挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
棘の姫は薔薇に焦がれる 作者:山本 風碧

第三章 仲直り、そして

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

18/18

 ヴィンセントはステラを連れて屋敷の庭へと出て行く。太陽は高度を上げ、庭のトピアリーは今の騒ぎの間に仕上がっていて、輝くばかりの庭園にステラは見惚れかけた。
 だが、クマの形をしたトピアリーの影からのそりと現れる人影に、ステラは目を見開いた。
 先ほどのされたトマスがふらふらとこちらに歩いてくるではないか。

「どうやら、罪は無くなったみたいだな? なら、帰ろう」
「一人で帰ったんじゃなかったの。っていうか、ここまで追ってきたわけ!?」
「あれくらいで、諦めるわけが無いだろう」
「ほんっとナメクジみたいな男ね! しつこいわ!」

 ステラはうんざりとしつつも途方に暮れる。ステラにはまだ大量の借金があり、返す当ても無い。
 一瞬ディアナや王太子を頼る手も考えたけれど、貸してもらったとしても、返すのはきっと不可能だ。好きな人たちにはそんな風に迷惑はかけられない。それはステラの矜持だった。

「でも、……わかったわ。借りたものは返さないといけないものね」

 ステラがそう言ってヴィンセントに今までの礼を言おうと振り返ると、彼は今までに見た事が無いくらいにがっかりとした顔をしていた。

「あのさ。だから、どうしてそこで僕を頼らない?」
「え?」
「君の家がどれだけの借金を抱えているか知らないけれど、僕は、公爵なんだよ? 言えば力を貸す事くらい、わかるよね?」
「でもあなたにこれ以上迷惑かけられないし。返す当てもないし」
「僕が何のために王子である事に固執したと思っているんだ?」

 急に問われて、ステラは視線を彷徨わせた。確かに、一時破滅まで考えていた彼だ。地位への執着は不自然だ。

「ディアナを手に入れるためには地位と財産が必要だと思ったから?」

 そう自分で言っておいて、ディアナ相手には権力も財産も武器にはならないと思い、すぐに言い直した。

「――なわけないわよね? じゃあ、どうして」

 首をひねるステラに、ヴィンセントは疲れた顔を見せた。

「君を手に入れるためには、必要だと思ったからだよ」
「え?」

 意味がわからずぽかんとするステラに、ヴィンセントは大きなため息を吐いた。

「君、さっき僕が母に言っていた言葉を聞かなかったの?」
「え? あれお芝居でしょ、偽の恋人のふりをしていただけで」
「母は君の身分が偽りだと気づいていただろう? なのに演技を続ける必要がどこにあるんだい?」

 それもそうかも、とステラは思った。
 直後、ヴィンセントの言葉の意味が急に理解できて、ステラは目を見開いた。

「え、つまり――」

 間髪入れずにヴィンセントは言った。

「僕は、君が好きだよ」
「ど、どこが!?」
「なんで!?」

 ステラとトマスの声が被り、ステラは思わず「うるさいわ」と部外者トマスを睨みつける。

「彼女の魅力がわからない男が、どうして結婚を申し込もうなんて思っている?」

 ヴィンセントもちらりとトマスに視線をやる。トマスは先ほどのされた事を思い出したのか、後ずさった。

「彼女の両親がこしらえた借金は僕が払う」
「え、でも悪いし」
「妻の拵えた借金なら、夫が責任を持って返す。そんなにおかしなことじゃないと思うけれど?」
「つ、つま?」

 不満そうだね? とヴィンセントはため息を吐く。

「君はこのナメクジ男とそんなに結婚がしたいわけ? 僕よりも、彼がいいって言うのか?」
「ナメクジだと!?」

 トマスが不満の声を上げるが、ヴィンセントはそちらに目を向けることもなくステラを真剣に見つめた。

「ステラ、僕は王にはなれないし、確かにジェラルドには及ばないかもしれない。だけど、きっと君を幸せにしてみせるよ」
「あ、あの――、私、なんていうか」

 かああああと顔から音がしたかと思った。ステラは自分の頬が瞬く間に赤くなるのを感じて焦った。

「夢、じゃないわよね?」
「確かめてみようか?」

 指が頬に触れたとたん、つねられると、痛みを覚悟したステラは、急に近づいた顔と、頬に重ねられた柔らかい感触にぎょっとする。

「夢じゃないよ」

 予想を裏切られた上に、至近距離で甘く見つめられて、

「な、な…………!」

 卒倒しそうになったステラは思わず膝を折る。だが、彼に抱きとめられて「返事は? 僕と結婚してくれる?」と強引に問われた。
 はい――と答えそうになったステラだったが、その前にトマスが恨めしそうな顔で割り込んだ。

「ストックポート公。こんな女のどこがいいんです。完全に金目当てですよ? 男爵位以外にいいところがなにもない。私にはその爵位が必要で、あなたには必要ない。ならば譲ってくれてもいいはずだ!」

 返事を遮られたのに腹をたてたのか、ヴィンセントは氷のような眼差しをトマスに突き刺した。

「金目当てで何が悪い? 彼女が選んでくれるのなら、僕はどんな理由でもいいし、そのために王子位や爵位に執着したんだ」

 そう言ってヴィンセントはステラに同意を求めるように微笑んだ。いっそ嬉しそうな表情にステラは戦慄する。
 よくよく考える。今彼は何と言った。ステラのために身分や金に執着したみたいなことを言わなかったか。

「ちょ、ちょっと待って……私、あなたにどういう風に見えているわけ?」

 恐る恐る尋ねるステラに、ヴィンセントはニコニコと頷く。

「負けず嫌いで、野心家で、欲張りで。金と権力が大好きだと思っているよ。だからこそ、君を手に入れるためには僕は王子でなければいけないし、金だってもっと稼がなければいけない。君のためなら何でも手に入れられるように」
「あの……それって、普通、全力で避けるべき女じゃない?」

 一体どういう悪女だ。それは巷で魔性の女とか、傾国の女とか言われるような女性ではないだろうか。

「さあ? 僕は多分普通じゃないんだろう。まぁ、確かに『あなたさえいてくれたらいい』とか可愛らしいことを言ってもらえたら最高だと思うけれど、君が言うとあまりに似合わないしね」

(じょ、冗談じゃないわ!)

 これはいけない。このまま了承の返事をしたらステラは極悪女のレッテルを貼られたまま。金と身分に釣られて結婚をしたと思われてしまう!

「私、あなたが王子じゃなくたって、お金持ちじゃなくたって頷いたわよ」

 地を這うような声が口から漏れると、ヴィンセントの顔がびくりと強張った。

「でも、君は、さっき僕のことを相棒で恩人だって――」

 信じられないとでも言いそうな顔。
 自分にも彼にも本気で腹が立ってきたステラは足を開いてどっしりと構える。腰に左手を当てて、右手をゆっくり持ち上げる。
 そして、びしりとヴィンセントに人差し指を突きつけた。

「一度しか言わないわよ。よぉく聞いておいて。――私は、あなたが好き。王子だからでもお金持ちだからでもないわよ? 臆病者で、負け犬で――でも誰よりも人の気持ちを思いやれる、優しいあなただから好きなのよ!」

 叫んだ瞬間、ステラはヴィンセントの腕の中に痛いほどに抱きしめられていた。

「好きだ。好きだ、すきだ――」

 ヴィンセントの言葉一つ一つがステラの乾いた心へ染みこんでいく。何度も繰り返されて、ようやくステラは彼の言葉が彼の本心だと信じてもいいような気になってきた。

(本当に私を? ディアナじゃなくて、私を?)

 こみあげるものにぼろぼろと涙がこぼれていく。隠したいのに両腕が自由にならず、ステラは俯いて隠そうとする。だが、ヴィンセントが彼女が俯くのを許さない。頬の涙をキスですくい、そのまま唇を塞いだ。
 柔らかく温かい感触に、ステラの頑なな心はゆるゆると溶けていく。
 角度を変えては深まるくちづけの合間、息を継ぐ隙にステラはこぼす。

「私の方が、たくさん、たくさん好きなんだから」
「そんなところまで負けず嫌いなのか? でも、そこは譲らないから」
「譲りなさいよ。負け犬、のくせに」
「もう負けないよ。――僕の方が、好きだ」

 いくつものキスの間、唇の上で囁かれる。
 離れた場所で「あああああああ、私の爵位がああああ」というトマスの呻き声、そして「じゃまするな」と諭す声、聞き慣れたくすくすという笑い声などが聞こえたけれど、ステラはヴィンセントの腕から逃れようとはしなかった。
 あまりにも幸せで――できなかったのだ。


                《完》

最後までお付き合いありがとうございました。
一言でも感想をいただけると今後の執筆活動の励みになります。
よろしくお願いいたします!

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
感想を書く場合はログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

この小説をブックマークしている人はこんな小説も読んでいます!

男爵令嬢は、薔薇色の人生を歩みたい

継母に疎まれ命を落とした精霊術師の王女は、500年後、同じ国にセンゲル男爵の娘フェリシアとして生まれ変わった。今度は前世のような最期を迎えないように、良い子の仮//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全135部分)
  • 726 user
  • 最終掲載日:2017/05/23 12:18
悪役令嬢の毒

初恋をこじらせて、婚約者に毒しか吐けなくなったマルティナ・オルブラントは、前世の記憶を取り戻したことで己の行いを省みる。もう毒を吐くことを止め、ゲームのシナリオ//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全17部分)
  • 643 user
  • 最終掲載日:2017/12/21 22:30
狼領主のお嬢様

自らの贅沢の為に、悪逆の限りを尽くした前領主一家。その一人娘だった私は、使用人であり恋人の彼が、領主の尻尾を掴もうと潜り込んでいた間者だと知った。 そして、領民//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全26部分)
  • 839 user
  • 最終掲載日:2017/11/10 17:50
私の気の毒な婚約者【連載】

短編「わたしの気の毒な婚約者」の続編です。そちらからお読みくださいませ。 伯爵令嬢クリスティナと第二王子レオンが結婚するまでの、国王一家のごたごたに巻き込まれる//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全41部分)
  • 621 user
  • 最終掲載日:2016/05/11 19:00
ドロップ!! ~香りの令嬢物語~

生死の境をさまよった3歳の時、コーデリアは自分が前世でプレイしたゲームに出てくる高飛車な令嬢に転生している事に気付いてしまう。王子に恋する令嬢になれば暗い未来が//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全83部分)
  • 682 user
  • 最終掲載日:2018/01/05 00:00
魔法使いの婚約者

剣と魔法の世界に転生したこの私。復活した魔王、聖剣に選ばれた勇者―――――そんな王道ファンタジーが繰り広げられる中で、与えられたポジションは魔法使いの婚約者。(//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全41部分)
  • 880 user
  • 最終掲載日:2017/10/13 08:55
観賞対象から告白されました。

貴族の令嬢に転生した面食いの主人公。今後の生活のために結婚相手を探しつつも、日々イケメン観賞にいそしんでいた。当然、ベスト・オブ・ザ平凡な自分が彼らとどうこうな//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全148部分)
  • 625 user
  • 最終掲載日:2016/03/13 00:00
私は敵になりません!

※主婦と生活社PASH!ブックス様より書籍化!6巻目8/25発売です! キアラは伯爵家の養女。王妃の女官にされる予定で引き取られたが、そのために二回り年上の人と//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全277部分)
  • 636 user
  • 最終掲載日:2017/08/29 23:00
悪役令嬢、時々本気、のち聖女。

 名門アンドール侯爵家の令嬢、エリカ・アンドール。  彼女は次から次へと男を手玉に取る悪女。そして気に入らない相手には、力でもって制裁を加える傲慢な人間。――っ//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全123部分)
  • 647 user
  • 最終掲載日:2016/07/29 10:00
異世界出戻り奮闘記

 かつて私は異世界に召喚されたことがある。異界からの巫女として一年余りを過ごした私は、役目を果たし、元の世界へ帰ることとなった。そして護衛騎士に秘めた思いを告白//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全78部分)
  • 723 user
  • 最終掲載日:2016/01/03 18:00
婚約者は、私の妹に恋をする

ああ、またか。私の可愛い妹を見つめる、私の婚約者。その冷たい目に灯る僅かな熱量を確かに見たとき、私は既視感に襲われた。かつての人生でも、私の婚約者は私の妹に恋を//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全44部分)
  • 772 user
  • 最終掲載日:2017/12/27 03:16
アルバート家の令嬢は没落をご所望です

貴族の令嬢メアリ・アルバートは始業式の最中、この世界が前世でプレイした乙女ゲームであり自分はそのゲームに出てくるキャラクターであることを思い出す。ゲームでのメア//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全104部分)
  • 715 user
  • 最終掲載日:2016/10/10 11:31
転生したけど、王子(婚約者)は諦めようと思う

 ノイン王国宰相・ザリエル公爵には、一人娘がいる。  銀色の髪にアメジストのような澄んだ瞳を持つ美しい娘・クリスティーナだ。  彼女の幼い頃からの婚約者は、ノイ//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全21部分)
  • 823 user
  • 最終掲載日:2017/01/05 22:00
転生王女は今日も旗を叩き折る。

 前世の記憶を持ったまま生まれ変わった先は、乙女ゲームの世界の王女様。 え、ヒロインのライバル役?冗談じゃない。あんな残念過ぎる人達に恋するつもりは、毛頭無い!//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全115部分)
  • 692 user
  • 最終掲載日:2018/01/08 12:15
マリエル・クララックの婚約

地味でもてない目立たない、冴えない社交界の壁の花。そんなマリエルにも縁談がやってきた。婚約者はなんと、今をときめく近衛騎士のシメオン様! なぜあの方が、あんな娘//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全6部分)
  • 656 user
  • 最終掲載日:2018/01/01 16:37
公爵令嬢の嗜み

公爵令嬢に転生したものの、記憶を取り戻した時には既にエンディングを迎えてしまっていた…。私は婚約を破棄され、設定通りであれば教会に幽閉コース。私の明るい未来はど//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全265部分)
  • 838 user
  • 最終掲載日:2017/09/03 21:29
ヤンデレ系乙女ゲーの世界に転生してしまったようです

 リコリスは奇妙な既視感に悩まされる大人びた子供だ。ある日父親から自分の婚約者について聞かされたリコリスは、それが前世でプレイした乙女ゲームのキャラクターである//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全69部分)
  • 672 user
  • 最終掲載日:2016/02/10 22:51
わたしはふたつめの人生をあるく!

 フィーはデーマンという田舎国家の第一王女だった。  このたび、大国オーストルの国王で容姿端麗、政治手腕完璧、ただひとつ女性に対して冷たいのをのぞけば完璧な氷の//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全191部分)
  • 682 user
  • 最終掲載日:2017/09/18 19:08
謙虚、堅実をモットーに生きております!

小学校お受験を控えたある日の事。私はここが前世に愛読していた少女マンガ『君は僕のdolce』の世界で、私はその中の登場人物になっている事に気が付いた。 私に割り//

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 連載(全299部分)
  • 843 user
  • 最終掲載日:2017/10/20 18:39
指輪の選んだ婚約者

見た目と中身の一致しない美貌の騎士様と、刺繍に没頭していたい淡々としたお嬢様の、のんびりほのぼのした契約的婚約ライフのお話。 ※本編完結。 ※一迅社文庫アイリス//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全57部分)
  • 823 user
  • 最終掲載日:2018/01/10 09:23
婚約者が悪役で困ってます

乙女ゲームの世界に転生したらモブだったリジーア。前世の分も親孝行して幸せになろうと決意するが、王子ルートで最終的な悪役として登場するベルンハルトと婚約することに//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全57部分)
  • 683 user
  • 最終掲載日:2017/12/15 21:00
伯爵令嬢の婚約状況

わたしには親の決めた婚約者がいる。公爵家の嫡男であるその婚約者は、非常に女性に人気があるらしい。そしてわたしは社交界デビュー早々、彼に愛人候補がいるということを//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全46部分)
  • 682 user
  • 最終掲載日:2016/08/17 23:00
聖女の魔力は万能です

二十代のOL、小鳥遊 聖は【聖女召喚の儀】により異世界に召喚された。 だがしかし、彼女は【聖女】とは認識されなかった。 召喚された部屋に現れた第一王子は、聖と一//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全57部分)
  • 660 user
  • 最終掲載日:2018/01/12 20:00
婚約破棄の次は偽装婚約。さて、その次は……。

伯爵の娘であるアナベルは、父伯爵が亡くなった途端、従兄から不貞を理由に婚約を破棄される。それはまったくの濡れ衣であるが、アナベルも従兄が嫌いだったので、婚約破棄//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全136部分)
  • 652 user
  • 最終掲載日:2018/01/01 03:34
悪役令嬢後宮物語

エルグランド王国には、とある有名な伯爵令嬢がいた。 その麗しい美貌で老若男女を虜にし、意のままに動かす。逆らう者には容赦せず、完膚なきまでに叩き潰し、己が楽しみ//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全128部分)
  • 649 user
  • 最終掲載日:2016/02/14 09:00
お前みたいなヒロインがいてたまるか!

アラサーOLだった前世の記憶を持って生まれた椿は4歳の時、同じく前世の記憶持ちだと思われる異母妹の言葉でこの世界が乙女ゲームの世界だと言う事を思い出す。ゲームで//

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 完結済(全180部分)
  • 665 user
  • 最終掲載日:2017/12/30 00:00
傍観者の恋

契約に基づいた婚姻を結び、私は目の眩むほどの幸福と不幸を同時に手に入れた。 夫が愛しているのは、私ではない。私が彼を愛していることにも、気づかれてはならない。 //

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全12部分)
  • 654 user
  • 最終掲載日:2017/03/26 07:56
乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…

頭を石にぶつけた拍子に前世の記憶を取り戻した。私、カタリナ・クラエス公爵令嬢八歳。 高熱にうなされ、王子様の婚約者に決まり、ここが前世でやっていた乙女ゲームの世//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全46部分)
  • 759 user
  • 最終掲載日:2016/08/17 19:18
大公妃候補だけど、堅実に行こうと思います

テレーゼ・リトハルトは、名前ばかり立派な貧乏侯爵家の長女。実家を立て直し、領地を整備し、弟妹達のためにお金を稼ぐ毎日を送る彼女のもとに、アクラウド公国大公の使い//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全38部分)
  • 681 user
  • 最終掲載日:2016/12/05 19:00
借り暮らしのご令嬢

アニエス・レーヴェルジュは美しく、気位の高い伯爵令嬢である。 社交界の麗しの薔薇と呼ばれた彼女は、高嶺の花であった。 一方で、騎士である貧乏貴族のベルナールは//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全79部分)
  • 641 user
  • 最終掲載日:2016/09/30 17:00
誰かこの状況を説明してください

貧乏貴族のヴィオラに突然名門貴族のフィサリス公爵家から縁談が舞い込んだ。平凡令嬢と美形公爵。何もかもが釣り合わないと首をかしげていたのだが、そこには公爵様自身の//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全181部分)
  • 710 user
  • 最終掲載日:2017/11/09 22:45
↑ページトップへ