挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
聖家族 作者:門戸明子
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

23/32

米倉俊哉の話(下)

 コンコンコン……

 来るな! 来るな! 来ないでくれ!

 ハア……ハアハア……ハア……

 心臓がやぶれそうだった。

 汗がシャツに貼りつき、私の熱を奪っていく。熱いんだろうか、寒いんだろうか……? 正常に判断することすら難しくなっていた。
 ジャケットを脱げばマシになる……しかしそんな時間すら惜しかった。
 足が痙攣し、もうどちらの足を次に出すべきなのか、頭が判断しなかった。

 転がるようにして降りきり、やっとのことで地下駐車場へと続くドアをこじ開け、飛び出す。

 458イタリアへ飛びつき、その美しく冷たいボディに抱き付いた。

 ハア……ハアハア……ハア……

 私の呼吸の音だけが、大きく響いていた。

 ぺたりと車体に触れた頬から伝わる冷気が、私の熱を冷ましていく。

 その時。

 ガチャリ……非常階段のドアが、開いた。
私は息を止めてその先を見つめた。
 そこから出てきたのは……警備員だ。
 車に貼りついている私を懐中電灯で照らし出すと、

「こちらの会社の方ですか?」

「あぁ……あの、NAコーポレーションの……」

「はいはい。あれえ、お知らせいってませんか? 今日は電気ケーブルの総点検があるから、8時以降停電になりますって、全社にお知らせしてるはずなんですけどねえ」


 なんだそれは……。全身から一気に力が抜けた。

 愛車の中に崩れ落ちるように座り、ロックをかけ、ハンドルに抱き付いた。

 エンジンをかけようとして……その時、ダッシュボードからはみ出した写真が目に留まった。
 朝出かける際、そこへまとめて突っ込んだので、全部入りきらなかったらしい。
 舌打ちしてダッシュボードをあけ……そしてもう一度、写真を手に取った。

「これは……」

 中の1枚に目が留まった。
 路地裏らしい、薄暗く狭い空間で寄り添うように歩く私と明美だ。
 今朝見た時は気づかなかったが……それはカトレアの裏口で待ち合わせた時のものだ。
 あそこはその裏にあるホテルの通用口にほど近く、私たちはよくそこで待ち合わせ、ホテルへ入ったのだ。
 この角度から撮影されたということは……これはカトレアの店内からカメラを構えているんじゃないか?
 それはつまり、カトレアの関係者が撮影した、ということを意味している。

 綾乃……?

 綾乃は……カトレアのママだった。
 私の中に、疑惑が膨れ上がった。
 そうだ、そういえば、カトレアを最初に私に紹介したのは、仁科だったじゃないか!
 その時代から、綾乃には決まった男がいると噂があって……しかしそれが誰なのか、私は突っ込んで調べたことはなかった。関係ないと思っていたし……だがそれが、仁科だったとしたら?
 8年前の事件を調べていたとしたら?

 仁科の復讐を……私に?

 新条と組んだのか、それとも単独での行動なのか、それはわからない。
 だが……

 私は夢中で車を走らせた。外苑、四谷を抜け、神楽坂へ。瀟洒なデザイナーズマンションへたどり着くころ、まるで私自身が走り通してきたかのように、息が上がっていた。

「米倉さん」

 わずかに開いたドアの隙間に手を差し込み、むりやりこじ開けた。

「どうしたの米倉さんそんなに慌てて」

 くつろいでいたのだろう。スウェットの上下、ノーメイクというカジュアルな格好の綾乃が、顔をだした。
 この女は、私が小坂の影に怯え、恐怖している間、ここでくつろぎ、笑っていたのだ! 
 目の前が真っ赤になるかと思うほど、私は逆上し、綾乃の腕をつかんでわめいた。

「よくもだましてくれたな……!」

「え? な……何言ってるの?」

「仁科とつきあっていたんだろうが!」

「何? 一体何のこと!?」

 私は綾乃を突き飛ばし、土足のまま上がり込んだ。
 リビングに垂れ下がるシダのカーテンをつかんで力いっぱい引っ張った。あっけなく植木鉢は床に落ち、砕け、土をまき散らしながら崩れた。
 戸棚を一つ一つ引っ張り出し、中を乱暴にかき回しながら確認し、床にぶちまける。

「米倉さんっやめて! 何するの!!」

綾乃が悲鳴を上げたが、私は振り返らなかった。
 この部屋のどこかに、仁科と綾乃との関係を示す証拠が必ずあるはずだ。
 かならず、あるはずなのだ!

「お願いだからやめて!」

 くそっ! なぜ何も見つからないっ!!

 綾乃が隠しているのか!?
 私は暗い視線を背後に向けた。
 綾乃がおびえた目をして、後ずさる。

「や……今日おかしいわよ米倉さん」

 逃げようとする綾乃の腕をつかんで押し倒すと、馬乗りになって彼女の首を締め上げた。

「言え! テープをもう新条から渡されたのか!?」

「一体何のこと!?」

「新条に仁科を殺せと依頼したテープだ! 知らないわけはないだろう!」

 綾乃の目が大きく見開かれる。そこにあったのは、憎悪や嫌悪ではなく……純粋な驚きだけだった。

 え……?

 まさか、本当に知らないのか……?
 小さな声が私を咎めたが、私は構わず綾乃の首を締め上げた。
 いっそこのまま殺してしまおうか。
 綾乃の白い首を見ているうちに、私の精神状態はどこかおかしくなっていたのだろう。

「や……やめっ」

 細く、白い首……青く浮き上がる血管……ここをこうして、力を込めて……そうしたら……空気が遮断されて……

「社長!」

 叫び声がして、何者かが強い力で私を綾乃から引きはがした。

「おやめください! 何をなさっているんですか!」

 振り返ると、沼田の狼狽しきった顔があった。

「放せ! こいつは仁科の女だったんだ!」

 言いながら、私はふと、なぜここに沼田がいるのかと、いぶかしんだ。
 しかも、だ。バスローブをはおり、髪からは水が滴っている。
 これは……つまり。どういうことだ?

「綾乃とつきあっているのは自分ですっ!」

 一瞬、沼田の言葉が理解できずに、私は放心した。
 ゆるゆると、力を抜くと、沼田が綾乃を抱き起す。

「いつ……から」

「もう、10年以上になります」

「じゅうねん……だと?」

 綾乃がおびえたように震えながら沼田の胸に顔をうずめ、震えている。
 きつく抱き合う2人の前で、私はへたりこんだ。


 愛車を自宅の地下駐車場に停め、パーキングブレーキをかける。キーを回してエンジンを止めると、静寂が辺りを包み込む。
 458イタリアの中でため息をついた。
 ハイテク機器をそのエレガントなボディに隠して、あくまでも超然と、私を高みから見下ろしている美しきもの。
 なんと完璧な存在であることか。
ここにずっと閉じこもっていたい……。
少しずつ呼吸が静まっていく。

 誰だ? 一体誰なんだ?

 思考はブラックホールの中に落ちていくばかり。何も浮かび上がってはこない。完全に、私は目指すべきものを見失っていた。

 ふいに、コンコンと、ガラスがノックされ、私はハッと顔をあげた。
 祥子が窓ガラスをたたいていた。

「何やってるのよ? 音がしたから、もう上がってくるかと思って待ってたのに」

 私はため息をつき、ドアを開けた。

「少し考え事をしてたんだ」

「ほんとにあなたって、車が好きなのねえ。車の中にオフィス作れば?」

 冗談めかして言い、ふと振り返る。

「ね、夜食作るから、一緒に食べない? ワインでも開けて。だって今日は」

 私はそんなのんびりとくつろぐ気にはとてもなれなかった。

「悪いな。食欲がないんだ」

「……そう」

「ちょっとひとっ走りして、風にあたってくる」

「ふうん……いってらっしゃい」

 祥子はいつもと変わらぬ微笑みをうかべ、そのまま階段を上がっていった。


 私はグランツーリズモに乗り換え、エンジンをかけた。

 夜の街には、こいつが似合う。
 一気にぐんと加速させ、なめらかな走りを堪能する。

 高層ビルの明かりが、視界を煌びやかに覆いつくす。
 アクセルを踏み込むと、四方の光が、直線となって流れていく。
 やはり車はいい。
 窓越しに過ぎていく景色、視界に入るすべてが、自分のものになったような、超然としたこの気分。

 少し……落ち着こう。
 綾乃でも沼田でもなかった。では……誰だ?
 もう一度、幹部を一から洗い直すか。
 それとも、新条拓巳と一度会って話した方が早いかもしれない。何か知ってるかも……。

 そこまで考えた時、携帯の着信音が遠慮がちに鳴った。
 一瞬ハンドルを握る手が汗ばんだが、ディスプレイには「祥子」とある。
 私は力を抜き、スピーカーをオンにした。『あなた? 今どこ?』と祥子の声が車内に響く。

「首都高に乗るところだ」

『今日はマセラティでしょ?』

「そうだ。よくわかったな」

『ふふ……あなたのことなら、なんでもわかるわ』

「どうかしたのか? 何か買って帰ろうか?」

 そう聞くと、くぐもった音が聞こえた。どうやら笑っているらしい。

『ねえあなた』

「ん?」

『さっきわかったの。結局あなた、12年も一緒にいて、わたしのことなぁんにも理解してなかったんだなって。しようともしてくれなかったでしょう?』

 機械を通じてさえ、その声の冷ややかさは手で触れることができるようだった。

「祥子?」

『ねえ、あなた、今日が何の日か、忘れてるでしょ』

「今日……?」

 結婚記念日? 祥子の誕生日? いや、どれも違う……。

『ほぉら、やっぱり』

 バカにしたような笑いが聞こえる。

『命日よ。あの子の』

 あの子……?

 今度こそ本当に、心臓が止まるかと思った。……そうだ、あの子……私と祥子の、初めての子ども……!

『あなたは仕事ばっかりで、それでよかったでしょうけど。私の気持ち、考えたことある? 家に一人残された私の気持ち』

 彼女のまなざしが目に浮かぶようだ。パチパチと燃え散る氷のような火花を散らして……。

『年下の友達に、どんどん2人目3人目が生まれて、おめでとうって笑ってプレゼント渡して。ハイハイしたの、タッチしたの、ママって言ったの……そういう子育て話、笑いながら聞かなきゃいけないつらさ、あなた考えたことある?』

「そ……そんな友達と付き合わなきゃいいだろう」

 しかし祥子は私の言葉などもはや聞いていなかった。

『あの子が生きていたら、あの子が生まれていたら……何度も何度も考えた。子どもの声が聞こえるとね、あの子じゃないかっていつも振り返っちゃうの。ごめんね、産んであげられなくてごめんね、一緒にやりたいこといっぱいあったのよって謝って。でもどうしてですか、わたしの何がいけなかったんですかって神様を憎んで。あなたにその気持ちがわかる!? ……あの日、あなたがそばにいてくれたら。すぐに病院に行けていたら、あの子は死ななかったかもしれない! あなたが女のところになんか行かずに、せめて携帯に出てくれていたら!』

 その時になってようやく、私にはすべてが見えた。彼女の怒りが、私の浮気ではなく、子が失われてしまったあの日にあったことに――。

「だ、だが、不妊治療のチャンスはいくらでもあったのに、お前全然その気にならなかったじゃないか!」

『当たり前よ。新しい子が生まれれば、それでいいの? 死んでしまったあの子のことは、忘れてそれでおしまいなの? そんなこと……絶対に許さないわ』

 許さない……? まさか……まさか……

「それで、話したのか……新条に、小坂のことを」

 私を、破滅させるために?

『新条? 小坂? 一体なんの話?』

 何……? 違うのか?

『でも、あぁ翔也には話したわ』

「え?」

 翔也……あのホストのことか?

『あなたが仁科明美と不倫してたこととか、彼女を手に入れるために仁科さんを殺したこととか』

「な……! 殺してはいないっ!」

『直接にはね。でもコロシを依頼したのはあなたでしょ。翔也ったら、興味しんしんで聞いてくれたわ』

「お前……知ってたのか」

『あなた、わたしを空気か何かみたいに考えてるの? あいにくですけど、わたしには目も耳も、心もあるのよ』

 もう、周りの景色など何も見えなかった。 チラと考えもしなかった……。あのホストが、中目黒の事件を知っていたなんて……だとしたら、だとしたら、彼を殺したのは……!?

『そろそろ、カーブかしら?』

 え……?

『もちろんあなた一人を責めるつもりはないわ。結局わたしの体が弱くて、あの子を守り切れなかったことが原因だもの。だからわたしも一緒に行く』

「何を……言って……」

 コーナーがゆっくりと近づいてくる。深く考えることもなく、私の足は自動的に動いてブレーキを踏んだ。
 しかし……そこには何の感触もなかった。
 まるでスポンジに足をつっこんだかのような、ふにゃりとしたゴムの感触があるだけ。

 え……

 ブレーキが……効かない!

「お前……車に何をした!?」

『一緒に天国で、あの子に謝りましょう』

 通話はブツリと唐突に切れた。
 狂ったように私は何度も何度もブレーキを踏み続けた。しかし足の感触は変わることなく、スピードは少しも落ちる気配はなかった。

「うわあああああああ……!!!」

 ギリギリのコーナリング、私は必死にステアリングを切り続けた。しかしそれはもう無駄なあがき……ああ曲がり切れない……!

 私は12年間、祥子の一体何を見ていたんだ……所詮、夫婦など他人というこ
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ