挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
深淵少女シマモモコ 作者:雨宮ヤスミ

[六]暴走の炎

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

11/46

6-1

「あたしみたいに、一暴れしたいとか、そういうのがあればいいけどねえ……」
 

 見慣れない街並みでも、このむき出しの灰色は変わらない。そのせいか、どんな場所に来ようとも、どんな街に来ようとも、同じにしか思えない。

「……そう、漆間アキナは使えそうなのね」

 見知らぬ街の「インガの裏側」、その片隅で立花オリエは琥珀にそう語りかける。通信の「インガ」を封じた琥珀だ。彼女が「計画」のために苦心して作り上げた、「エクサラント」を介さない連絡手段だ。

 通信相手からの返答を受けて、オリエは笑った。静寂の「インガの裏側」に哄笑が響く。

「そう、そんなことを言うのね。面白い子だわ……」

 報告によれば、「最初の改変」の理由は探り出せなかったようだが、どうやらパサラはかなり強引な手を使ったらしいことは分かる。そういう手合いは引き込みやすい。

「それであなたは、成田トウコも引き込みたい、と?」
「あれはちょーっと、無理じゃないかにー……」

 傍で聞いていた山吹シイナがそうつぶやく。

「シイナの言う通りね、彼女は今に満足しているわ。あなたの個人的な感情はさて置いて、ね」

 琥珀の向こうの通信相手は、少し悲しげな口調で応じた。

「あたしみたいに、一暴れしたいとか、そういうのがあればいいけどねえ……」
「動機が不純でも歓迎するわ。仲間は多い方がいいのだから」

 にっこりと、オリエはシイナに微笑みかける。その笑顔が怖いんだけどねー、とシイナは舌を出した。

「……なあに? ええ、大丈夫、こちらは順調よ」

 応じて、オリエは左手に持った「輪」を握りしめる。それは、彼女が背中に負っている琥珀のついた「インガの輪」をそのまま小さくしたものであった。

「四〇個目の『インガの輪』、回収できたわ」

 オリエとシイナは、足元に横たわるものを見下ろす。目を見開き、体を投げ出すようにして倒れた、同年代の少女――「ディストキーパー」の姿を。この地域の「アンバー」、「インガの輪」を奪うため手にかけた彼女の骸を。

「理論上は、あと三十ほど。計画のためにも、お互い死ねないわね」

 サヤちゃん。
 そう呼びかけられて、琥珀の向こう側から彼女は「ですね」と応じた。

「漆間アキナと成田トウコのこと、頼んだわよ。パサラにはあなたを教育係として推薦しておくから」

 通信を終え、オリエは灰色の空を見上げる。さて、この死体を「ディスト」にやられたように「インガの改変」をしておかないと。そう思い、オリエは自嘲気味な笑みを浮かべる。

 人間をなめるな、ねえ。
 何も知らないというのは、滑稽なものね。オリエ足元に目を落とす。この骸も、今のままでも「ディスト」にやられたという事実は変わらないと言うのに。

 だってわたし達はもう人などではないのだから。

 「ディストキーパー」の遺骸は、端から「インガクズ」となり崩れて消えた。頭上には昼も夜もない、狂った空が広がっていた。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ