挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
僕とボクの日常攻略 作者:水無月龍那

課題7:僕とボクの日常攻略

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

39/42

課題7:僕とボクの日常攻略 3

「そうだな。まずは魂の話からしようか」
 テオはそう言って、まだむすっとしたままだったノイスちゃんの背中を押して話を促す。
「ぅえ? 私が話すの……!?」
「だって、君の方が先輩だし」
 彼女は暫く考え込んだ後「そうね……」と頷いて話し始めた。

 彼らにとって、というか幽霊というものにとって、身体とは魂が入る器なのだという。
「言ってしまえばそれ以上でも以下でもないわ」
 コップにヒビが入っていたら別のコップへ中身を移せばいいように。器が朽ちても魂さえ残っていればなんとかなる。そういうことらしい。
「ティーカップにコーヒー注ぐなんて冒涜が許されないように相性って言うのももちろんあるんだけど、まあ、そこはどうでも良いわ。容れ物と中身の話はこんな所ね。それで。テオが言う匂いは……そうね。感じたことあるかしら。誰かの家にいった時に玄関先で感じる、その家独自の香り。魂も同様で、人それぞれ匂いがあるわ」
 テオはそこに関して特に鼻が効くみたいなの。とノイスちゃんは言う。
「そうでもしなかったら、こんな離れた島国に居るあなたなんか見つけられなかった」
「うん……凄いね。テオの嗅覚」
 海も大陸も超えて見つけるとかどれだけだよ、と言うと、テオはあははと照れたように笑った。
「これでも随分時間がかかったんだよ」
「まあ、理屈はわかったけど……どうして僕の匂いだって分かったの?」
「俺がノイスに会った時、その場に残ってた匂いを覚えてた」
 あそこに居たのは、俺と君と、あの女性だけだったから、とテオは言う。
 なるほど。あの女性は僕の影が飲み込んでしまったし、覚えてるのが彼女であっても僕の一部だ。もしかしたらその残り香みたいなものがあるのかもしれない。
 百年も残ってるかは疑問だけど。
「この身体になってから匂いが分かるようになって。それから色んな人のを感じ取ってきたんだけど、ウィルは特に鉄と霧みたいな匂いがするんだ。あと、たまに匂いが変わる。鉄の匂いが濃くなる」
 鉄の、と繰り返すと。そう、と頷く。
 それはきっと血を飲んだ時、とかなのだろうか。
「そんな訳で、この匂いを辿って日本にやってきたんだけど……途中で匂いが変わったんだ」
「変わるのはよくあるんじゃないの?」
「そうなんだけど、春の終わりか夏頃だったかなあ。いつもなんか比じゃない位、混ざった匂いが強くなったんだ。しかもいつもみたいな鉄っぽいのじゃない。なんて言えば良いのかよく分からないけど、土っぽいというか。土に染み付いた血とか、呪い、みたいな酷い匂い」
 その例えに、僕はしきちゃんと顔を見合わせる。
 彼女も同じ考えらしく、少しだけ悲しげな顔でこくりと頷いた。

 時期的にもきっとそうだ。僕がしきちゃんの血を吸って、違和感を感じ始めた頃。
 あの、茶色い瞳と出会った頃。

「その顔は心当たりあるんだね」
「さっき話しただろ。彼女の血と、その呪いのこと」
「ああ」
 そう言えばそうだった、とテオは頷く。
「それで。その匂いがね。今のウィルからは殆どしない」
「え」
「それは……」
 僕としきちゃんの声が重なる。
「うん。多分、物理的に外に排出されたのかな。今は――」
 と、台所に置いてたペットボトルを指差して「あっちからの方が、強い」と言った。
「ウィルは今血が少ないから匂いも薄いけど、もしかしたらまだ残ってるのかもしれない。もう少し時間が経って、ウィルが本調子になればもっと分かると思う」
「なるほど……僕の事は分かった。で」
「うん?」
「こっちが本題だよ」
 と、しきちゃんを指す。
「彼女にその匂いはある?」
「ううん。気をつけないと分からない位」
 僕と違ってしきちゃんに出血はほとんど無い。それなのに匂いが薄いと言う事は、やっぱり僕の方にあいつの大半があったらしい。
 夢にまで出てきてあんなに喋ってくれる程だ。そりゃそうか。とも思う。
 でも、それ以上に。
「だってさ。良かったね」
 そう言ってしきちゃんの頭をそっと撫でた。
 あいつの身勝手な呪いは彼女にほとんど残っていない。彼女の存在を己自身に縛り付ける呪いは。僕が引き受けた。この理屈に例外がないのなら、彼女が存在できる場所は僕の近くということになるのかもしれないけれど。
 くすぐったそうに撫でられてる彼女を見てると、なんか。純粋に嬉しい気がした。
 置いといて。
「うん。テオの話を聞くに。しきちゃんはもう、かつての家でも、あいつを内包する自分自身でもなく、自由になった。上書きされた呪いは僕に奪われて、座敷童という能力しか残っていない……と、いいなあ」
「そうだね。あと、今はその彼女の居場所を縛ってるのはウィルである可能性があるってことくらいかな」
 テオの余計な一言に思わず手が止まる。
「……分かってるようるさいな」
 ああ、ついさっきその可能性は考えたさ。考えたとも。
 溜息をついて手を離し、座り直す。
「僕はね。ただ、この時代を平和に、穏やかに生きていきたいんだ。何事も無く過ぎていく平和な日常を謳歌したい。だから」
 ふと、言葉が切れた。
「彼女にもそう思えるような生活をして欲しい。呪いがほとんど残っていないのなら、好きな家で座敷童をすることができるだろうしね」
 これは本心のはずだった。
 僕らにとってとても住みにくいこの時代を、人でない僕らはどうやって平和に平穏に生き抜いていくか。僕も。しきちゃんも。テオとノイスちゃんはどうするか分からないけれど、彼らも。人間と変わらない、普通の……体質は普通じゃないけれど、人間の生活に違和感無く溶け込めるような。そんな生き方をしたい。して欲しい。
 なのに。なんだか微妙に寂しさを感じるのは何故だろう。
「ね」
 念を押すようにしきちゃんに笑いかける。彼女はこくり、と小さく頷いた。
 ああ、このまま彼女はどこかへ行ってしまうのかな。
 あれ。座敷童が出て行った家は、没落するんじゃなかったっけ。
 よく分からない不安がよぎるけれど。別に僕の家は元々繁栄している訳でもない。慎ましく夜の世界を生きている。だからきっと大丈夫。
 うん。大丈夫。なんて言い聞かせる。
 だって、僕は彼女に一時の宿を貸しているだけ。そう。そのつもりだった。
 彼女に行く場所が無いのなら、という条件だった。
 だから、出て行きたいなら。どこかへ行ってみたいなら。行ってもいい。
「お兄さん」
「何?」
「ボク、好きな所に行っても、良いのですか?」
「うん。多分行けると思う。あいつは僕が引き受けた。しかも今はペットボトルの中だ。あれをどこかに捨ててしまったら、今度こそ君は解放されると思ってる。きっとどこへでも行けるよ」
「そう、ですか」
 彼女は視線を落として呟いた。
 次はなんと言うのだろう。どう別れを告げられるのだろう。
 テオとノイスちゃんが居ることも忘れて、僕は彼女の言葉の続きを待った。
「それなら、ボクは。ここに。このおうちに居たいです」
「え」
 彼女はソファの上で正座をし、きれいに頭を下げる。
「このおうちに、お兄さんの傍に。居させてください」
「……」
 言葉が出なかった。
「僕の血に残ってるあいつが引き止めてる……?」
「それは」
 わかりません。とふるふると灰色の髪が揺れる。
「でも、これはボクの意志です。ボクは、最初はお兄さんを利用するつもりでした。そこは、いくらでも怒られる覚悟、できてます。吸血鬼だときいて、人じゃないなら大丈夫だと思いたかったボクが居たのは、本当ですから」
 けれど、と彼女は赤い目を僕に真直ぐ向けて言った。
「ボクは、本物になりたいです。本物の座敷童に。お兄さんを、幸せにしたいです。お兄さんの幸せ――望むままの日常をあげたいです。それは、お兄さんと一緒に居てはじめて思ったんです」
 お兄さんが思わせてくれたんです。と、彼女は力強く言った。
繰り返し繰り返し、同じ事を思って、口にすればそれはいつか伝わったり叶ったりするのではないかと思っています。
だから、むつきは平穏が欲しい・しきちゃんを大事にしたいと言います。
しきはむつきにとって最高の座敷童でありたいと言います。
お互い思い合って、言い関係になるといいですね。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ