挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
深淵少女シマモモコ 作者:雨宮ヤスミ

[三]雷の目覚め

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

26/46

3-2

「そういう子たちを裁く権利、じゃないな権威があるのかなって」
 

 翌日の放課後、アキナはキミヨと連れ立って廊下を歩いていた。廊下は部活に向かう者や家路につく生徒、掃除当番などで少々混み合っていた。

「変なこと言って悪いんだけどさ」

 不意にキミヨはアキナを見やる。

「何か、ちょっと変わった?」
「何が?」

 アキナ自身がさ、とキミヨは首をかしげる。

「ちょっと迷いがなくなったっていうか……」
「いいことだろ?」

 どうだろ、とキミヨは曖昧な笑みを浮かべる。

「今日もさ、×××××さんともめてたじゃん」
「アレは調子に乗り過ぎだ。兄貴が不良だか何だか知らないけど」

 いじめられてる子もいるみたいだし、確かによくないとは思うけどさ、とキミヨは肩をすくめて見せる。

「でも、アキナがそれをする必要ってあるの?」
「どういう意味だよ?」
「そういう子たちを裁く権利、じゃないな権威があるのかなって」

 アキナは「むう」とうなって自分の手を見た。

「周りをよくしていこうって思うのは分かるよ? でも、今の方法でいいのかな?」

 やりすぎちゃってないかな。キミヨはアキナの瞳をのぞきこむようにした。

「あたしにはさ、力があるわけだろ?」

 しっかりと見返して、アキナは言い切った。

「その力の及ぶ範囲のことを、してるだけさ」
「本当に?」

 動じずに、キミヨはアキナの目を見たまま尋ね返す。

「本当に、その手の届く範囲のことなの?」

 昨日ぐらいからちょっと変な気がする。視線を落とすキミヨに、アキナはたじろいだような表情を浮かべた。

「変、かな?」
「ちょっと、だけど……」

 その時、背後から大きなざわめきが聞こえた。そして強い風が廊下を駆け抜けた次の瞬間、「あ!?」と声を上げてキミヨが倒れた。

「どうした!?」

 左腕を下にして倒れたキミヨの体から、赤いものが流れ出して廊下を染める。強い鉄サビのにおい、悲鳴が上がった。制服の右のわき腹に穴が開いている。

 アキナは背後を振り返った。そして、廊下の真ん中に立ちこちらを見据えている彼女をにらみつけた。

「エリイか、何のつもりだ……?」

 にらみ返すエリイの姿は、「ディストキーパー」のそれであった。得物の弓を構え、二の矢を撃てる状態だ。周りの生徒は、それを遠巻きに見ている。

「それはこっちのセリフよ、漆間アキナ」

 同時に放たれた風の矢を、アキナは払いのける。左手の甲に「コーザリティ・サークル」が浮かび、前夜と同じように「ホーキー」をささない内に割れた。

 アキナの姿が変化し、どよめきが起こる。紫色の炎に覆われたアキナは、エリイに向かって構えを取る。

「その炎、やっぱり暴走してるってことね……」

 呟いてエリイは風の矢をつがえる。

「あんた、どうしてあの人を殺したのよ?」
「あの人? ああ、お前の彼氏か」
「そうよ、分かってんじゃない、この人殺し!」
「仇討ちってワケか。あんな男のために……」
「あんたがあの人を語らないで!」

 第三射もアキナはやすやすと払いのけた。

「まあ、仇討ちってことまでは理解してやる……」

 だけどこいつはどういうつもりだ? アキナは倒れているキミヨを見下す。

「何でキミヨを狙った!?」
「あんたがあたしの大切なものを壊すなら、あたしもあんたのものを壊してやる」
「ふざけるなよ……」
「あんたがね!」

 第四射目をも払いのけ、アキナはエリイに突進した。またも周りの生徒から悲鳴が上がる。逃げ出そうとする者の姿もある。アキナの拳は、しかしエリイに届かなかった。

「ヒメか!」

 アキナの突進を阻むように現れたヒメは、武器の扇でアキナの右手を止めた。

「お前、あの男とエリイが付き合うの、嫌だったんじゃないのかよ」
「嫌だよ」

 はっきりとヒメは応じた。

「死んだって聞いて、正直安心した。いなくなってよかったって。でも、エリイは本当に悲しんでた。泣いてたんだ。それを見て、ホッとした自分が許せなくなった」
「だから手を貸すってワケか……こんなバカな真似に!」
「バカな真似をしたのはあなたも同じ」

 扇を蹴り上げ、アキナはヒメに拳を振るう。ヒメは大きく飛び退ってかわし、左にのいた。射線上からヒメがいなくなってすぐ、エリイが矢を射かけてくる。

「当たる……がッッ!?」

 それは、アキナが今までいなしてきた風の矢よりも圧倒的に早かった。胸の装甲に突き刺さり、雷と共に爆ぜた。

「ぐ……これは、雷……?」
「あたしの新しい力、『彼』がくれたこの力で、あんたを殺してやる!」

 エリイは一際大きな雷の矢を放つ。それはアキナに到達する前に三つに分かれた。アキナは身をよじるが、間に合わない。右肩、左脇腹、左膝を突き抜ける。

「ぐああああ!?」

 膝をついたアキナを見て、ヒメはエリイに声をかける。

「エリイ、そろそろ場所を……」

 ヒメは「ホーキー」を教室の戸にかざし、鍵穴を出現させた。ヒメが鍵を開いて、二人は「インガの裏側」へと入っていく。

「待て!」

 何が仇討ちだ、バカな真似だ。何でそれにキミヨが巻き込まれなくちゃならないんだ。あれは殺されて当然のクソ野郎だぞ?

 よろめきながら壁に手をついて立ち上がり、アキナもその後を追う。その目は「ルビー」の名を冠すにふさわしい赤色から、体を包む炎と同じ紫色に濁っていた。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ