挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
僕とボクの日常攻略 作者:水無月龍那

課題4:僕と**の夢

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

20/42

課題4:僕と**の夢 2

「ああ――アンタが最近騒ぎになってる人、だね?」
 影は答えない。
 警戒したのか、女性をどさりと投げ捨てるようにして立ち上がる。ナイフを手にしたまま一歩後ずさる。帽子が深くて顔が見えない。立ち去ろうとでも言うのか。そうはさせない。
 倒れた女性の髪を掴み上げ。そのまま影を渡って影の前へと立ちふさがる。
「な……」
「なんでこの状況残して逃げようとするのかな。勿体ない事をする」
 影から彼女を引きずり出すように、目の前の人物へと突きつける。血に濡れた長い髪がほどけて指に絡み付く。
「ほら。可哀想にこれじゃあ声も出ないし、折角の化粧も衣装も台無しだ」
 突きつけるように差し出すと、彼女の身体がずるりと引きずられて顔が夜空を見上げる。。
 喉の切り込みが深かったのか、女性の身体は自身の重みに堪え兼ねて崩れ落ちようとする。ぷちぷちと小さく聞こえる音も、僕の影に滴る液体も何もかもが勿体なくて、僕は頭を掴んでいた手を離した。
 石畳に倒れ臥したその身体は、すぐさま影に蝕まれていく。靴も。腹も。骨も。指に絡まった髪も。全てを飲み込むのにそう時間はかからなかった。
 石畳に付いた血の跡も、影が綺麗に舐めとっていく。
「うん。これは良いものだった。流石、目の付け所が良い」
 最後の一滴まで綺麗に頂いている間も、影からは目を離さなかった。影自身も、目の前で何が起きているのかを理解するのでいっぱいいっぱいだったのだろう。微動だにせず、女性が影に飲み込まれていく様を見つめていた。
「――うん。今の僕は機嫌がいい。だから見逃しても良かったんだけど、そうすると証拠が残ってしまう」
 こつん、と一歩距離を詰めたブーツの踵が石畳に響く。
「だから仕方ないね。でもそんな事より。だ。僕は君との約束を守らないといけないんだ」
 動かない影に僕は言う。
「本当は、やりたくないよ。大事な大事な物を失うんだ」
 僕は笑ってるのか。泣きそうなのか。表情も分からない。ただ、この次に出す言葉が苦しかった。

「――ねえ。テオドール」

 僕が呼んだのは、友人の名。
 恐怖が貼り付いたような影に問いかける。が、影は答えない。ぱくぱくと動く口は「なんで」という疑問を発しているのだろうか。残念だけど読心術は得意じゃない。でも、きっと間違っていないだろう。
「僕が吸血鬼だったのがそんなに意外だった? いいや。テオは僕の事を知っていたよ」
 知識や記憶の共有という物がされていないのか。
「君の事も、テオは気付いてた。だからあんなに僕の家に来てたんだろう。万が一のために」
 僕は知っていた。僕の正体を知る数少ない友人が、二重意識――複数の人格を持っている事。いくつの意識があるか分からないけれども、その内ひとつが世間を騒がせているという事。それでも彼は。テオはいつだって僕を気遣い、笑い、僕の家を訪れた。正体を知っても逃げずに受け入れてくれた。そして「話してくれたお礼と、お願いがあるんだ」と言った。

「もし俺が。どうしようも無い状態で見つかったら。その時は遠慮しなくて良いから」

 だから僕は、犯人捜しなんてしなかった。
 でも、出会ってしまった物は仕方ない。
「“君”の事は新聞でしか知らないけど。僕はこれで済ませる気は無いよ。見つからなかったから知らないフリしてたのに。――残念」
 運がなかったね。と僕は呟く。

 ああ、そうだ。大事な友との約束だ。遠慮はしない。容赦もしない。
 目の前に居るのはただの殺人鬼だ。友はもう、とうの昔にこの影に殺されていたのだ。影は何かを言っている。
「――ここからが本番なのになんで逃げようとしてるの?」
 返事はない。ぱくぱくと声にならない声で何かを訴えている。逃げられないと分かった途端に怯えた色になったその眼が、なんだかおかしかった。
「――は。あっはははははは! なんだよその眼! さっきまでの勢いはどうしたのさ?」
 ずい、と近寄り、胸元を濡らした血をそっと指先で押さえる。冬間近の冷気でひやりと冷たい。
「ほら。こんなに血を浴びて、そのナイフで斬り裂いて、どうだった? 楽しい? 嬉しい? その黒い欲を、満たせたんじゃないのか? 違うのか?」
 笑いながら、影の腕を掴む。血に濡れたナイフが、とろけるように光を反射する。
 ごくり、と喉が鳴ったのが自分でも分かる。
 こいつなら。
 こいつなら。
 本当に。
 姿形が残らないほどに頂いてしまっても――構わないだろうか。
 一瞬だけ僕へ笑いかけてくれていた彼がよぎる。罪悪感は無かった。寧ろ背中を押されたような気分だ。
「いや、僕は君に感謝してるんだよ。日常茶飯事とはいえ僕の所行もさほど目立たなくなった」
 けどな。と指先をタイに引っ掛けてそのまま右手で引き寄せる。
「おかげで街の警戒心底上げでさ。ある意味では迷惑だった――って、そんなのお前の知った事じゃないか」
 影は何も、答えなかった。
 ただただ、震えていた。
 それを勝手に肯定として、胸を濡らした血にひたりと手を添え。

 ――ずきり、と。
 眼から頭へと、突き刺さるような痛みが走った。

「――っ」
 暗転しかけた頭を抑え、壁に当てた手を支えに倒れるのだけは堪える。
「痛ぅ……一体、なんだって……」
 ぐらぐらする頭を押さえ付ける。折角の獲物を逃がす訳には行かない。
 膝をなんとか押さえつけ、倒れるのだけは堪え――ふと、手の感触に違和感を覚えた。
 温度。冬の外気に晒された石ではない。
 乾いている。先程まであった血の冷たさも無い。
 匂い。血でも霧でもない。土に混じる木の匂い。
 床。それも板張りの。

 一体どこだ?

 昂ぶっていた感情が一気に薄れていく。霧の向こうへ霞んでいく。ついさっきまで確かにあった感情も記憶も、全てが過去の再現だったと気付く。
「な……?」
 知らない家。これは、土間だ。僕は土間と部屋の間……式台にへたりと座り込んだ。状況がさっぱり分からない。
「ああ……そうだ。これ、夢……だ」
 夢というものに常識的な流れを求めてはいけない。そもそも記憶の整理だと言う説もあるくらいだ。さっきの状況だって昔の僕だ。確かに僕自身の経験談……だけども。この家は知らない。忘れたとかではない。記憶に何一つ引っかかるものが無い。何を整理しようと言うんだ僕の脳。
 別の意味でぐらぐらしてきた頭の整理を試みようとしたその時。

「――よく来てくれたね」
 静かな水面に酔ったような声がした。
夢とは以外とまとまりの無いものです。
夢の中で「ああ、コレは夢だ」と気づける人が羨ましいです。
自分はちっとも気づけません。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ