挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
僕とボクの日常攻略 作者:水無月龍那

課題2:僕とボクの距離感

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

7/42

課題2:僕とボクの距離感 1

 朝。
 僕はダイニングのソファで目を覚ます。
 毛布を畳み、顔を洗って着替える。
 トーストを焼き、目玉焼きを作る。いつも通りの朝だ。
 そしてテーブルに二人分の朝食を並べた所で、僕は一つのドアへと向かい合う。
 本来ならこの先は僕の寝室なのだけども。ここ数日小さな女の子が籠城している。
 原因は僕自身にあるので、無理な事は言えない。反省しきりである。
 今日は返事をしてくれるだろうか? という微かな希望を持って、木のドアをノックする。
「しきちゃん。朝ご飯できたよ」
 返事は無い。僕は随分と彼女を怒らせてしまったらしい。自業自得、仕方が無い。
 このまま出て行ってしまうのではないかと思ったけれども、彼女はこうして僕の寝室を占拠している。相手の事を忘れて血を飲むなんてこれまでに無い失態なのに、彼女は出て行こうとはしなかった。ここを住処と決めたからか。理由は分からない。
 とりあえず出てきたらちゃんと謝らなくては、と思いながら手つかずの朝食にラップをかけておく。
「えっと。今日は学校があるから出掛けてくるよ……ご飯はテーブルの上に置いておくからね。レンジで温めて食べて。お昼には帰ってくる」
 そう言ってドアの前を離れる。鞄を肩にかけ、玄関に立つ。
「それじゃあ、行ってきます」
 そうして僕は、学校へと向かう。

 今日もいい天気だ。原付の座席が日差しを浴びて暖かくなっていた。座席の下からヘルメットを取り出し、代わりに鞄を放り込む。
 エンジンをかけ、学校へと向かう。まだまだ日差しは柔らかいが、これが夏になるととても辛い。学校までさほど距離は無い。原付ならば十分もあれば着く距離だ。
 もう一ヶ月も経てば桜並木になるそんな木々をくぐりながら向かう道すがら、返事の無かったあの部屋の事を思い返す。
 彼女はあの部屋から一歩も出てこない。鍵は相変わらずかかったまま。誰かが居る気配はまだある。なのに姿を見せてくれないのは、彼女なりに何か思う所があるのだろう。
 ならば、僕は待つしか無かった。というか、あの小さな女の子にどう接していいのかよく分からなかった。
「……どうしたら許してもらえるかなあ」
 そんな呟きはエンジン音に紛れ、春の近さを感じさせる陽気に消えていった。

 講義室に入ると、いつもつるんでいる友人――柿原が僕をいち早く見つけて手を振ってきた。
 短く整えた黒い髪。茶色い瞳。年相応の服と背格好の彼は、何故か僕と良く一緒に居る。きっかけは忘れてしまったけど、気は合うので別に離れる理由も無い。
「おー、須藤。こっちこっち」
 呼ばれるままに席へ向かい、空いてる所に席を取る。
 しきちゃんご飯食べてるかな、なんて考えながら教科書を取り出していると、柿原は不思議そうに声をかけてきた。
「須藤」
「うん?」
「なんか浮かない顔してんけど。どうした?」
「え」
「なんつーか。溜息つきそうな顔?」
 鋭い指摘に思わず口ごもる。それを肯定と捉えた彼は「どうした、相談なら乗るぞ?」と身体を寄せてきた。その目には「好奇心」とばっちり書いてある。
 小さく息をついて、誤魔化す事は早々に諦める。
 ここで誤魔化した所で引き下がってくれるような奴ではない。まあ、相談事には割と乗ってくれる方だ。少し位なら、話してみてもいいだろうか。
「ちょっとね、ケンカしちゃって」
「何、彼女? 出来たんなら言えよ水臭い」
「いやいやそんな」
 ぱたぱたと手を振って否定する。あの子を彼女なんて言ったらきっと怒られてしまう。
「女の子は正解だけど、……親戚の子」
「親戚かあ」
 うん、と頷くと彼はふむふむと考え込む。
「いや、僕が悪かったのは確かなんだ。でも、どうやったら許してもらえるか分からなくて」
「ちゃんと謝ったのか?」
「そりゃあ勿論」
「じゃあ、あとは時間の問題だろうけど……そうだな、その子の好きなものとか分かんないの?」
 好きなもの、と思わず繰り返す。
「そ、好きな物。アクセサリーでも、食事でも、何でもいいからさ。プレゼントしたりすると機嫌も良くなるんじゃないか?」
 なるほど、と頷いていると担当の教師が入ってきた。
「ありがとう、ちょっと考えてみる」
「おうよ」
 彼はにっかりと笑ってから、教科書を取り出しにかかった。
 僕はノートを開いて、シャーペンをノックして。ノートに日付を入れながら、考える。
 彼女の好きなものは何だろう。アクセサリー、はあんまり当てにならない。となると食事だろうか。かといって部屋から出てきてくれないのに突然外食とかハードルが高い気もする。となると、手料理。ある程度の料理だったら作れるけれども、彼女の好きな食べ物が分からない。そもそも、先日のトーストであの反応だ。洋食自体になじみが無いのかもしれない。和食……? どうもピンと来ない。
 講義の板書をノートに写しながら、考える。
 実際に帰って聞いてみた方が良いのかもしれない。肉じゃがとか焼き魚とか。ハンバーグとか。あとスパゲティとか。もしかしたら好きかもしれない。
 そうと決まれば帰った時に聞いてみよう。返事が無いなら、返事があるまで待とう。
 決めたらなんだか気が楽になった。
肉じゃがとか焼き魚とか、和食は良い物です。洋食も好きですが。
最近美味しい魚に恵まれた生活をしています。幸せです。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ