挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
unconventional【スキル・メイク・オンライン】 作者:紺藤シグル
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

12/113

11話 時間帯

 零がゲームに戻ると、ゲームの中は夕方になっていた。

 (今現実世界の時間だと14時を少し過ぎたくらいのはずだな。)

 ゲーム開始から7時間と少し。ゲームの中の1日の長さは現実時間の16時間と説明書に書いてある。
 夕日に照らされた始まりの町もなかなか美しい。

 もともと煉瓦(れんが)造りの家が多いからか、(ただ)でさえオレンジ色の町が、さらにオレンジ色に染まりあがる。
 それもまた情緒があって良いものだった。

 しかしこのゲームに()いての時間の概念は、景色の変化だけではない。

 昼にしか出ないモンスター、夕方にしか出ないモンスター、夜にしか出ないモンスター。
 時間帯によって変わって行くためプレイヤーもその度に戦い方、準備の仕方を変えていかなければならない。

 (戦いに行くのは夜になってからにするか。それまでは素材を預けたり売却しに行こう)

 零は即座に決断して行動を開始した。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 素材はレッドゴブリンの耳だけを売却し、残りの素材は全て倉庫に預けてしまった。
 そして今は薬屋の前に来ていた。
 どんな物があるのか確認しようとしていたところで、着信音が鳴り出す。

 「何だ?」

 メールを開いてみると新たなエリアボス討伐者が現れたようだった。

 【全プレイヤーの皆様へ】

 『この度新たなエリアボス討伐者が現れました。
 エリアボスはレッドラビットです。
 3人パーティーでの討伐となっています。

 【大樹】
 【戦うコックさん】
 【正人】

 以上の3名です。
 彼らには1~3位賞金の合計である9万円の3分の1、3万円が支払われます。

 エリアボス討伐者報告でした。
 今後もスキル・メイク・オンラインをお楽しみください。』

 一通り読み終えた零は新たな討伐者の登場に笑みを浮かべる。

 「強いのか1度戦ってみたいな。」

 いつの間にか自然と独り言を呟いてしまっていた。

 「俺も負けてはいられないな。」

 零は新たなエリアボスを倒した彼らや、これから現れる討伐者に遅れを取るまいと、気持ちを高ぶらせる。

 「まずは準備からだ。」

 自らの目的を思い出し、また買い物に戻るのだった。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 薬にランプ、携帯食糧にホーンラビットの干し肉とコーヒーを持った零は、始まりの森の前まで来ていた。

 夜空には満天の星に大きな満月が輝いているため、始まりの草原はまだ明るい。
 ここに来るまでのモンスターに変化はなかったので、始まりの草原は昼でも夜でもモンスターが変化しないのかもしれない。
 変化しないなら、運営側がこれから来る初心者に配慮したのだろう。

 「よし。行くか。」

 零は軽い口調で言葉を発して、ランプを片手に始まりの森へと足を踏みいれた。

 森の中は、月や星の光が一切入って来ないと言っても差し(つか)えないほどに、真っ暗だった。
 木々や葉っぱによって光が(さえぎ)られているため、ランプの光が無ければ前はおろか景色など一切見えないだろう。
 このちっぽけなランプの光が生命線と言える状況だ。

 慎重に奥へと進んで行くが、特にモンスターには遭遇しない状態が続く。
 5分ほど歩いたところで前方からうめき声が聞こえてきた。

 グルルルと呻るように鳴く声に一瞬気を取られた(すき)に、横から1体の黒い影が飛び出して来る。

 素早くバックステップで躱すと、目の前には戦闘チュートリアルで戦った、ブルーウルフが紺色の毛並みでランプの光を反射しながら横切った。  

「チュートリアルよりもスピードが早いな……」

 明らかに素早くなっているブルーウルフに苦笑いを浮かべる零。
 横切ったブルーウルフが着地すると同時に、2体目が同じ方向から時間差で飛び掛かって来る。
 さらには前方で呻き声を上げていたブルーウルフまで飛び掛かって来た。

(右斜め前には着地したばかりのブルーウルフが居て、前方と左からは飛び掛かってくるブルーウルフか……。)

 冷静に状況分析をした零は、まだこちらに向き直ってない右斜め前にいるブルーウルフの背中を、踏み台にしながら蹴りを入れる。
 その勢いで空中でバク宙を決めると、零の真下を2体のブルーウルフが交差する。

 その瞬間を零は見逃さずに剣で斬りつけた。

 2体の頭を華麗に斬りつけた零は、ぶつかって地面に落ちた2体に止めを刺すために、片膝をついて着地した瞬間に倒れている1体を剣で横に薙ぎ払う。
 さらにジャンプして奥の1体の脳天を、重力に逆らわずに剣で突き刺した。

 1体は絶命し1体は致命傷を負ったため動けそうにない状態。
 先ほど背中に蹴りを入れられた1体はその衝撃で倒れていたが、今は起き上がっている。
 しかし自らの不利を悟ったようで、こちらを警戒しながら逃げ出して行った。

 零は深追いすることは危険と判断して追うことはせず、まだ息のある1体を静かに止めを刺した。

「本当に頭の良いAIだな。」

 前方で呻き声を上げて注意を引き、違う場所から襲い掛かる。
 しかも失敗した時のための時間差攻撃、それも2体同時での攻撃の2段構え。

「今回は3体だったから良かったが、さらに数が増えると厄介になりそうだ。」

 左手に持っているランプを見て、さらに溜め息をつく。
 片手を封じられてしかもランプという守る対象が増えている。

「今度からはランプを地面に置いて戦ってみるか?」

 零は頭の中でイメージトレーニングをしながら、ブルーウルフの剥ぎ取りを始めるのだった。 








 
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ