挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
深淵少女シマモモコ 作者:雨宮ヤスミ

[零]そして鱶ヶ渕は砂の中へ

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

37/46

「忘れるな。深淵をのぞくものは等しく深淵に見返されているのだ」
 

 その日出現したのは、大きな蛇のような「ディスト」だった。

 灰色の町を長細い体をくねらせて這いずっている。

「蛇型……いえ、頭に角があるわね」

 ならば龍型とでも呼びましょうか。トウコはその「ディスト」の姿を高いビルの上から見つめてそう呟いた。

 遠くではあの腕の長い巨人型が突っ立っているのが見える。あちらは新人とアキナがあたるらしい。

 もう一頭、この龍型が出現しているが、そちらはオリエと新人三人でやるのだとか。

 やれやれ。まるで祭りじゃないか。トウコの見立てでは、この龍型は巨大さに反して大した力は持っていないようだった。「プログレスフォーム」をとる必要もない。

 トウコは右目を金色に輝かせた。誘導弾の照準を龍型の長細い体のそこかしこに貼り付ける。

『そちらは大丈夫かい?』

 パサラから通信が入る。

「すぐに終わる」

 端的に応じると、『おや』とパサラは意外そうな声を上げる。

『アキナと新人に、こっちに向かうよう指示してしまったんだけど、オリエ達の方にいかせればよかったかな?』
「この程度の相手、群れて挑むほどではない」

 トウコは構えた「エクリプス」の引き金を引き、ビルの側面を滑り降りる。十八発の光の弾丸が降り注ぎ、辺りを一瞬白く染めた。



「何だ、片付く直前だったとはな」

 気楽そうに話すアキナの声が聞こえてきて、トウコは彼女のいるビルの上に向かった。

「遅い」

 不機嫌に言うと、アキナは呆れたように笑い、その後ろにいた緑の髪の少女はその身をびくりと震わせた。

 トウコには彼女の顔に見覚えがあった。葉山ミリカだ。こいつが次の「エメラルド」か。

「わたし一人で倒してしまったわ」

 後ろ髪をかき上げて、トウコはアキナを見やる。

「よく一人であんなでかい蛇を倒せたな」
「龍よ。角があった」

 訂正して、トウコは「エクリプス」を腰のホルスターにしまう。そして左手の人差し指をアキナに向けた。

「あなたとは年季が違う」
「年季って、三日しか違わないじゃないか」

 アキナは首を横に振って苦笑うと、「ああ、そうだ」と「エメラルド」――葉山ミリカの方を向いた。

「こいつが『パール』の成田トウコだ」

 トウコが一瞥すると、ミリカはびくりとして頭を下げた。何だか謝られているようで、いたたまれない気持ちになる。

「新人の『エメラルド』の……」
「葉山ミリカでしょ? 知っているわ」

 ミリカが自分から名乗らないので、トウコは先回りして応じた。

「パサラに……」
「聞く前から」

 トウコはミリカに近付き、その姿をじろじろと見回す。なるほど、補助型か。いかにも葉山らしい。ミリカが怯んだ様子で後ずさるので、つい追いかけてしまう。すると、ますます怯えた目を泳がせる。

 こんな反応をしていたら、相手をつけ上がらせるだけなのに。トウコは内心で呆れた。

「あなたのような人畜無害なタイプが『ディストキーパー』になるとはね」
「知り合いだったのか?」
「去年隣のクラスで、体育が同じだった。マラソンで最下位だったから、よく覚えてる。葉山さんが来るまで待ちましょう、って言っていたから」

 我ながら酷い覚え方だが、とトウコはミリカをまたじろじろと見やる。絶対に視線を合わせず、少し蒼い顔をしている様は、去年の体育の時とちっとも変っていない。

 「ディストキーパー」になったというのに、ずっとこんな逃げ腰でいるつもりなのだろうか。おどおどびくびく、この調子で務まるのだろうか、と不安になる。

 同時に、トウコは少し懐かしいものを感じていた。そうだ、わたしも――志摩モモコもそうだったじゃないか。

『そちらも終わったみたいだね。「アンバー」たちの方も終わったよ』

 そこで、パサラの通信が割って入ってくる。

『どうする? このまま合流して残りのメンバーと面通しするかい?』

 アキナがこちらを見てくるので、トウコは首を横に振った。

「必要ない。いつか必ず会う相手なんだから。それに慣れ合ってもいいことないし」
「だそうだ」

 ため息まじりに、アキナはパサラに伝えた。

『了解。じゃあ、今日は解散ということで。お疲れ様』
「ああ、お疲れ。じゃ、帰るわ。あたしここ近くだし」

 ミリカも、また頼りにさせてもらうよ。そう声を掛けられて、ミリカは少し嬉しそうに見えた。

 こんな箸にも棒にもかかりそうもないのをつかまえて、「頼りにする」とはアキナも後輩の扱いがうまい。体育会系だからか、とトウコは妙な感想を抱く。自信なさげなタイプだし、そうやって励ますのはいいことだろう。

「葉山」

 トウコはミリカの苗字を呼んだ。ならば、こちらは少し心構えを伝えておくことにするか。ミリカは身を固くし、目を伏せる。そんな調子でどうする? 「過剰に不幸」な状態は脱し、一つ世界を思う通りに変えたというのに。

 それとも、思う通りにしても「不幸」のままなのか? ならば、その「最初の改変」はお前の真に望むことではなかったのだろう。せっかく心の奥底をのぞいたのに、湧き出てくるものから目を背けたのだ。

「忘れるな」

 だとするならば、いつかお前の深淵から、それは滲み出てくるだろう。
 だから、わたしは願う。それがお前の身を「怪物」に変えてしまわないことを。

 例え「怪物」となってしまったとしても、一緒に背負ってくれる誰かがいることを。

 そしていつか、心のままに自分が決めたように生きられる日が来ることを。

「深淵をのぞくものは等しく深淵に見返されているのだ」

 意味が分からなかったのだろう、ぽかんとするミリカを置いて、トウコは隣のビルに飛び移る。そこのドアから人間界へと戻った。

 今日は何故だか、こちらから帰りたい気分だった。夜の明かりに彩られる街並みを見下しながら、トウコはビルからビルへ飛び移っていく。

 鱶ヶ渕の街は平穏な夜の中にあった。近く、砂に沈んでしまうことなど今はまだ知る由もなく――。



〈深淵少女シマモモコ 了〉
 →To be continued "EMERALD stray into the Abyss" ……
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ