挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
僕とボクの日常攻略 作者:水無月龍那

課題5:僕とボクの話

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

29/42

課題5:僕とボクの話 5

 日本に来たのは、百年くらい前。
 お兄さんはそう言いました。
「当時の名前はウィリアム。あー……ウィリアム=ストレイス」
 その発言はとても流暢でしたが、なんだか言いにくそうでした。
「……なんか、この名前言うの久しぶりすぎて実感無い」
 むつきの方がしっくりくる。とお兄さんはくすくすと笑っています。
「そうですね。ボクも……香乃、と言うのはなんだかくすぐったかったです」
 香乃。それで思い出しました。
「そういえばボクも。名前を教えていませんでした」
「へ?」
 お兄さんは不思議そうに聞き返します。そしてすぐにその意図を理解したのか、手のひらで言葉を遮りました。
「いや、良いよ。大丈夫。しきちゃんは、しきちゃんだし」
「そうですか。——では、もし。知りたい時が来たらいつでも言ってください」
 そう言うとお兄さんは「わかった」と頷いてくれました。
「ん。脱線したね。話を戻そう……僕はイギリスで生まれて、そこで吸血鬼になった。地元では死んだ事になってたから、ロンドンへ逃げるように移住して、そこでずっと暮らしてきた」
 あんまり良い生活じゃ無かったなあ、という声は苦すぎる薬を飲んだ時のようでした。
「僕の居た国は外の世界をずっと見て、海に出て。色んな物を手に入れて——時には手放して。街はどんどん煤と霧で囲まれて。そんなのを街の片隅でずっと見ては文句を言ってた」
 ボクはじっとその話を聞きます。海外の歴史については詳しくありません。
 せめて、お兄さんが居た国だけでも本を読んでおけば良かった、なんて思います。
 ボクが知っているイギリスの本と言えば、ウサギの絵本に言葉遊び。穴に落ちた女の子の話。絵本に物語ばかりです。

 お兄さんの話は続きます。

「そんな僕にもね、友人と呼べた人は何人か居たよ。正体を明かせる程親しくはなれなかった人も居たけど、みんな、良いヤツだった」
 その中にね。とお兄さんの声がふと、穏やかになりました。
「やたら僕の世話を焼いてくるヤツが居たんだ。僕が帰ってくると食事を用意してて。洗濯とか着替えとか、なんか身の回りの事まで勝手にやって。自分だって仕事してて忙しかったはずなのに。いらないって言っても引き下がらないで……なんでだろうね。どうしてそこまでやってくれるのか分からなかった」
 というか、今もよく分からないんだ。と、零れるように言葉が落ちました。
「でも。いつしか僕の事も話せるくらいの仲にはなった。それでも世話を焼きに来て。まあ、そんな物好きだったけど。そいつが……死んだんだ」
 死んだ。
 短いのに、鉛のように重い言葉でした。
「それで僕はロンドンがすっかり嫌になっててさ。遠くに行きたくなったんだ。日本は……その物好きが好きだった国で……一度見てみたいと思って。それだけで選んだ」
 うん、来て良かった。と言う言葉は少しだけ嬉しそうでした。
「今の名前は、僕が日本に来たばかりの頃につけてもらったんだ。たまたま港に居た人に色々と信じ込ませて、家に住まわせてもらってた。その人に会ったのが一月だからむつき。苗字は、その人のをずっと借りてる」
 返せる日なんて、もう来ないだろうなあ。なんてぽつりと呟いたのが聞こえましたが、それはボクに聞かせるためではない、ただの独り言のようでした。
「あとは、ずっと日本に居た。……日本に来てから生活とか、考え方とか。随分と変わったよ」
 ボクはその言葉に首を傾げます。
 百年前の日本とは、確かに海外の文化がたくさん入ってきた頃でした。
 でも、入ってきた色んな物が新しくて、珍しくて、日本の物よりもずっと強くて便利だった。そんな風に見ていたのを覚えています。
 だから、不思議でした。お兄さんにとって、新しかったり珍しかったりした物があったのでしょうか?
 首を傾げたのに気付いたのか、お兄さんも軽く首を傾げます。
「あ。ごめん、なさい。……その。日本で色んな物が変わった……というのが、少しだけ不思議だったんです」
 お話の続きを、と促すと、お兄さんは「そうだね」と少しだけ笑って言いました。
「僕が日本に来た頃は、世界中で色んな物が急成長してた時代だったから——なんというか、僕自身が置いて行かれそうな気がしたのかな。僕が見てきた中では、日本が顕著に映った。色んな文化を吸収して、自分の物にしていく」
 それが、と少しだけ切って続けた言葉は。

「なんだか——羨ましくなったんだ」
 とてもきらきらして聞こえました。

「当時までの僕はどうしようも無く停滞しててさ。それから目が覚めたような気がしたんだ。それから色々勉強したよ。学校も通い続けて、文明の利器もこうして扱えてる」
 その知識が生かせてるかはさておきね。とお兄さんは笑います。
 難しい本を読んで、パソコンや携帯電話と向き合って。時々レポートに頭を悩ませて居るお兄さんの姿を思い出しました。時には課題に対して文句も言っていますが、思い出す姿はどれも生き生きしていました。
「——そうして、日本で百年。戦争も、天災も、発展も。ずっと見てきた。その結果が今で。すっかり明るくなって、いい生活になったけど。僕らはすっかり疎外される側になった」
 ある意味では住みにくくなったね、と何かを憂うように、お兄さんは呟きます。
「それは吸血鬼だけじゃない。人狼、口裂け女。座敷童、もそうなのかな。人に危害を与えるならば恐れられて、幸運を与えるなら面白おかしく取り上げられる」
 そんなさ、と言葉は続きます。
「人のようでいて、人とは決して相容れない存在——それをそのまま受け入れてくれた方がずっと楽で平和なのに、人間はそんな未知を知ろうとする」
 まったく、この時代は生きにくいね。
 その声は、初めてお兄さんとご飯を食べた時の話を思い出させる声でした。
「で。僕はそんな世の中でも平和に暮らしていきたい。かつて無いほどの課題だよ。手に入れられる限りの平穏と日常を謳歌していきたい。そんな事を考えながら、僕はこうして今、ここに居る——以上、長くなったけど僕の昔話、おしまい」
 そう言って、お兄さんは話を終えました。
「ホント、長々と話しすぎちゃったね……もしかして、これが年ってやつかなあ」
 はあ、と天井を仰ぐように溜息をついて、髪の毛をがしがしと掻いています。
 お兄さんはそう言いましたが、ボクにとってはあっという間の時間でした。
「……お兄さんは、すごいです」
 素直に感想を言うと、お兄さんは「いやいや」と手をぱたぱたと振ります。
「そんな事ないよ。長いこと立ち止まってたし、後ろ向きで。文句ばっかりで」
 全く子供っぽいね。と恥ずかしそうに笑います。
「だから、僕の行動は……正直遅すぎるくらいじゃないかな」
「それでもボクはお兄さんのこと、すごいと思います」

 ボクには、そんな沢山のことを考えるだけの視界の広さを持っていません。
 お兄さんの隣に立っても、きっとお兄さんの方が広く、遠くを見ているのでしょう。
 お兄さんの行動が遅すぎたというのなら、ボクはどうなのでしょう。

 この家に来るまで、何か得た物があったでしょうか?
 見て。知って。考えた事があったでしょうか?
 ここが天国ですか? ともう居ない母様に尋ねるだけの日々。
 外に出ても、家を転々とするばかりでした。
「——」
 ボクもなにか。日常と平穏を手に入れるための何かを考えてみたくなりました。
 お兄さんのお手伝いしか出来ないかもしれません。いえ、もしかしたら足手まといかもしれませんが。

 ボクは。何ができますか?

 その答えを探すこと……その問いを持つことすら怖くて、ずっとそのままで在り続けた気がします。
 それは。今でも。
「ボクは……今でもじっとしている気がします」
「そうかな」
 はい、と頷くとお兄さんは「大丈夫」という言葉をくれました。
「しきちゃんは、ちゃんと歩いてるよ。料理をして、本を読んで。ちゃんと自分にできる事をしっかり全うしようとしてる」
「……」
 そうでしょうか。本当に、ボクは前を向いているでしょうか。
 その疑問が伝わったのか、お兄さんは言葉を続けます。
「それにしきちゃんは、言ったよね」
「?」
「この家の座敷童で在りたいって」
「……はい」
「それは、確かな一歩だと思うよ。自分が望んだ状況だったりそうじゃなかったり——これまで色々あったかもしれないけど、それを全部抱きかかえて自分であろうとしてる」
 ね。と言うお兄さんの声は、とても優しくて、耳に心地よくて。
 思わず喉の奥がぐっと熱く、詰まったような感じがしました。

 ボクは吸血鬼のように、大人の男の人のように、強い力はありません。
 長く長く生きているはずなのに、外を知りません。
 ボクが知っているのは、家の中の事だけです。
 ボクが出来るのは、その家の人を幸せにする事です。

 ならば、座敷童(ボク)なりにできる事を。
「はい。ボクは。座敷童は。——座敷童にできる事を。ちゃんとやります」
「うん。よろしく」
「はい」

 □ ■ □

 おやすみ、とお互い言い合って部屋に戻り、布団に入る。
 身体のだるさは相変わらず僕に重力の良さを教えてくる。
 が。
 それと同時に僕の頭の中はさっき話したことでいっぱいだった。
「勢いで……話しすぎた……」
 思わず頭を抱えて布団に潜り込む。
 あまりに久しぶりで、喋りすぎた。調子に乗った。そんな後悔。
 しきちゃんがどれだけ理解したかは分からないけれど。
 でも、話をしっかり聞く子だから。
 彼女なりに色々と考えるのだろう。

 そんな彼女と一緒にこの現代を。
 人ならざる者同士、手を取り合って日常を攻略していけたら。
 それは……きっと嬉しい事だ。
「……問題は、この感情がどっちの物かってのと」
 もうひとつ。
 話に出した、物好き。
 彼のことが離れなかった。

 夜の街で見かけた、あの人影。
 深緑のロングコート。黒い髪の、背の高い男。
 顔は隠れていたし、人混みの中だったし。隣に居た少女は知らないけれど。
 あれは。
 あいつは。
 間違いなく。
「……なんで、居るんだよ……テオ……」
 死んだはずの物好きの。死んだはずの彼の。死んだはずの——友人の。
 名前を、呟く。

 今日は、いつもの声は聞こえなかった。
 ただかすかに、くすくすと笑う声がした。
 それがアイツの物なのか。
 あの物好きの声なのか。
 僕自身の声なのか。

 分からないまま、僕の意識は落ちていった。
むつき。過去を大いに語る。
思い出話とは、思いの外長くなったりするものです。彼はこれでも随分と端折ってるつもりなんです。
しきちゃんも以前自分の事を話してましたが、そんなに長くありませんでした。彼女は自分に対して覚えてる事、思ってる事が少ないようです。

毎週日曜更新と言いつつ、がっつりずれ込みました。orz
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ