挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
正しい悪魔の飼い方 作者:庚 真守
6/7

バビロニアの女神のこと

 アスタロトは、夜に訪ねてくる。
 あたしは缶ビールのタブに、指先を差し込んで押し開く。
 ぷしゅっと軽い音がして、泡立つビールを口元に運ぶ。少し零れたか。
 もともと、ビールやアルコールの類は好きではない。
 だが、彼に子供のようだと言われたのが悔しくって、甘いものは控えるようになった。
 アルコールには習慣性があるのか、とくに美味しいとも思わないのに、ついつい手がでる。
 必ず来てくれると判っているのに、たまらなく不安になるのだ。
 とくに、こんなに蒼い月の夜には……。

「子供のくせに酒など呑むでない」
「誰が、子供だっていうのよ。立派に成人してるわよ」
「ならばよい。こちらへ来い」
「いやよ。変なことするから」
「しなければ、そなたが寂しがるであろ?」
「馬鹿……」
 言いながらあたしは、またビールを口に運ぶ。
 なんとなく落ち着くような、おおらかな気分になる。
 どうしてだろう。
 アルコールの効果なのか、ただ単に精神的な充足感なのだろうか。

「愛している……」
 簡単に彼は口にするが、その言葉に真実はあるのだろうか。
 現世に住まうあたしと、地獄の支配者の一人である魔神につりあいなどとれるはずもない。
 男であり女でもある奇妙な悪魔。
 アスタロトがあたしのもとへ来るのはいつも夜。
 夢のように儚い逢瀬に、あたしは不安になる。
 彼は、あるいは彼女は本当に現実にいるのだろうか。

 公爵は人ではない。
 その事実が、時折あたしを打ちのめす。
 だから、アルコールの缶に手が伸びてしまう。
 少し苦い。
 けっして美味しいとは思わない。お酒に逃げてしまう。
 馬鹿、馬鹿、馬鹿、馬鹿……。
 夜風に吹かれて風鈴が涼やかな音をたてる。
 縁側であたしは、二本目のビールを飲み干す。
 頭がくらくらする……でも、止められない。
 この馬鹿のせいだ。

「……もう止めよ」
「うるさい!」
「わしの言うことがきけぬか」
 うるさい、うるさい……そんな声聞きたくない。
 なんでそんなに色っぽい声なの、あんたって、
 氷の張った桶に入れた本日三本目の缶ビールに手を伸ばす。
 ここは人の世で、あたしは明日も仕事があって……だから、二日酔いなんてしている場合じゃないわけで……。

「代謝能力以上にエタノールを摂取するのではないぞ」
 そう言いながら、アスタロトは缶ビールを取り上げた。
 中味の残っている缶を握りつぶす。
 ビールの炭酸泡が吹きこぼれた。
 あたしは慌てて布巾でぬれた手をふいてやろうとしたが、まるで手品のように潰した缶も手も、すでに濡れてはいなかった。
 いや、手品ではなく悪魔の仕業なのだから、やはり魔法とかいうのもだろうか。
 小さい頃に絵本で読んだ魔法とはずいぶん違う。
 呪文を唱えるわけでも、杖を振るわけでもない。ごく自然にそれは行われるのだろう。人と魔は同じ場所にいられない所以かもしれない。
「雌性ホルモンがアルコール代謝を阻害するのじゃ」
 悪魔にしては健全なことを言う。
「女性のほうがアルコール依存症なりやすいってことでしょ。そんなこと知ってるわよ」
「ならば、なぜ止めぬ」

 あんたのせいだわ。
 悪魔のくせに、飲酒を止めろだなんて、なんか変よ。

「あんただって、半分、女じゃないの」
「男がよいか?」
「どっちでも意味ないわ。あんたは悪魔だもの」
「もとから悪魔であったわけではない。バビロニアではイシュタルという女神であった」
「いつから、アスタロトになったの」
 女神が悪魔に変わるなどとあるのか。
 不振に思いながらも、あたしはつりこまれたように、彼あるいは彼女の話を聞いた。
「パレスチナに渡り今の名になり、ギリシャではアフロディーテと呼ぶものもあった。やがて時代が下るにつれ、わしの存在は野蛮で淫乱な存在とされたようじゃ」
「もしかして、キリスト教があんたを神の座から悪魔に堕としたの」
「この世のすべての宗教とはそのようなものじゃ。虚構に満ちておる」
「……すべて?」
「わしには大事無いことじゃ」
「何言ってんの。人のいうことで性別まで変わるなんて……めちゃくちゃだわ」
「わしが変わったのは、そなたゆえじゃ。そなたが好むなら、どちらでもなろうほどに」
「なんで、あたしにこだわるのよ」
「そなたが恋しいゆえに」
「悪魔が人を恋しがるなんて、変よ。悪魔って人間を堕落させるんでしょ」
「そう言い出したのは、誰じゃ。わしではない。勝手な人の思い込みか、あるいは恐れが生み出した妄想であろうな」
 うまく言いくるめられているような気がして、あたしは返事ができなかった。
 身をのりだすようにして、アスタロトは正面からあたしを見つめる。
 近々と見据えられて、視線を逸らそうとしたがうまくできない。
 漆黒の双眸に、あたし自身が映りこむ。

「それがあの地獄を創り出すのじゃ。判るか。人はその思い通りの世界を創る。それがあの世界であり、わしでもある」
「あたしはあんたを作ったつもりはないわ」
「そうであろうな。だが、わしはここにいる。ここにいて、そなたを恋しいと思う。それがなにゆえなのか。わしには判らぬ」
 アスタロトはゆっくりとあたしの前にかぶさってきた。
 ごく自然な行動で、まるでそのことが当たり前のような気がして、あたしは抵抗する気をなくしていた。


+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ