挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
聖家族 作者:門戸明子
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

4/32

余白 その1

 東向きに大きな窓がとられたリビングダイニングは、朝が一番美しい。
 特に、その窓から入る光が、室内を穏やかに染めながらぬくもりで満たしていく冬の朝は、家族みんなのお気に入りだった。
 いつもの朝と同じようにパンを焼く香ばしい匂いが漂うそこに、きちんとボタンを留めた制服姿の拓巳が姿を現した。

「あら、おはよう」

 オーブンからパンを取り出しながらみずほが振り返る。

「おはよう」

 スーツ姿の誠司が、新聞から顔をあげた。
 外が真冬だということなど忘れそうなくらい、暖かな2人の微笑み。それは何度向けられても、慣れることのないものだった。

「おはよ。いい匂いだね、シナモン?」

 そして拓巳は座る。自分の席、自分のために用意された席に。

「そうなの、今朝は新作よぉ」

 みずほがパンを山盛りにしたバスケットをテーブルの中央に置いた。バゲットからは、ジュッとチーズのとける音が、まだかすかに聞こえてくる。

「うわ、おいしそう!」

 拓巳が座ったのを見て、誠司は新聞をわきに置くと、「さ、食べよう。いただきます!」とパンを手に取った。何度繰り返されたかわからない、朝食の風景が幕を開ける。
 誠司はパンを口に入れるなり、「うまいなこれ」とうなった。

「ママのパンはいつも絶品だな」

「ほんとっ? パパ、ほんとにそう思う?」

 頬を染めて喜ぶみずほは、少女のように愛らしい。

「うん、これならお店で売れるんじゃないの?」

 拓巳も褒めると、みずほは「実はね」と意味ありげな視線を向けた。

「店長が今度の新商品、私にまかせてくれるって言うの」

「すごいじゃん!」

「試してみたい材料とか組み合わせがたくさんあるの。拓巳もパパも協力してね」

「よし、試食はまかせろ。な、拓巳」

「父さん、ほんとパン大好きだよね」

 拓巳は笑いながらパンをほうばった。

――歌舞伎町の飲食店で働く18歳の少年が刺殺体で発見された事件で……

 テレビから流れてきたアナウンサーの言葉に、拓巳の手が止まった。

――複数の目撃情報から、少年は直前にサングラスをかけた長髪の男と一緒にいたことがわかっており、警察はこの男が何らかの事情を知っているものとみて、行方を追っています。

「可哀想に、18歳ですって。拓巳とそんなに変わらないじゃない」

「ほんとに物騒な世の中だな。拓巳も気をつけろよ」

 両親の表情にも言葉にも、かけらも変化はない。拓巳はそっと視線を伏せた。
 血なまぐさい殺人事件も、この家の中ではただの世間話にすぎない。この白く、幸福な家の中では。それはまるで分厚い壁で覆われた核シェルターのように、静寂と平和に包まれた空間――。


 その幸せが、拓巳は恐ろしかった。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ