挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
聖家族 作者:門戸明子
1/32

はじまり

 信号の色が変わり、おびただしい数の靴が一斉に動き出した。
 歩道の片隅、遺跡のように取り残された電話ボックスの中で、拓巳は途切れることなく続くその行列をぼんやり見つめていた。
 革靴、スニーカー、ハイヒール、ブーツ……ドロドロに汚れたもの、ピカピカのもの、ひもがほどけかかったもの……その数だけの生きざまをのせて、すり減らされていくものたち……。
 一体何度信号の色が変わっただろう。ふいに、甲高い声が拓巳の耳を突き刺した。

「恵まれない子どもたちに愛の手を!」

 いつからそこにいたのか、顔をあげると、厚紙で作った箱を捧げ持ち、「お願いします!」と声をあげる若者たちの姿が見えた。拓巳と同じくらいの年ごろだろうか。

「恵まれない、子どもたち……」

 口の中でつぶやいた拓巳は、ようやく自分が今ここに立っていることの意味を思い出したように、薄汚れた灰色の電話に焦点を合わせた。そしてゆっくり、手を伸ばす。
 チャリン……コインの跳ねる音にかぶせるようにナンバーをプッシュした。
 1回、2回と続くコール音。
 相手が出てほしいのかどうか、もはや拓巳にもはっきりとわからない。このまま相手がでなければ……。
 しかし音は突然途切れ、若い女の声が耳元で響いた。

『お電話ありがとうございます。NAコーポレーションでございます』

 とっさに何を言うべきだったか思い出せず、拓巳はパクパクと口を開閉させる。乾いた喉からは、ヒュウヒュウと正体不明の擬音が漏れた。

『あのぅ……?』

 女の声が、明らかな不信感とともに低くなる。

「えっと……」

 ようやく声がでた。

「す……すすみません。米倉さ……米倉社長はいますか?」

『……あの、失礼ですが……?』

 みなまで言わないが、名乗れという意味であることくらいはわかる。
 拓巳はごくりと唾を飲み込むと、迷いを振り切るように一気に言葉をつなぐ。

「8年前の件でお話したいことがあるっていえば、わかるはずです」


 のちに拓巳は思い出す。
 あの日、あの時、あの一本の電話をかけなければ、あるいは自分たち家族は、今も一緒に暮らしていたのではないだろうかと。

 しかしもう、すべてが遅かった。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ