挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
青色吐息 作者:かいとーこ
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

108/110

21話 世界の厄介者達1

「でねぇ、エイダに一番可能性があって腕の良い職人を紹介してもらったの」
 フレアの話を聞いて、アディスは自分の爪を研ぎながら、ふぅんと頷いた。
「で、どうなったんです。頷いたんですか?」
「うん。純粋な職人さん、飛行船に乗せてもらえると知ったらすっかり浮かれて、旅立っていったよ」
「旅立って?」
「作るのは国内でも、実際にどんな物を作りたいか聞きに行くんだって」
「なるほど。それで海外旅行ですか。今ごろさぞ喜んでいるでしょうねぇ」
 言いながら、アディスは部屋の隅の板の上でガリガリと爪を削る。
 爪がむずむずして仕方がないと言ったら、ラゼスが持ってきてくれたのだ。大きくなっている証拠だという。木を削るよりも、ずっとすっきりする。
 そんなアディスの隣では、セーラがふくふくとした、なごみ系の猫のヌイグルミを抱いて、丸干しした小魚を囓っていた。
「セーラ、何食べてるの?」
「メザシです。よく骨折するから、カルシウムを取らないと」
 そう聞いてフレアが目を細めた。
「……それって骨折に良いの?」
「骨を食べると骨が丈夫になるんです。女の人は歳を取ると、骨がスカスカになりやすいそうだから、気をつけないといけないんですよ」
「へぇ、クレア大丈夫かしら?」
「お酒が好きな人は色々と気をつけないと。美容のために果物や野菜も大切です。
 背も伸びます」
「ちょうだい」
 フレアは手を差し出してきた。セーラはしぶしぶメザシの器を差し出した。
「おやつにぴったりです」
 言いながら、セーラは三本目のメザシを食べる。
 フレアは頭をねじ切ってからかじり付いた。セーラは迷わず頭ごと食べている。
「塩味なのね」
「よくお酒のおつまみに食べられます」
「ああ、それはいいわ。ワインに合いそう」
「メザシとワインですか……」
 セーラは食べかけのメザシを眺めて眉間にしわを寄せた。
「セーラはお酒飲まないものね」
「はい」
 セーラは少しでも身長が伸びるようにと、食べる物には気を使っていた。
 十八歳では、もうこれ以上伸びる事はないと、分かっていながらの行動だ。彼女は夏になるまでには十九歳になる。
「兄さんも早くお酒が飲める歳になるといいわね」
「酒はいいですよ。一人で飲むなんてつまらない。セーラが飲めるようになったら飲みます」
「ふぅん」
 セーラはメザシを食べ終えると、児童書を取り出した。彼女はついに絵本からは卒業したのだ。
 片言だが、魔術がなくても日常会話なら困らないほど上達している。
 発音は相変わらず呪いの言葉のようで、意思疎通に困らないといった程度だが、言葉使いそのものは、絵本を読み続けたからセーラらしい丁寧なものだった。
「ところでいつものミラ達は? 夜に三人ともいないのは珍しいわね」
 フレアは静かな室内を見回す。カランは部屋の隅で本を読んでいるが、ユイ達の姿はないのだ。
「聖都に戻りましたよ」
「え、もう? 上の方は雪深いんじゃない?」
 セーラの答えを聞いて、フレアは目を丸くした。
「そろそろ一度戻らないとうるさそうだからって、ラゼスさんに送ってもらったんですよ。
 だからまたすぐに来るんじゃないかって、アディスが」
「それ、戻る意味あるの?」
 フレアを爪を研ぐアディスのしっぽを引っ張った。
「神殿も扱いに困っているそうですからね。定期連絡に戻る時以外は、人を襲わない場所にいてくれるのはありがたようです。
 ミラさんが必要な事態なんて、それこそ竜や大物悪魔との喧嘩ですからね」
「恐ろしい事態ね……」
 想像の中では、この世の終わりという光景だけが展開する。
 その光景の中では、母も一緒になって暴れている。本当に恐ろしい。
「ユイ君の魂がすり減りそうな事態です」
 セーラが額を押さえて呟いた。
「早くマデリオが育って、逃げ込む先が出来ればいいわね」
 ミラと、素質だけなら大物悪魔のマデリオが一緒にいれば、神殿でも手を出せない魔境になる。
 第二のウル体制の出来上がりだ。
「そろそろ一回、様子を見に行きますか」
「そうねぇ、頃合いねぇ。ところで人化は上手くできるようになったの?」
「一朝一夕に行きますか。翼がなくなれば尻尾が出たりと大変なんですよ」
 それをセーラが喜ぶのだ。
 隠れて練習をしていても、ユイがいたときはミラに発見されて、ろくな練習も出来なかったため、上達するはずがない。
「三日後に行きましょう。家に戻ったエルフのご一家にも声をかけないと行けませんし、色々と準備もありますし、土産を買わないと子供達が拗ねてしまいます」
「何が良いかしら」
「うちの国らしい玩具でも買っていきましょう。いっそカランと同じでも良いかもしれません」
 カランが顔を上げて期待するような目を向けてきた。
 何かを強請りたいのでは内。何も買ってもらえずとも、店に行きたいのだ。
 自分の趣味の物が売っている店なら、見ているだけで幸せになれるという気持ちは、アディスも理解できる。
「カラン、ついでにパーツでも買いましょうか。夏になったら風をおこす道具があったら快適ですよ。暴走しやすいから調整が今まで作った物よりも難しいですが」
 カランは指をくわえて暫く考え、無言で、しかし目を輝かせて頷いた。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ