挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
正しい悪魔の飼い方 作者:庚 真守
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

7/7

悪魔の爪のこと

「ひっくっ!」
 唐突にしゃっくりがでて、あたしは口をおさえた。
 炭酸がいけなかったのか。
 笑いもせずに、アスタロトは真面目な顔をして言った。
「そら、言わぬことではない。アルコールで脳が萎縮することもあるのじゃ」
「それがどうしたの、あたしの脳がなくなったら、朝までここにいてくれるの?」
「望みなら、どのようなことでも叶えてやる」
「嘘よ。朝までいられるはずがないわ」
 頭の中がぐるぐると回っているような気がする。
 急性アルコール中毒というやつだろうか。
 まさか本当にアルコールによる脳萎縮なんて……。
 あたしは、這うようにしてアスタロトから離れた。
 ビールのせいじゃない。
 蚊遣りの豚の口から、揺れる細い線香の煙よりも、もっと深くあたしの鼻腔にしみこんでくるミルラの香り。
 麝香を思わせるような甘く重い香り。
「こちらへこよ」
「いやよ」
「わがままな女じゃ」

 じれたようにアスタロトは、あたしの手をひっぱる。
 押し返してやろうとしたが、重心を崩してあたしはアスタロトの広い胸に抱き取られる。
 甲冑のない胸に顔を押し付けて、目を瞑った。
「嫌いよ。アスタロトなんか……」
「そなたが嘘つきなのは、知っている」
 嫌い嫌い……でも好き。
 あたしはこいつのことなんか何も知らないはずなのに、どうしてこんなに惹きつけられるのかしら。

「わしは愛してる。そなたが好きだ」
 木製の甘い香りにあたしは泣きたくなる。
 大きな手があたしを包み込む。
 どうして彼女の体は、こうもあたしにぴったりと沿うのだろう。
 もとは一つだったものが、引き合うように、
「あたしは愛してない!」
 精一杯の虚勢だ。
 だけど、このままアスタロトに溺れたくなんかない。
 あたしが欲しいのは確かな、この手につかめる愛だ。
 なのに、まるで濃い霧の中に包むように、アスタロトはあたしを惑わせる。

「そなたを浚ってゆけるものならば、この腕に閉じ込めてどこにもやらぬのに……」
 乱暴にあたしを顎をつかんで、無理やりにくちづける。
 柔らかな舌があたしを絡めとり、啜った。
 キスだけで息が荒くなってしまいそうになって、気がつく。
 またアスタロトの手が、あらぬところをまさぐっている。
 すかさず、あたしは立ち上がりざまローキックをかましてやった。
 残念ながら急所は外したが、アスタロトは顔をしかめて、あたしを軽く睨む。
 おかしなことに、悪魔も男の姿をしている時には、人間と同じ場所が急所になるらしい。

「地獄の公爵に蹴りを入れる女はそなただけじゃ」
 無視してあたしは、歩き出す。
 つくづく場所を考えない男だ。
 ここは縁側なのだ。
 外から見られたらどうするつもりなのだろう。
「まったく……そなたはツンデレじゃなくて、ツンツンだ」
 本気で言っているらしいアスタロトの言葉に、あたしは吹き出した。
 馬鹿だ。
 正真正銘の馬鹿だわ。
 縦にも横にも大きな男が、あたしなんかに振り回されてる。
 黒髪に縁取られた秀麗な美貌が、むくれているのが、なんとも可愛く思えてしまう。
『ツンデレ』というのは、最近あたしがアスタロトに教えた言葉だ。
 まさか、自分のことを言われるなんて思ってもみなかったけど……。
「あたしは、あんたのものになんかならないわ」
「なるほど」

 あたしは、部屋の奥へ向かった。
 長押から蚊帳がつってあり、あたしはすばやく潜り込み、後ろからついてくるアスタロトをちらりと見た。
 どうしたものか……少し迷ったが、彼の肩をつかんでそのまま体重をかけ押し倒すようにして引きずり込む。
 蚊帳への入り方もコツがあるのだ。
 腰を低くしてから急いで潜り込まなければ、虫も入ってしまう。
 二人して広い蚊帳の中へ転がり込むと、今度はあたしからくちづけした。
 彼がいるだけで、あたりは穏やかな香りが広がっていく。
 冷たい感触が大腿に触れて、あたしはあわてて振り返った。
 見ると蛇がアスタロトの袖から、身体をくねらせるようにして這って行く。
「では、わしがそなたのものになるか。どうせ、そなたに飼われる身じゃ」



 いつかは、あたしも彼の爪に引き裂かれてしまうのか……でも、今はおとなしく従順な態度を見せて、鋭い爪を隠しているのはなぜだろう。
 あたしへの愛情ゆえか、それとも別の何かか。
 それでも、今はいいと思う。

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
― 感想を書く ―

1項目の入力から送信できます。
感想を書く場合の注意事項をご確認ください。

名前:

▼良い点
▼気になる点
▼一言
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

この小説をブックマークしている人はこんな小説も読んでいます!

竜守りの妻

貧しい村で生まれ育ったファミアは結婚した初夜の晩、夫となった男に逃げられた。実家に戻り生活を続けたが、貧しさゆえに身売りをするしかないと決意を固めた同時期に、竜//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全46部分)
  • 15 user
  • 最終掲載日:2016/06/07 12:28
撃ち抜いたのは

蜂蜜色の髪とミントみたいな翠の瞳の軍人と、平凡なちまい娘の物語。 悪い大人の男のイケメン無自覚らぶアタックに翻弄される初心な純朴乙女のときめき無意識らぶアタック//

  • ノンジャンル〔ノンジャンル〕
  • 完結済(全23部分)
  • 16 user
  • 最終掲載日:2012/12/04 22:06
謙虚、堅実をモットーに生きております!

小学校お受験を控えたある日の事。私はここが前世に愛読していた少女マンガ『君は僕のdolce』の世界で、私はその中の登場人物になっている事に気が付いた。 私に割り//

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 連載(全299部分)
  • 15 user
  • 最終掲載日:2017/10/20 18:39
指輪の選んだ婚約者

見た目と中身の一致しない美貌の騎士様と、刺繍に没頭していたい淡々としたお嬢様の、のんびりほのぼのした契約的婚約ライフのお話。 ※本編完結。 ※一迅社文庫アイリス//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全55部分)
  • 17 user
  • 最終掲載日:2017/05/03 11:58
追放令嬢は神様の妻になりました

 やっとのことで皇太子の婚約者に選ばれ、『学園』で幸せを噛みしめていたら――ぽっと出の令嬢に皇太子を捕られた! それでも淑女として生活していたら、今度は悪意に捻//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全12部分)
  • 13 user
  • 最終掲載日:2016/06/04 00:00
男爵令嬢は、薔薇色の人生を歩みたい

継母に疎まれ命を落とした精霊術師の王女は、500年後、同じ国にセンゲル男爵の娘フェリシアとして生まれ変わった。今度は前世のような最期を迎えないように、良い子の仮//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全135部分)
  • 12 user
  • 最終掲載日:2017/05/23 12:18
リングリング

三年前、大学生の詩織は、異世界トリップして日本に来てしまった騎士の男をかくまった。彼は無事に元の世界に戻れたのだが、なぜか今度は詩織が彼の世界へトリップ。頼れる//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全36部分)
  • 19 user
  • 最終掲載日:2014/08/20 00:00
モブ令嬢は攻略対象の婚約者

わたくしはどうやら乙女ゲームの世界に転生してしまったようなのです。それも乙女ゲームのモブ。名前も容姿も何も出てこないクリストファー様の婚約者というだけのモブ。モ//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全16部分)
  • 12 user
  • 最終掲載日:2016/05/08 21:00
狼領主のお嬢様

自らの贅沢の為に、悪逆の限りを尽くした前領主一家。その一人娘だった私は、使用人であり恋人の彼が、領主の尻尾を掴もうと潜り込んでいた間者だと知った。 そして、領民//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全26部分)
  • 17 user
  • 最終掲載日:2017/11/10 17:50
かわいいコックさん

『花(オトコ)より団子(食い気)』で生きてきたアラサー女が気付いたら子供になって見知らぬ場所に!?己の記憶を振り返ったら衝撃(笑撃?)の出来事が。そしてやっぱり//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全92部分)
  • 13 user
  • 最終掲載日:2017/08/26 00:00
転生王女は今日も旗を叩き折る。

 前世の記憶を持ったまま生まれ変わった先は、乙女ゲームの世界の王女様。 え、ヒロインのライバル役?冗談じゃない。あんな残念過ぎる人達に恋するつもりは、毛頭無い!//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全113部分)
  • 14 user
  • 最終掲載日:2017/12/11 00:00
盟約の花嫁

お前たちが望む間だけ、お前たちを導くとしよう。その代償として、お前たちは私に人族の花嫁を与えよ。お前達が約束を違えぬ限り、盟約が破られることはない。・・・・・か//

  • ノンジャンル〔ノンジャンル〕
  • 完結済(全65部分)
  • 16 user
  • 最終掲載日:2015/07/08 20:59
張り合わずにおとなしく人形を作ることにしました。

 女性向けレーベル、アリアンローズ様より書籍版発売中です。ぜひにお買い上げくださいませ!  どうやらここは前世でプレイしていたファンタジーな乙女ゲームの世界ら//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全69部分)
  • 12 user
  • 最終掲載日:2016/12/14 13:50
異世界出戻り奮闘記

 かつて私は異世界に召喚されたことがある。異界からの巫女として一年余りを過ごした私は、役目を果たし、元の世界へ帰ることとなった。そして護衛騎士に秘めた思いを告白//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全78部分)
  • 14 user
  • 最終掲載日:2016/01/03 18:00
悪役令嬢は隣国の王太子に溺愛される

婚約破棄を言い渡され、国外追放されるはずだったティアラローズ。 「ここって、私がプレイしていた乙女ゲームだ!」そう思い出したのは、物語エンディングの前日だった―//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全75部分)
  • 12 user
  • 最終掲載日:2017/12/12 19:00
結婚の理由?お金ですけど、何か?

祖父の遺言によって、社交界で女性達の視線を一身に集めていたフェルディナ侯爵へと嫁いだメルリナ。 あれから8年。 遺言の条件は満たされ、メルリナは結婚している必要//

  • ノンジャンル〔ノンジャンル〕
  • 完結済(全12部分)
  • 14 user
  • 最終掲載日:2015/01/27 22:26
狂帝の最愛

小さな国の傍系の王族に生まれた双子——その上の娘、勝ち気で丈夫なエンニは、甘え上手で病弱な妹・アンサの影で、ずっと二の次三の次にされてきました。ある日、ついには//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全1部分)
  • 13 user
  • 最終掲載日:2013/07/09 22:39
平凡なる皇帝

ハルはとある領主の元で下女として働く、普通の少女だ。しかし亡くなった母親が遺した指輪に使われている宝石が、竜の国でしか採れない希少なものだと分かってから状況が変//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全102部分)
  • 14 user
  • 最終掲載日:2017/10/20 00:00
魔女は灰かぶり

人を寄せ付けない森に一人の魔女が住んでいる。 訪れる人も稀な彼女の家に通うのは、あろうことか王子様。 しかし魔女は知っていた。 彼にはすでに運命の人があり、もう//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全14部分)
  • 12 user
  • 最終掲載日:2013/02/20 00:00
彼女が恋に落ちるまで

三年待ち続けた婚約者に裏切られたミアは、その直後に赤ん坊を庇って命を落とす。そしてその三年後、救った赤ん坊の妹として、生まれ変わるのだった。元婚約者も身近にいる//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全7部分)
  • 12 user
  • 最終掲載日:2017/02/17 01:00
スイーツ王子の人探し

壊滅的な女子力で、彼氏いない歴20年を更新中の野田狭霧。そんな狭霧だがお菓子作りだけはプロ並みの腕前を持つ。 狭霧が差し入れに紛れ込ませたクッキーを食べた学校の//

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 完結済(全89部分)
  • 15 user
  • 最終掲載日:2016/04/01 17:00
誰かこの状況を説明してください

貧乏貴族のヴィオラに突然名門貴族のフィサリス公爵家から縁談が舞い込んだ。平凡令嬢と美形公爵。何もかもが釣り合わないと首をかしげていたのだが、そこには公爵様自身の//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全181部分)
  • 13 user
  • 最終掲載日:2017/11/09 22:45
復讐を誓った白猫は竜王の膝の上で惰眠をむさぼる

大学へ向かう途中、突然地面が光り中学の同級生と共に異世界へ召喚されてしまった瑠璃。 国に繁栄をもたらす巫女姫を召喚したつもりが、巻き込まれたそうな。 幸い衣食住//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全94部分)
  • 15 user
  • 最終掲載日:2017/12/04 21:54
公爵令嬢の嗜み

公爵令嬢に転生したものの、記憶を取り戻した時には既にエンディングを迎えてしまっていた…。私は婚約を破棄され、設定通りであれば教会に幽閉コース。私の明るい未来はど//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全265部分)
  • 17 user
  • 最終掲載日:2017/09/03 21:29
そうして恋になる

とある大国の騎士団長が、盗賊討伐中に幻覚作用のある煙を吸ってしまって、酩酊状態のまま、どこの誰とも知れぬ女を抱いた。団長は、責任を取る!と女を捜索。今まで浮いた//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全6部分)
  • 13 user
  • 最終掲載日:2015/04/14 10:00
魔術学院の恋愛事情

とある魔術学院に通う平凡な私に、突然ふってわいた非凡な彼との関係。「俺の子供を産んでくれ」って何ですか!? 名門の家柄にも無駄に美形な顔にも興味ありません。頼む//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全74部分)
  • 13 user
  • 最終掲載日:2015/03/05 00:47
マリエル・クララックの婚約

地味でもてない目立たない、冴えない社交界の壁の花。そんなマリエルにも縁談がやってきた。婚約者はなんと、今をときめく近衛騎士のシメオン様! なぜあの方が、あんな娘//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全5部分)
  • 13 user
  • 最終掲載日:2017/08/26 03:47
王宮の至宝と人質な私

持ち家すら無い超貧乏貴族の娘、セーラはツイていなかった。一家が都落ちの最中に拾って弟にした美少年は只の捨て子ではなかった。ある日突然王宮からやってきた騎士団に弟//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全72部分)
  • 15 user
  • 最終掲載日:2013/04/07 10:49
妹ですみません

腐女子と相反する者、それはリア充。 これは美形の義兄と暮らすことになったオタクな妹の孤軍奮闘物語である。 ※2017年8月12日 KADOKAWAビーズログ文//

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 完結済(全54部分)
  • 15 user
  • 最終掲載日:2017/08/31 21:40
狼侯爵と愛の霊薬

学院を7年も留年した伯爵令嬢ロザリンドは『ものぐさ姫』と呼ばれていた。独身を貫き薬学研究に人生を捧げたい!と思っていた彼女の元へ、10年帰っていない実家から、極//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全57部分)
  • 14 user
  • 最終掲載日:2017/05/15 06:53
魔法使いの婚約者

剣と魔法の世界に転生したこの私。復活した魔王、聖剣に選ばれた勇者―――――そんな王道ファンタジーが繰り広げられる中で、与えられたポジションは魔法使いの婚約者。(//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全41部分)
  • 17 user
  • 最終掲載日:2017/10/13 08:55
婚約者は、私の妹に恋をする

ああ、またか。私の可愛い妹を見つめる、私の婚約者。その冷たい目に灯る僅かな熱量を確かに見たとき、私は既視感に襲われた。かつての人生でも、私の婚約者は私の妹に恋を//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全43部分)
  • 14 user
  • 最終掲載日:2017/12/11 02:04
転生したけど、王子(婚約者)は諦めようと思う

 ノイン王国宰相・ザリエル公爵には、一人娘がいる。  銀色の髪にアメジストのような澄んだ瞳を持つ美しい娘・クリスティーナだ。  彼女の幼い頃からの婚約者は、ノイ//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全21部分)
  • 14 user
  • 最終掲載日:2017/01/05 22:00
令嬢はまったりをご所望。

【アルファポリスに移行します。暫く二章まで残します】 悪役令嬢の役を終えたあと、ローニャは国の隅の街で喫茶店の生活をスタート。まったりを求めたが、言い寄る客ばか//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全56部分)
  • 12 user
  • 最終掲載日:2017/10/27 12:00
北の砦にて

前世は日本人女子。今世は雪の精霊の子ギツネ。そんな主人公と、北の砦の屈強な騎士たちとのほのぼの交流譚。【宝島社様より一巻~三巻が発売中です】

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全118部分)
  • 13 user
  • 最終掲載日:2017/09/27 01:28
払暁

「賭けでもするか?」 戦場にてうっかり言った言葉を本気にされてしまった。 騎士と男装魔術師の、双方の思いがすれ違う。試練と葛藤の話。

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全68部分)
  • 12 user
  • 最終掲載日:2017/12/08 14:39
↑ページトップへ