挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
僕とボクの日常攻略 作者:水無月龍那

課題7:僕とボクの日常攻略

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

37/42

課題7:僕とボクの日常攻略 1

 ぴんぽん、とチャイムが鳴ったのは僕が浴室から出てきた時だった。
 濡れた頭をタオルで拭きながら台所の画面を覗くと、あの夜に見た二人が立っていた。

 そして。
 テーブルを挟んでテオとノエル――本当の名前はノイスちゃんと言うらしい、の二人。
 向かいに僕としきちゃん。
 血液は全部どうにかしたけれど、まだ微妙に片付けきれてない部屋に、自己紹介を終えた四人が座っていた。

「ええと、まずは――」
 最初に話し始めたのはテオだった。
「すまない。ノイスの行動は俺の監督不行き届きだった」
 ほら、とテオがつつくと、じっと俯いて座ってたノイスちゃんは視線を少し彷徨わせて、口を開いた。
「……ごめんなさい。その、あなたを刺したことと、彼女を傷つけたこと」
 あの時の威勢が嘘のようにしゅんとした様子で彼女は頭を下げた。
 こうして先手を打たれると、怒るに怒れなくなる。
 曖昧に言葉を濁して、質問を投げてみることにした。
「まあ、僕も彼女も生きてるし……なんか怒る気削がれた。いつか怒りが再沸したら説教させて。ところで……テオ」
「何?」
「あのさ。お前……どうして生きてるの」
 彼は「ああ」と口を小さく開いて、穏やかな笑みを浮かべる。
「あの夜のことは覚えてる?」

 あの夜。
 忘れる訳無い。暫く前に夢にも見た。
 僕が彼と。ロンドンの夜を震え上がらせていた彼の別人格と出会った夜のこと。

 こくりと頷くと、隣で俯いてるノイスちゃんの背中を軽く押した
「あの夜、君は俺をバラバラにして……そのまま逃げていった」
「……うん」

 バラしてしまって、我に返ったのだ。
 友人を手にかけたことが。あいつの。テオの普段の笑顔が。僕を「仕方ないなあ」と笑ういつもの顔が。僕を責めるようで。責めるようで。責めるようで。
 その場から、逃げたんだ。

「彼女――ノイスはうちに住んでた幽れ」
「ポルターガイスト」
 俯いたままの彼女から、間髪入れずに訂正が入る。
「ん。ポルターガイスト。彼女が俺を見つけたんだ」
 彼が言うには。
 バラバラにされたテオを見つけて、それをつなぎ合わせて。血溜まりに座り込んでいたテオの幽霊――魂を詰め込んだのだという。
「なるほど……?」
 原理は分かる。
 フランケンシュタインの怪物。死体を継ぎ合わせて生まれた11月の人造人間。
 ああ。確かにあの日は冬も近い夜だった。
 そんな偶然が生みだした、自分自身で作られた名前の無い怪物。
「君は……フランケンシュタインの怪物へと生まれ変わったって訳だ」
「あはは。そういう事になるかな」
 彼はどこか照れたように頭を掻いた。いや、照れる所じゃない。
「……はあ。そういうことか」
 溜息しか出なかった。
「それで、二人ともどうして日本に?」
「私は……テオに、新しい身体をあげたかったの」
 俯いたまま、ノイスちゃんはぽつぽつと話す。
 身体が安定しても、彼はこのつぎはぎだらけの身体を気にしていたこと。
 夜になれば、僕の名前をうなされるように呟いていたこと。
 だから、その恨みを晴らしてあげたいと。制裁を与えたいと。
 そんな訳で僕を刺しに来たらしい。
「……なるほど」
 彼女がテオを想う気持ちは伝わるけれど。こう。刺された側としてはなんとも言えない。
 しかも身体を狙う刺客二人目とか勘弁して欲しい。というのが正直な感想だった。
 そんな刺客一人目を送り込んでしまった隣、しきちゃんをを見る。彼女は少し難しい顔をして大人しく話を聞いていた。
「ま、僕は別にいいよ。もしかしたら君達にお礼言わなきゃいけないかもしれないし」
 でもね。と言葉を続ける。
「しきちゃんは完全に巻き込まれた側だ。そこだけは、彼女の許しを得てね」
「うん……その。ごめんなさい」
 ノイスちゃんはしきちゃんを少しだけ見て。言いにくそうに、それから、という。
「洋服も。貸してくれて、ありがとう」
「あ……いえ。サイズ、合って良かった、です」
 しきちゃんもなんだか落ち着かない様子で頷いた。
「ボクは、お兄さんが良いと言うのならそれで良いです。ボクは、もう痛くありません。大丈夫ですから」
 そして彼女の視線はノイスちゃんからテオへと向いた。
「あと……貴方は、お兄さんに会ってどうするつもりだったんですか?」
 その声は固い。もし危害を与えると言えば、彼女はどうするんだろう。
 座敷童とはいえ、彼女には攻撃力とか体力はほとんどない。普通の子供と変わらない。
 でも、家に入れたと言う事は敵意は無いと判断したんだろう。
 あと、ケーキの箱で先手を打たれた可能性がある。

 彼らを出迎えたのはしきちゃんだった。
 ドアを開けてすぐに箱を手渡されたらしい。
「初めまして。俺はテオドール。テオドール=ノットワード。ノイスがお世話になったって聞いて」
 ウィルは居る? という彼の問いに頷いてしまったのだと。
 ケーキの箱を抱えて困った顔をした彼女は、お茶の準備をしていた僕の元に戻ってきたのだった。

「うん。俺はウィルにお礼を言いたかったんだ」
「お礼……?」
 僕としきちゃんは首を傾げた。
 彼女にはもちろん、僕にも心当たりが無い。
「心当たり無いんだけど。あと僕の名前、今は違うから。自己紹介したよね」
「ああ、ごめん。ええと。ムツキ」
「良し」
 頷いた僕を見て、彼は話を続けた。
 当時、彼自身ももう一つの人格に悩んでいたのだという。
 僕に何度も言おうとして、止めてもらいたくて。
 でも、断片的にしか言えなくて。
 ようやく言えたのが、僕が正体を話した時だったという。
「――もし俺が。どうしようも無い状態で見つかったら。その時は遠慮しなくて良いから」
 そして僕は、冬も近付いたあの夜。それを実行した。
 それでもテオは生きていた。生かされていた。
 後悔した日々もあったけど、人格はひとつになっていて。身体さえきちんと動けば日常生活を送るにも苦はなかったという。
 そして落ち着いてきた頃には、僕は国外へ出て行っていて。行方も分からないまま日々を過ごしていたという。
 確かに僕も、テオのその後なんて知らなかった。
 いや、知ろうとしなかった。
 もう二度とやってこない友人を訪ねる勇気も無く、逃げるように出て行ったのだから。
「それがね。なんか魂の匂いみたいなのを感じて……ウィルが日本に居る事を知った」
 それも相当時間がかかったけどね、と彼は言う。

「だから、お礼を言いに来た。あの夜以降事件は起きていない。俺を止めてくれて。願いをきちんと聞いてくれてありがとう」
 前髪に隠れた瞳が、笑った拍子に少しだけ覗いた。
 それは久しぶりに見る、穏やかな榛色だった。
ケーキって強い。
ようやく全員の顔合わせができました。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ