挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
unconventional【スキル・メイク・オンライン】 作者:紺藤シグル
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

1/113

1話 理由

 雲一つない炎天下で、真剣を振る青年がいた。

 目を閉じて、まるで何かと戦っているかのように刀を振る。
 俗に言うイメージトレーニング、シャドーボクシングといったところだろう。

 仮想の敵と戦っているのだ。

 まるで舞いを(おど)るように戦っていた青年は、細かい足捌(あしさば)きから刀を突き出す。
 その突きは一切のブレがなく、ただ真っ直ぐ相手を貫いたように見えた。
 そして()ぐさま引き抜いて後ろに飛び退くと、ゆっくりと刀を鞘に戻す。

 戦闘が終わったのだろう。
 肩を軽く上下させて溜め息を吐く。
 そして青年は閉じていた(まぶた)をゆっくりと開けた。

 「面白くなってきた」

 切れ長の目を細めて、口の端を少し上げてニヤリと笑う。
 その瞳の奥には何かを待ち望み、今か今かと猛る気持ちを炎にして燃やしていた。

 「スキル・メイク・オンラインか……」

 スキル・メイク・オンライン、それは一人の男が作り出したVRMMO。
 つまりバーチャルリアリティ空間で行われる大規模オンラインゲームのことだ。

 その一人の男が作ったオンラインゲームの中では、敵を狩って手に入れた素材で作った武器や防具、そして数えきれないスキルによってプレイヤーが成長する仕組みになっている。
 プレイヤーがレベルアップすることはないが、代わりにスキルレベルが存在し、
(おのれ)の力でスキルを手に入れて、成長させていくのだ。

 手に入れたスキルで戦うも良し、鍛冶をするも、料理をするのもその人次第。
 職業の概念もないため、昨日まで最前線で剣士として戦っていた人間が、いきなり鍛冶屋に変わることもできる。

 しかし青年が興味を魅かれたのは違う理由だ。
 それはとてつもなくリアルだということ。
 ベータテストをしていた人間たちが、そのあまりのリアルさをネット上で次々と述べていた。

 『ゲームでステーキを食べたら、まるで本物のステーキを食べてるかのような味がした』

 『戦闘がリアル過ぎた。痛みを感じるし迫力も凄い。血も出るし、体は現実世界のものとまったく感覚が一緒だった』

 その賞賛の数々を見て、青年の心は魅かれたのだ。

 青年は戦いたかった。

 それは剣道や柔道、ボクシングやK1などのスポーツではなく、命を懸けた、遠慮やルールの無い戦いがしたかった。
 しかしそれは現実世界では決して許されないことであり、青年もそのことを当然のことだと認識している。
 何故なら人の命を奪ってしまうことになるからだ。

 青年も別に人を殺したいと思っているわけでは無い。
 青年はあくまで剣や槍や弓で、ルール無しの戦いがしたかったのだ。
 現実世界でも本当の戦争をしている場所に行けば、その剣を振るうことができるかもしれないが、近代兵器での戦いに剣で参加しようと思うほど愚かではない。

 しかし『スキル・メイク・オンライン』。

 そのゲームの中ならば、そんなにもリアルなゲームの中なら戦うことができるかもしれない。
 ルール無しの、しかも自分の技量を試せるような色んな敵と。
 そう思い至り、ゲームを買うことを決心したのだ。

 『戦闘狂』

 (いつか誰かに言われたことがあったが、確かに少しそんなところもあるな)

 苦笑いしながらも、やはり楽しみなことに変わりはなかった。

 ゲームが開始されるのは明日だが、ゲーム機が到着するのは今日。
 セットアップや説明書を読む時間を考慮しての、製作者側からの配慮だった。
 庭から家の中に戻り、シャワーを浴びて服を着ると、家のチャイムが鳴る。
 玄関のドアを開けると、宅配便のお兄さんがいた。

 「お届け物です」

 「ありがとうございます」

 サインをして、トラックにあるカプセル型の機器を部屋に入れてもらう。
 大きさや性能を考えても、5万円は安すぎだと感じてしまう一品だ。
 宅配便の人が帰ったのを尻目に、すぐさま説明書に目を通す。
 頭に叩き込むと、ゲームをセットアップしてカプセルの扉を、車のトランクのように上に開け、中に入った。

 中はベッドのようになっているので、そのまま横たわる。
 頭にヘルメットのようなものをかぶり、目を閉じて電源を入れた。
 するとその瞬間浮遊感を(おぼ)えて目を開けそうになったが、そのまま頭が真っ白になったため、目を開けることはなかった。











+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ