挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
僕とボクの日常攻略 作者:水無月龍那

課題1:僕とボクの取引

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

3/42

課題1:僕とボクの取引 3

「なるほど、そういう事ね……。良いよ、遊ぼう」
 両手を下ろして「ただし」と続けると、少女がぱちりと瞬きをした。
「いくつか条件がある。守れるなら、遊び相手になる」
「はい」
 彼女はこくりと頷いた。
「まず。時間も時間だから、人払いはさせて」
 人差し指を立てて条件を示す。彼女の言葉を否定できなかったとはいえ、誰か見知らぬ人に見つかって騒ぎにはしたくない。ある程度の広さに影響する人払いの術は力を使う。普段は人から血を頂く時、しかも狭い範囲にしか使わないようにしているけれども、今回は例外だ。
「メリットとしては、この公園の中なら全力で遊んで良い。デメリットはまあ、知らないおにーさんと二人きりでだっていう所かな」
 最後は自分に向けたような物だった。何やってるんだ自分。
「……何かあるのですか?」
「あのね。こうなったら白状するけど、散歩じゃなくて“ご飯”を探してた。欲には勝てないかもしれない」
 しかも若い、女性、子供の三拍子なんて、柔らかくて良い物というのが相場。昔の僕だったらこんなの条件なんて甘い物にせず、ちゃっちゃと前払いの報酬扱いだったに違いない。丸くなったな僕。
 少女は僕の指をじっと見て、こくりと頷く。
「で、それに絡んで二つ目」
 と、中指も立てて、それからその指で僕の首をとんとんと示す。
「後で、少しだけ血をもらいたい」
 彼女は僕が示した首に一瞬きょとんとしたものの、すぐにこくりと頷いた。
「そっか。お兄さんは……吸血鬼、なのですね」
「うん」
 正直な告白にも、彼女は動じた表情一つ見せずに「はい」と言った。
「あんまり美味しくないかもしれませんが、ボクの血でよければ」
「よし、成立だ」
 ぱちん、と指を鳴らすと、影から数羽のコウモリが浮き出てくる。それは影絵か折り紙か。そんな薄っぺらい形のまま風に乗って四方へと飛んでいく。
 暫くすると、辺りの空気が一層静かになったのが分かった。
 木々の音も。風の音も。全てが深い眠りについたかのような。誰も近寄る事の無い、僕達だけの空間。ぼんやりと照らす街灯と、今度は雲に引っかかりそうな月だけが僕らを照らしている。
「さあ、遊ぼう」
 僕は腕を広げて彼女を誘う。
「君の気が済むか、夜が明けるまで」
「はい」
 少女は始めて口の端を小さく上げた。それは僅かな変化だったけれども、とても嬉しそうな形に見えた。手元のボールに落とした視線も、先程とは違う柔らかさがあった。

 □ ■ □

 ボールを蹴り合ったり、鉄棒をゴールに見立てたミニゲームだったり。すっかり身体が暖まる程遊んだ頃。彼女の足元がふらついて、ボールが思わぬ方向へと飛んでいった。
 それを慌てて足で蹴り止めて少女に駆け寄ると、彼女は虚ろな目でふらふらとしていた。
「ちょっと? どうしたの?」
 どこか具合が悪いのか。もしかして、カーディガンでは薄着過ぎて風邪でもひいたのか。はたまた僕のように、足りないものがあるのか。
「――い」
「え?」
 小さな答えを聞き返す。
 彼女はもう、目の焦点すら定まっていない。今にも身体は崩れそうにふらつき??かくり、と膝の力が抜けた。
 前へと倒れ込んだ小さな身体を抱き留めると、ぽそり、と彼女は呟いた。
「ねむ……い」
「えっ」
 思わず上げた声に、返事は無かった。さっきの言葉が精一杯だったのだろう。既に僕の腕の中ではすやすやと健やかな寝息が響いていた。
「えー……」
 新たな試練のようなこの状況で、僕は途方に暮れる。
 さて。僕はこれからどうするのが正しいのだろう。
 彼女をベンチに寝かせて立ち去る? 交番かコンビニか、誰か人の居る所に置いていく?
 正直、どちらも良い案ではなかった。前者はなんだか後ろめたい。後者は僕達が人でないのが問題。
 となると。
 第三の選択肢。僕の家で一時預かる。一時ってどれくらいだろう。とも思うけど、彼女の気が済むまででもまあ、構わないと言えば構わない。
 諸刃の剣に見えて仕方のないこれが、一番妥当な所のような気がした。幸い部屋に空きはあるし、近所の人には妹か親戚の子だと適当に言っておけば良いだろう。
「あとは……空いてる部屋、片付けなきゃかなあ」
 よいしょ、と彼女を腕に抱き上げると、目の下にクマが見えた。灰色の髪に白い肌。目の下を縁取るようにあるそれは、彼女がどれだけ限界ギリギリだったかを語っているようだった。
「こんな小さいのに……無理して」
 僕達の世界では身体の大小で強いとか弱いとか決まったりはしないのだけれど。彼女はなんというか、本当に幼い子供のように見えた。庇護欲、と呼べば良いのだろうか。保護しなくてはという気にさせる。
 安心しきったような顔で眠っている彼女を抱え直し、僕は公園の外へと足を進めた。
「全く……ゆっくりおやすみ」

 □ ■ □

 そうして帰ってきた時、腕時計の針は五時半を指していた。
 日の出まであと数分。空はすっかり白んでいた。
「た、ただい……ま」
 左手に女の子とサッカーボール。右手に家の鍵。そして僕も眠い。
 とりあえず鍵を小物入れに投げ入れて、彼女の靴を脱がせる。両腕で抱え直して自分も靴を脱ぐ。小柄な身体とはいえ、片腕で支えるのは少々辛い。サッカーボールはどうするか悩んだけれども、彼女が大事そうに抱えているのでそのまま室内に持ち込む事にした。
 リビングを横切り、寝室へと向かう。
 幸か不幸か、起きた時にめくれたままだった掛け布団を避けて彼女をベッドに寝かせると、むにゃむにゃと形にならない小さな声と共に丸くなった。
 掛け布団を肩までかけて、暫く様子を見る。
 起きる気配は無い。布団は規則正しく上下している。口元に髪の毛がかかっていたが、これ以上触るのはなんだか躊躇われたので放っておく。
 ふと窓の方を見ると、遮光カーテンの端から僅かに光が漏れ始めた。もう朝だ。
 今日は休みだから講義は無い。夜に強いとはいえ、僕も眠い。
 が。今ここで使えるベッドはこれ一つ。流石に小さな女の子と同じベッドで呑気に寝る勇気は無い。
 僕はこの住みにくい世界を静かに生きたいのだ。深夜に獲物を探す時だって、誰かに怪しまれた時の良い訳を十は考えておく位、慎重でありたいのだ。起きて速攻おまわりさんは勘弁して欲しい。
 ベッドの隅に追いやられていた毛布をベッドと掛け布団からそっと抜き取り、ダイニングへと戻る。二人がけのソファに転がると、目蓋が自然に降りてきた。少しだけ朝のニュースを見ようかとも思ったが、クッションに頭を預けると、リモコンに手を伸ばすより先に眠気が訪れる。僕も疲れていたらしい。
 そのまま沈むように、意識を手放した。
ようじょ を ひろった!
平和に暮らしたいと言ったが、首を突っ込まないとは言ってない。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ