挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
深淵少女シマモモコ 作者:雨宮ヤスミ

[二]死に行くもの達の終わり

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

32/46

2-1

「友達だから、ですね」
 

 浅木キミヨの治療は、思った以上に時間がかかった。「ディストキーパー」でないがため、再生力が低く傷を塞ぐのに苦労した。

 パサラがどこからか調達してきた血液パックで輸血まで行い、どうにかキミヨは一命を取り留めた。気を失ったままの彼女を保健室に寝かせ「インガの裏側」へ入ったが――そこで衝撃的なものを見つける。

 校舎裏に転がった、首のないのと、焼け焦げたものの二つの死体。変わり果てた二人の仲間を見て、トウコはアキナの暴走が深刻化しているのを知った。

 そこからは「インガの改変」の気配を追って、ここまでやってきたのだが……。

「これはどういう趣向かしら」

 トウコは、傍らのエリイの死体を見下ろす。転がった弓と、伸びた右手。彼女も最後まで戦おうとしたのか。クズなどと言われていた男なんかのために。憧れに手を伸ばして、太陽に近づきすぎて焦がされ、溶かされ。

 いや、わたしだって似たようなものか。日陰の住人のはずが、光を背負って戦うことになった。そして今は、憧れた彼女のために、彼女自身に銃口を向ける。

「トウコさん、前にいるのは、姿は変わっちゃってますけど、アキナさんで……」

「あなたも随分とおかしな格好をしている」

 前衛型のような短いスカート、そして開くことのない目。責任に感じて無茶でもしたのだろう、と容易に想像がついた。

「みんな、死んでしまって、でも暴走だからきっと元に……」
「分かっているわ」

 トウコはサヤの頭をぽんと撫でた。

「ここからは、わたしが何とかする」

 休んでいなさい。言い置いて、トウコは「エクリプス」の引き金を引いた。

 「ルビー・アエーシェマ」は光の弾丸をものともせず、紫の炎を噴き上げて躍りかかってくる。

 燃え盛る右腕の一撃を最小の動きでかわし、近距離から銃弾を叩き込む。

 ダメージはない。あの紫の炎の性質は、三ヶ月前と同じ攻防一体か。
 ならば、とトウコは「ルビー・アエーシェマ」を蹴りつけて飛び退き、右の拳銃を指で回して弾を装填する。そして右目を金色に輝かせ、引き金を素早く三回引いた。

 銃弾は光の尾を引いてくるくると飛び回り、「ルビー・アエーシェマ」にまとわりつく。いつか闘士型に使った気をそらす弾だ。ハエのように飛び回るそれを「ルビー・アエーシェマ」は体から炎を噴き上げてかき消す。

 大きく燃え上がり、一瞬炎の消えた隙をつき、トウコは右の拳銃を発砲した。

「『パーシャル・エクリプス』」

 「部分蝕」の名の示す通り、束ねた弾の数は少なく控えめな威力であったが、虚をつかれた「ルビー・アエーシェマ」はたたらを踏んだ。

 思ったよりダメージは少ないが、本命はこちらだ。充填しておいた左の拳銃を向ける。

「『ルナ・エクリプス』」

 九発分の弾丸を束ね、増幅した光が「ルビー・アエーシェマ」を飲み込む。

 やったか? 巻き起こった土煙を見やり、トウコは油断なく拳銃を構え直す。

 「ディスト」の、あの叫び声がした。ダメージを受けた悲鳴というよりは、雄叫びのようだった。

 トウコは両手の拳銃を前に突き出す。再充填からの「トータル・エクリプス」で一気に――!

 立ち込める土煙を貫いて、「ルビー・アエーシェマ」は姿を現した。予想よりも接近が早い。急に目の前に現れたその姿に、反応が一瞬遅れる。

 「ルビー・アエーシェマ」はトウコの手から「エクリプス」を蹴り飛ばす。更に着地した足を軸に、流れるような回し蹴りを首筋に見舞う。

「ッッ……!」

 よろめいたトウコの腹部に、「ルビー・アエーシェマ」は膝蹴りを放った。

「……ぐっ」

 うずくまるように腹を押さえるトウコの無防備な首筋に、「ルビー・アエーシェマ」は両腕を組み合わせ、ハンマーのように降り下ろした。

 潰されるようにうつ伏せに倒れたトウコの頭に、「ルビー・アエーシェマ」はゆっくりと足を乗せる。めりめりと、徐々に体重をかけてくる。

「ぐぁ……!」

 いたぶるのを楽しむようにゆっくりと。性質の悪い……! トウコは手足を踏ん張って踏み潰されないように耐える。自慢できることではないが、生憎と昔のわたしのころに、こういう体勢はとらされ慣れている。

 だが、絶望的な押し合いであることに変わりはない。向こうの方が力がかけやすい上に体重も重い。

 不意に、上からの圧力が弱まる。大きな「ディスト」の声、今度は雄叫びではない。間違いなく悲鳴だ。

 転がって足の下から体を逃がし見上げると、真っ黒い影の塊が「ルビー・アエーシェマ」を取り巻いている。全身の紋様を黒く染め、紫の炎の噴出を抑え込んでいた。

「トウコさん……」

 サヤであった。意外にしっかりした足取りだ。もう回復したのか? いや、その目はまだ固く閉じられている。手にした白い杖で辺りを探るようにしながら、ここまで歩いてきたようだ。

 拘束は強烈なようだ。「ルビー・アエーシェマ」は、ぎこちなく四肢を振るい逃れようとしているが、徐々にその動きすらも鈍くなっている。

「一人で戦わせて、すいませんでした……」
「別にいいわ。ここからが本番ね」

 いえ。サヤはかぶりを振った。これで終わりです。確信に満ちた口調だった。

「わたしの命をもって、終わらせます」

 命……? トウコが眉をひそめた時、サヤは数歩前へ進み出た。

「いつだったか、言いましたよね。回復って自分の『インガ』を削って分け与えるのと同じだって……」

 トウコが回復の光を覚えたときのことだ。

「わたしの闇は回復なんてできません。いつものあの影は、病や呪いのようなものです……。それでも、誰かに与えるのは変わらない」

 この「インガの裏側」で、影を持つのは闇の「ディストキーパー」だけであった。サヤは普段、自分の影を相手に伸ばして攻撃している。だが、今はサヤ自身から闇が染みだしている。いや、サヤの体自体が溶けだしていた。自分の「インガ」をすべて、相手を押さえ込む影に変えているのだ。

「三住、あなた……!」
「止めないでください!」

 強い口調だった。駆け寄るどころか、立ち上がるのもためらわせるほどに。

「本当なら、もっと早くこうしておくべきだったんです。そうしたら、死ぬのはわたしだけで済んだのに……」
「何を言っているの……?」
「見えないふりをしていたんです。見えるようにとお願いして、『ディストキーパー』になったのに……」

 サヤは 手にしていた白い杖を落とした。いや、持てなくなったのだ。右手がどろりとした闇色の液体になってこぼれていく。

「こんなことをしなくても、一緒に戦えば……」
「二人がかりでも勝てないことぐらい、トウコさんなら分かっているでしょう?」

 確かに、トウコもそれは感じていた。元のアキナ以上の体術と、攻防一体の強力な炎。最初の暴走の時と状況は似ているが、相手の強さが段違いだ。一人増えたところで戦況を覆せるとは思えない。

「だからって、あなたを犠牲になんて……」
「二人で死ぬより、どちらかが生き残った方が、うれしいじゃないですか」

 サヤは膝をついた。足も溶け始めていた。

 大きな音を立てて、「ルビー・アエーシェマ」も仰向けに倒れる。立つという感覚を忘れ去ったかのように、じたばたと腕を動かす。

 脚部の紫の炎を吹き出す紋様は黒く変色し、それは脛から腿を経て腰にまで達しつつあった。黒の侵食が進むほどに、サヤの体は闇にほどけていく。

「わたしはこう見えて、あなたより長く生きてるんです。長らく『ディストキーパー』でしたから。だからいい機会で……その……」

 言いかけて、サヤは首を横に振った。

「いえ、違いますね。そんな理屈じゃなくて、そう……」

 友達だから、ですね。

「トウコさんも、そう思ってくれたら、いいなって……」

 見上げるその目は閉じられているが、真摯な思いの伝わってくる言葉だった。

 だからこそ、胸がいっぱいになって何も言えなかった。代わりに、右腕と両足をなくした彼女の、最後に残った手をトウコは握った。サヤも、それを握り返す。

「ありがとう、トウコさん……」

 充分に、伝わったようだった。安心したように、サヤは笑う。笑ったその顔も、闇に溶けていく。

(どうか……)

 幻のように、サヤの言葉が響く。

(アキナさんを救ってください……)

 それを最期の言葉に、トウコの手の中からサヤだった闇がこぼれて消えた。

 「ルビー・アエーシェマ」は、完全にその動きを停止していた。紋様を染めたのと同じ黒が、頭部の七つの目をも覆っていた。

 トウコは、傍らに落ちていた白い杖を拾い上げた。柄を握りしめていると、頬を水滴が伝った。

 こうなってからは、泣くことなんてありえないと思っていたけれど。トウコは、一滴だけ堪えられなかった真珠のようなそれを、拭わずにおいた。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ