挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
聖家族 作者:門戸明子
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

27/32

余白 その8

 退学届を提出し、教室に現れた舞は、少しやせて少し大人びた顔をしていた。

 一線を引いたクラスメイトたちの好奇の視線にもひるむことなく、ロッカーの荷物を淡々とかばんに詰め込んでいる。
 舞の手から、膨らんだそのかばんをひょいっと奪うと、拓巳は廊下を歩き出した。

「……サンキュ」

 舞は微笑んで、後に続いた。



「横浜の方にね、依存症治療専門の病院があって、そこにママ、入院することになったの」

 校庭の端を歩きながら、ポツリポツリと舞は話した。

「許すの?」

「ママのこと? もちろん! だってママがあんな風になったのは、クスリのせいだし。ちゃんと治るまで、あたししっかり支えてあげるんだ」

「そっか……」

 がんばれよ、と拓巳が言おうとした時。

「舞姉ちゃーん!」

 パタパタと軽い足音とともに駆けてきた正志が、拓巳の手から荷物を奪い取った。

「ぼくが運ぶ!」

「正志、それ重いよ、教科書入ってるから!」

「大丈夫大丈夫!」

 力んで言い、校門に向かってよたよたと走っていく。その先には、由紀奈が「舞ちゃん早く!」と手を振っている。

「あぁあぁもう、転びそう。どんくさいなぁ」

 呆れながら、しかしその口元はうれしそうに綻んでいた。

「りんご園に戻るの?」

 拓巳が聞くと、舞はきっぱりと首を振った。

「ママの治療費とか生活費とか、お金結構かかるし、働こうと思って。あの人のお店で」

 正志から荷物を受け取って車に積み込んだ男性を、舞は指した。

「桂木英輔さんていうの。ママの恋人。ママは、クスリのせいでなんか勘違いしちゃってたみたいだけど、英輔おじさんはね、ほんとにママのことが大好きなの。今回も弁護士さんとか病院とか、全部調べてくれて。ママがよくなって退院したら、わたしたち家族になって、今度こそ一緒に暮らすんだ!」

 有無を言わせぬ明るい笑顔に拓巳は口をつぐみ、「そんなにうまくいくかな」というつぶやきを、口の中で苦く溶かした。



「いろいろありがとね、新条。元気でね」

 小さくなっていく車を、拓巳はいつまでも見送っていた。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ