挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
深淵少女シマモモコ 作者:雨宮ヤスミ

[三]雷の目覚め

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

27/46

3-1

「そんな悲壮な顔しなくても。誰も死なないわ」
 

 アキナとエリイが戦い始める数分前、トウコは校門の辺りにいた。

 さすがに二日続けてアキナを問い詰める気にはならない。何となく、昨日から気力も萎えていて調子が悪かった。

 校門を出る制服の群れに混じって歩いていると、前から声を掛けられた。

「トウコさん!」
「やっほー」

 サヤとシイナだった。サヤは例の私立中学の制服、シイナはラフなTシャツ姿だった。

「あなた達、どうしたの?」
「アキナさんの記憶を摘出するために、力を貸してくれってオリエさんが」
「急に学校に来いって言うから、制服見つかんなくて焦ったにー」

 焦った割に私服のままで、そうかと思えば頭の三つ編みはばっちりくくっている。というか普段学校に来ていなかったのか、とトウコは呆れた。

「トウコさんも来れるなら来てほしいって」
「何か、戦力集めてるみたいだぜい」

 聞いてませんか、と問われてトウコは首を横に振った。昨日そんなこと一言も言っていなかった。何とかしようとは言っていたが、まさか翌日すぐに実行するとは。

「まったく、立花は何を考えているのやら……」
「あの人のことは深く考えたら負けだべ」

 どこかしみじみとシイナが言った時、校舎の方から悲鳴が上がった。

「何ですか、今の?」
「うちの学校民度が低いから、時々サルみたいに叫ぶバカがいるんだよ」
「いや、今のはその類ではない」

 気楽なシイナを尻目に、真剣な顔でトウコは校舎をにらむ。

「……アキナさんって、暴走状態にあるんですよね?」
「まさか、はあるかもにー」

 トウコは下校する生徒たちの流れに逆らって走り出した。サヤとシイナも後を追ってくる。

 校舎の中に入り、二年生の教室がある二階の廊下へ向かう。階段を上ってまず目に入ったのは人だかりだった。

 血のにおいがする。トウコは野次馬をかき分け、廊下の奥へと進む。

「キミちゃん! キミちゃん! 大丈夫!?」

 女子生徒の悲鳴に近い呼びかけが響く。人垣の中心には赤い水たまりができていた。そしてその上に転がる、わき腹に穴を開けた浅木キミヨ。

「これは……!?」 

 その時、急に重石を乗せられたような感覚がトウコを襲った。次いで、「インガの改変」の時に感じるあのちりちりした気配を、大きくしたようなものが体を通り抜けた。

 やがて腹の底に響き渡るような重低音と共に、重石はふっと軽くなる。

「あれ? 何か急に静かに……?」

 よく見ると、周囲にいた生徒たち声どころか動きがぴたりと止まっていた。

『「空間断層結界」を張ったのさ』

 いつの間に現れたのか、廊下の真ん中にパサラが浮いていた。

『一旦、この廊下だけを現世の「インガ」の流れから切り離した』

 一時的な処置で五分程度しか持たないがね、と付け加える。

「一体この場で何があったの?」
『エリイとヒメが、アキナに攻撃を仕掛けた。巻き添えでアキナの友人が倒れた。三人は「インガの裏側」に移動、現在も戦闘中だよ』

 淀みなく簡潔に、パサラは状況を伝えた。

「にゃるほど……復讐かい」

 先走り過ぎだぜエリりん、とシイナはかぶりを振った。

「そう言えば、オリエさんは?」

 二人を呼び出していたのだから、帰ってしまったとは考えにくい。この騒ぎに気付かないオリエではないだろう。何か企んでいるのか、とトウコはつい警戒してしまう。

『オリエは現在、別の場所で「ディスト」と交戦中だ』
「今、『ディスト』が出現しているというの?」
『ああ。少々特殊な相手でね。君達がかつて遭遇した闘士型なんだが……』

 パサラは体を揺すった。

『オリエは「自分が片付ける」と引き受けて今朝から「インガの裏側」に入って、一人で戦っているんだよ』
「今朝ぁ?」
「しかも、一人でってどうしてそんな……」

 確かに闘士型は強力な「ディスト」だが、それにしたってあのオリエが負けるとは思えない。本人も軽く片付けて戻ってくるつもりだっただろう。だからこそ、サヤやシイナに予定が変わったと連絡しなかったに違いない。

 だが、そうはならなかった。何らかのアクシデントがあったと考えるのが妥当であろう。

「オリエさん、大丈夫なんですか?」
『かなり苦戦しているようだ。五十体近い闘士型を相手取っているからね。当然と言えば当然か』
「そんな、すぐに助けに行かないと……!」
「ちょい待ち、サヤサヤ」

 シイナはサヤの肩を押さえる。

「アッキーの方、どうすんのさ? 後、そこの血まみれちゃんも」

 さすがにほっとけないっしょ、とシイナは肩をすくめる。
 傍目に見て、浅木キミヨの出血は酷い。この状況ならば、「インガの改変」で消してしまった方が効率が良いのではないか、とトウコはちらりと思う。

『その少女なら、一応「インガ」が進むのは止まっているから、まだ死んではいないよ』

 それでも一刻を争う状況であることに変わりはない。

「彼女の治療ならわたしが当たるわ」

 けれど、トウコはそう名乗り出た。この場で治癒能力を持つのは、トウコだけであるし、それに何よりこの子はアキナの友人だ。正気に返って、友達が死んでいましたではやりきれまい。

「オッケー、トウコちん。じゃあそれ終わったら、オリエさんの方に回ってくんない?」
「わたしが?」
「不本意かもだけどさ、あたしらが先にアッキーの方に行って何とかした方が、いいと思うんだよね」

 あっちは最悪三人とも死ぬ、なんてことにもなりかねないし、とシイナは推論を述べる。

「トウコちんなら一人でも十分な戦力だしね。アッキー倒しとくから、オリエさん助けてこっちに連れて来てよ」

 手分けしての効率プレイは基本さね、とシイナは笑ってみせた。

 トウコは大きく息をついて、硬直している女生徒らの人垣をかき分け、浅木キミヨの体を抱え上げる。

「トウコさん……」

 サヤは上目遣いにトウコを見上げた。

「オリエさんのこと、よろしくお願いしますね。アキナさんは、絶対にわたし達が助けますから」

 約束します、とサヤは小指を出した。それにトウコは指を絡めず、そっと押しのけた。

「そんな悲壮な顔しなくても。誰も死なないわ」
『「空間断層結界」保持可能期間残り一分、急いでこの場を離れてくれ』

 パサラがそう告げるのを聞いて、三人は「ホーキー」を取り出した。

「いくよ、サヤサヤ」
「トウコさん、本当によろしくお願いしますね」
「分かっている」

 うなずき合って、三人はそれぞれのすべきことのために別れた。


 この時、指切りをしなかったことを、後にトウコは大きく後悔することになる。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ