挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼メニューバー
×閉じる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

ブックマークする場合はログインしてください。

俺の親友(♂)が学園祭でメイド服を着ることになったので連れ回す

「どうして僕がこんな格好を……」美少女かと見間違うような端麗な容姿を持つ俺の親友、水野明は深い溜息をついた。クラスの出し物であるメイド喫茶の広告塔となった明は、店の宣伝をするために、俺と一緒に校舎内をメイド姿で歩き回ることになったのだった。この話は無自覚男の娘な親友、水野明とそんな親友が可愛くてたまらない俺、飯塚真司、その他愉快な生徒達が織りなす学園祭コメディである。
1
2017/09/12 17:07
2
2017/09/12 21:29
3
2017/09/13 08:05
4
2017/09/13 17:07
5
2017/09/13 18:06
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ