挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
Levelmaker ーレベル上げしながら異世界生活ー 作者:Ss侍

第十章 それぞれの生活

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

264/851

第二百五十二話 翔のスキル合成 (翔)

 さて、次は俺だな。
 つっても、そんなにレベルは上がってねーし、悩む必要は無さそうなもんだが。


「リル、あとは好きにしてて良いぞ。俺は自分のステータス考えてるからよ」
「うん、私のステータス考えてくれてありがとう、御主人! …私は御主人に買ってもらった本を読んでるね」
「ああ」


 さてと。 
 まずはそうだなSTPが先だよな。
 今、650のSTPがある…これらをどこに振るか。
 俺は少し、攻撃方面も伸ばすことも考えてるからな、攻撃に振りたいところだ。
 250ぐらいなら、もし、今後、攻撃が必要なくなったとしても大丈夫かな?

 あとは素早さだ。
 何と言ってもこれが大事。
 幾つかの依頼をこなしてるうちに、ますます、そう実感した。
 だから…200、素早さに振る。
 残りの200は温存だ。

 本命のSKPだがな…。
 俺はやはり、スキル合成を2~3回してみようと思う。
 いつの間にか色々とSK2が勝手に伸びてるのは嬉しいな。探知なんてMAXになってるしな。

 今あるSKPは400。
 そのうち、230を剣技に使い、剣の道にDランクの魔核を消費、そして次の段階に進もうとしたが、Cランクの魔核3個が必要らしく、断念した。
 てなわけで、剣の道をMAXにした、というのが結果だな。

 そして、俺はスキル合成を、遂にする事にする。
 謎なワクワク感がこみ上げてくるな。
 まあ、もうどう合成するかは決めていて、その組み合わせは[剣の道★★]+[C(X):火術・真]と、[C(X):火術・真]+[剣の道★★]だ。

 前者で○○召喚術っつーのが、後者で○○の気、っつーのができるらしい。
 炎神を混ぜてみようかとも考えてみたが……そうだな、コストが高かったらやめる。

 俺は色々と合成のためのメニューを開き、スキル合成を実施した。
 結果を並べるとこうだな。

-----------

・[剣の道★★]+[C(X):火術・真]=[B:火炎剣召喚術]
・[C(X):火術・真]+[剣の道★★]=[B:炎の剣鬼気]

 いずれもコスト、Dランクの魔核2個

・[剣の道★★]+[C(X):火術・真]+[炎神★★★★★]=[S:神の灼炎剣召喚術]
・[C(X):火術・真]+[剣の道★★]+[炎神★★★★★]=[S:陽炎の覇気]

 いずれもコスト、Bランクの魔核5個

-----------


 下2つはマジでやばい。
 効果とかスキルのランク・サブランクも高すぎる。
 だがしかし、今は作れない。
 いや、これほどの物がBランクの魔核5個で作れるってのは、相当なチートなんだろーが……。

 上二つも、どちらか一つしか作れない。
 俺は[B:火炎剣召喚術]を作ることにした。

 手持ちのDランクの魔核は無くなるが、仕方ないよな。
 そして、その火炎剣召喚術に170のSKP全てを振り込み、ステータスを確認してみる。


------------------------------------------

-ステータス-

name:ショー・ヒノ

Level : 36

EXP:26475

HP :620/620 (100)
MP :2020/2020 (500 +1100)

A(攻撃力):590 (350+30)
C(器用度):315 (100+5)
D(防御力):310 (100)
W(魔法力):1710 (500 +1000)
S(素早さ):920 (500+10)

STP:200

-スキル-

SK1)

[B:火炎剣召喚術]Lv 3
[C(X):火術・真]Lv 1 [C(X):水術・真]Lv 1
[E(X):風術]Lv - [E(X):土術]Lv -
[E(X):氷術]Lv -
[E(X):念術]Lv - [E(X):癒術]Lv -
[E(X):強化術]Lv - [E(X):弱化術]Lv -

SK2)

[剣の道★★]Lv MAX
[体技★]Lv 3
[槍技★]Lv - [弓技★]Lv -
[料理★]Lv 1 [探知★]Lv MAX
[解体★]Lv 2
[炎神★★★★★]Lv MAX

SKP:0

称号: [ノーレッジ][異世界からの招来者][炎の帝王]
   [炎操者]

印: -

--------------------------------------------


 よし、良い感じだと言っても良いかもしれない。
 これで今後、剣での攻撃ができるようになったわけだ。


「御主人、終わったのかい?」
「ああ、待たせたな」
「……んー? それほど待ってもないよ。大丈夫」
「そうか」


 今後の予定としては…Dランクの魔核を何個か手に入れ、とりあえずCランクに上がらねーとな。
 でもなぁ…Dランクの魔物討伐から、移動するのに1日かかったりする場所のもあるんだよな。
 すごく効率が悪い。

 でも、俺達は魔核不足だしな。
 それしか方法はねーんだが……何か、良い方法はねえかな?
 他の冒険者達が話していた、ダンジョンとやらなら、何かあるかもしれねーけど、おいそれと見つかるもんじゃないらしいし、それはちょっと諦めるしかないかもしれね。
 
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ