挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
深淵少女シマモモコ 作者:雨宮ヤスミ

[四]怪物と人の心

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

20/46

4-4

「そんな浅い『改変』で、あんなに強いのはズルくね?」
 

「そう言えば、サヤサヤはどこ行っちゃったんです?」

 メガネの弦を押し上げて、シイナは話題を変えた。

「サヤちゃんなら、成田さんの家へ行ったわ」

 何を気に入ったのか、サヤはよくトウコの家を訪れているようだった。

「サヤちゃんも一人暮らしだから、寂しいのでしょう」
「あたしの家には一回こっきりだったのに……」
「あなたのお家は、ゲームで足の踏み場もなかったもの」

 掃除をしなさい掃除を。母親のようなオリエの口調に、シイナは肩をすくめた。

「その成田さんも『最終深点』が近そうね」

 やはり成長度は八割程度だろうというのが、オリエの見立てであった。ちなみにヒメで半分程度、エリイは三割は外れているものの、使い方が分かっていないという状態らしい。

「成田さんは、元々が五個ぐらいは外れていたようなものだけれども」
「サヤサヤがトウコちんを『計画』に引き入れてくれたら、かなり楽になりそうだにー」

 気楽な調子のシイナに、期待はできないわ、とオリエは首を横に振った。

「彼女は『奪われた者』だったかもしれないけれど、今やすべてを備えてしまった」

 わたし達の「計画」に賛同できるのは、奪われた者だとオリエは常々語っていた。その意味で、「エクサラント」から「与えられる」ような「最初の改変」をしたエリイとヒメも不合格なのだそうだ。

「そうかにゃあ……?」

 オリエに言わせれば「求め続ける者」だというシイナは、疑義を挟む。

「トウコちん、アニメの真似事の人格上書きして『すべて』でいいのかねえ」
「アニメ?」

 聞き返されて、「ああ」とシイナは言い添える。

「トウコちんの苗字の元ネタ、『シックザール』とかいうアニメの主人公から付けたとあたしの中で話題に」
「本人が言ったの?」
「推測ですにゃ。でも当たってると思う」

 成田守人という二丁拳銃使いなのだ、とシイナは補足した。

「トウコという名もそこからかしら?」
「さあ? そっちは見当がつかないッス……」

 にしたってさ、とシイナは口を尖らせる。

「そんな浅い『改変』で、あんなに強いのはズルくね?」
「内容的には大規模よ?」
「同じような浅い理由の『改変』した身としちゃ、釈然としないっていうか……」

 あー、と天井を見上げシイナは肩をすくめた。

「気持ちは分からなくないわね」

 まったく、サヤちゃんたらあれのどこがいいのやら、とオリエは湯呑みの中身を飲み干した。

「あらー、オリエさん焼き餅?」
「少しね」

 茶化したシイナに、オリエは冗談っぽくうなずく。

「そう言えば、オリエさんもよくどっか行ってますよね?」
「どこか、とは?」

 一瞬考える間を置いて、「いいか」とシイナは切り出す。

「いやね、うちの近所のお家に入っていくの、偶然見かけちゃって」
「ああ、シイナの家も近かったわね」

 何なんです、と尋ねるとオリエは珍しく本当の意味で柔和な笑顔を浮かべた。秘密を追求するようで、少々緊張していたシイナはホッと胸を撫で下した。

「あれはね、計画に参加してくれる次の『ディストキーパー』が住んでいる家よ」
「次の……?」

 オリエの話によれば、パサラが目をつけそうな「過剰に不幸な」少女らしい。

「風の気質の持ち主でね、正義を純真に信じてる。戦いに向かない子よりはいいと思うのだけれど」

 へー、いいッスね。そう笑って応じながらも、シイナは内心で「やはり油断できない」と思い直す。

 「エクサラント」から「インガ」を傾け世界の進む方向を決める力を奪取する。その「計画」のためならば、オリエは手段を選ばない。五か月間一緒に戦い、新人のころ教育を担当したエリイであっても、容赦なく殺害するだろう。

 こいつはあたしも、身の振り方は気を付けないと。いきなり捨て駒にされたって不思議じゃない相手だし。いざとなったら、「とっておきの種」を使ってしまおう。

 オリエは急須にお湯を注いで持ってきた。お茶のお代わりをいれながら、ちらりとシイナに目を向けてくる。何もかもを見通しているような眼差しで、急に居心地が悪くなった。

 まあ、オリエの治める新世界でごろごろゲームしたり、能力使って遊んだりする一番いいんだけどにゃ。シイナから裏切る気は、今のところは毛頭ないのである。

 お茶の注ぎ足された湯呑みを手に取った時、不意に遠くの空で雷の音が鳴った。

「おや、雨ですかいね?」
「天気予報によると、十時ごろから降り出すそうよ」

 雨は雷を伴って、夜通し降り続くという。オリエは立ち上がって窓の方に近づき、カーテンを開けた。

「こういう夜は、少し不安になるわね」

 何だか、悪いことが起こりそうで。

 タワーマンションの遥か上空では、暗い夜の空を雲がゆっくりと動いていた。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ