦げていた右腕を動かし、出されたお茶を飲んだ。骨折よりも火傷の方が治りが早いのだ。
 マデリオは深く深く反省して、現在は床の上で正座をしている。
 当然おやつは抜きだ。
 しかも、誰も彼には目を向けない。エスカでさえ怒って無視をしてしまっている。
「そうだ。この際だから、この国の可愛い服を買いに行きましょうか。
 前回はその時間はありませんでした。これからグリーディアも温かくなるから、ちょうどいい。たくさん買いましょう」
「置き場はどうするんですか」
「春になったら増築します。あんな狭い家に、何人も押し掛けられるのが何年も続くのは嫌でしょう」
「そうですねぇ」
 リビングで雑魚寝していたユイ達を思いだしてため息をつく。
「可愛い物をたくさん買いましょう」
 アディスは聖良の額を撫でて言う。
「ついでに欲しがっていた糸も買いましょう。グリーディアよりもよい物がありますよ」
「そうですね。パジャマに出来そうな綿の服が欲しいです。大きめのを買えば、大きくなっても着られますし。ハーティとカランのも買いましょうね」
「先に両替しないと。アスベレーグ、この国の両替はどうなっていますか?」
「代金ならば、ドレスの弁償も兼ねてこちらで持ちます」
「そうですか。では、モリィの可愛い服を買いましょう。可愛い刺繍の華やかな外出着とか。せっかくお気に入りだったよそ行きのワンピースですからね」
 チクチクとした嫌味を言うのを決して忘れない。
 マデリオにはいい薬だ。これで少しは落ち着きが出る。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ