挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼メニューバー
×閉じる
ブックマークする場合はログインしてください。
この作品には 〔残酷描写〕 が含まれています。

うそなき -嘘笑む声無き-

作者:楠楊
遥か昔に何もかも失ったアイラーは、ヒース兄妹のもとで療養に励み、
なくしたものを徐々に取り戻していった。
しかしなぜか声だけは取り戻せず、筆談での会話を余儀なくされる。
『――嘘は真実によって砕かれる。そのとき貴女は失ったものを取り戻すだろう――』
魔法学院生活も二年目、
占い師の予言を耳にしてからアイラーを取り巻く環境はめまぐるしく変化し始める。
忘れてしまった真実を探し求め、様々な人と交流を深めていく中で己を見つめ直すアイラー。
そしていつか知るだろう。全ての始まりとなった真っ赤な嘘を、嘘に隠された真実を。
序章
プロローグ
2016/10/22 20:51
第1章 嘘を言え
1-1:一日の始まり
2016/10/23 23:07
1-2:違和感
2016/10/24 23:17
1-3:予言
2016/10/25 22:27
1-4:真夜中の出会い
2016/10/26 22:16
1-5:信仰者の集い
2016/10/27 22:13
1-6:宴もたけなわ
2016/10/31 22:17
魔法使いVS????:1
2016/11/07 23:11
第2章 嘘も方便
2-1:氷結(前編)
2016/11/26 23:03
2-2:氷結(後編)
2016/11/30 10:54
2-3:初めての約束
2016/12/30 20:16
2-4:呪い
2017/01/10 21:14
魔法使いVS????:2
2017/01/15 10:32
2-5:迫る遠音と矛盾
2017/02/05 15:46
2-6:家族のカタチ -マルコの場合- 1
2017/02/12 14:11
2-7:家族のカタチ -マルコの場合- 2
2017/05/07 02:22
2-8:家族のカタチ -マルコの場合- 3
2017/05/24 00:41
2-9:家族のカタチ -マルコの場合- 4
2017/06/23 01:16
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ