挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼メニューバー
×閉じる
ブックマークする場合はログインしてください。
<R15> 15歳未満の方は移動してください。
この作品には 〔残酷描写〕 が含まれています。

バスワール学園

作者:シェイフォン
 序章
 ガラン大陸は百を超える国があり、覇権を求めて争っている。
 人間同士の戦争に加え、各地で出没する魔物を対処するために設立された教育機関がバスワール学園。
 決められた額を学園に納めることで入学が可能で、、入学した者は『教師』役である先達冒険者から格安で技や魔法を教えてもらえる。
 代わりに入学した者はバスワール学園の看板を背負うことになり、傷をつけるような真似をした者には制裁が待っている。
 期限は三年間。
 入学した者はその三年の間に技術を磨き、パーティーを作り、人間の世界を広げる冒険者になるのだった。
 限りなくギルドに近いバスワール学園だが、一応学園としての体裁を整えるために学生会が存在する。
 学生会副会長--三年剣士科専攻のユラス=アルバーナ。
 黒目黒髪の、長身痩躯のユラスからは肉食獣のような雰囲気を醸し出している。
 現にただ書類に目を通しているだけなのに周囲の空気は自然と張り詰めていた。
総評
2016/10/01 00:09
第一章
2016/10/01 00:11
第二章
2016/10/01 00:11
第三章
2016/10/01 00:12
第四章
2016/10/01 00:13
第五章
2016/10/01 00:13
第六章
2016/10/01 00:14
終章
2016/10/01 00:15
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ