挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
勇者の姉、召喚 作者:奏多
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

7/32

2章 勇者の姉、襲撃される -3

  ***

 地面が、心臓のように拍動している。
 木々がその鼓動にざわめいた。
 嵐の夜みたいに、うねり、激しく葉を打ち鳴らし、世界に音を広げていく。
 真っ暗だった視界に、とろりと赤い絵の具が落ちた。
 違う。扉の隙間から流れ出てくるものは、子供の使う絵の具にしてはあまりに粘度が高すぎる。
 その血をたどると、白い指先が見えた。

   ***

「…………っ!」

 飛び起きた伊織は、急いでベッド脇のスツールに置いてあったガウンを羽織った。
 ランプの明りを消さないままだった室内を見回し、そっと居間と寝室を隔てる扉に近寄る。
 扉の隙間から、血が流れ出ている様子はない。その場にしゃがみこんでほっと息をついたが、肝心なことを思い出す。

 居間に人はいない。居間からの続き部屋に、女官が待機しているのだ。
 まさか、と心の中で思う。
 きっと不安で変な夢を見たのだ。急に異世界に来て、自分では気づかないくらい疲れていて……。
 ぎりぎりと唇を噛み締めながら、それでも確認しなくてはと決意した時だった。

 唐突に、目の前の扉が開かれる。
 伊織の顔から数十センチのところに、見知らぬ人の足があった。ズボンを履いているから多分男だ。

「ちっ、いないか……」

 相手のささやき声は、本当に小さかった。
 だけど心臓が止まるほど驚き、思考が停止していた伊織の目を覚ますには充分だった。
 しゃがんだ体勢のまま床に手をついて勢いをつけ、伊織は部屋に踏み込んだ男の横をすり抜ける。

「あっ、こいつ!」

 力の入らない足を叱咤して、居間に飛び込んですぐテーブルにすがりついた。
 本当は助けを呼びたかったが、ショックで叫ぼうにも声が出ない。だから、テーブルクロスを思い切り引っ張った。
 石の床に落ちていく花瓶やティーセットが、高らかな音をたてて砕け散る。しかも上手い具合に男の足元へ落ちた。この音で扉の外にいる衛兵が気づいてくれるだろう。
 そのまま伊織は男の顔を確認せずに移動する。
 さっきよりは足も動くようになった。だけど声はまだ出ない。扉は開かない。

「たすけっ……」

 かすれるような声が、扉の向こうへ届くはずがない。
 だからって諦めない。
 自分が捕まったりしたら、悠樹の足手まといになる。伊織はタックルするような形で扉にぶつかった。
 ドアノブを上手く掴めなかったので、扉に当たった音がするだけだと思った。しかし扉は向こう側に開いて、誰かに抱きとめられる。

「イオリ殿!」

 その声に、体の力が抜けそうになった。
 フレイの声。そして彼の顔が見える位置に、伊織は抱き上げられた。

「誰かが、部屋にっ」

 そう言って伊織はようやく背後を振り返る。
 既に二人の衛兵たちが部屋の中に踏み込んでいた。彼らと共に、金の髪の人物が見える。
 アルヴィンに対峙するような位置に、自分を追いかけてきていた男がいた。
 黒い覆面をして、上から下まで黒ずくめの格好だ。

 侵入者は衛兵の剣を避け、アルヴィンの剣に肩口を浅く斬られる。それはアルヴィンにしてやられたというより、逃げるために斬られるのも仕方ない、という判断だったようだ。
 侵入者は逃げるのを優先して窓へ走り、硝子を突き破って外へ躍り出た。
 すぐさま後を追おうとしたアルヴィンは、窓の下を見て衛兵に指示する。

「下の見張りに今の男を追わせろ。急げ!」

 衛兵が部屋を飛び出して行き、アルヴィンがこちらを振り返った。

「怪我はないか?」

 尋ねられて、伊織はぎこちなくうなずく。どこの筋肉も萎縮したように、首も上手く動かない。けれど今すぐ確認しなくてはならない事があった。

「フレイさん、降ろしてもらえますか?」

 お願いされて、フレイはそっと伊織を床に立たせてくれた。歩こうとすると、まだ足が萎えてしまっているのか、ふらつく。
 思わず差し出したといった感じのアルヴィンの手を借り、伊織は続き部屋へ近づく。
 扉の下へ目を向けた。何か、赤黒い染みがあった。
 同じ物に気づいたのだろう、アルヴィンが呟く。

「これは……」

 伊織はドアノブに手を伸ばす。そして扉を開いた。
 扉は何か柔らかいものにあたって、途中で止まる。赤黒い染みは部屋の中にも続いており、その先に白い手と腕が見えた。
 予想通りの光景に、伊織はは吐き気を感じる。堪えるかわりに、思わずアルヴィンの手を強く握った。
 息を飲むような音がして、伊織の身体は引かれるままにアルヴィンに向って倒れこむ。そのままマントに包まれて視界が覆われてしまった。

「フレイ、遺体を運ぶ手配を頼む」

 その言葉で、伊織はようやくアルヴィンの意図がわかった。彼は、遺体を見ないで済むようにしてくれたんだ。
 身体を支えるアルヴィンの腕から伝わる暖かさが、なんだか痛い。
 だって、彼女が死んだのは自分のせいかもしれないから。
 もし夢を見た後すぐに叫んでいたら、死んだ女官を助けられたかもしれない。一度、母が死んだ時に後悔したはずなのに。伊織は「まさか」と思ってできるはずのことをしなかったのだ。

「ごめん……」

 彼女にはもう届かないとわかっているのに、伊織は謝らずにはいられなかった。口に出すと、関を切ったように涙が溢れた。
 全身から力が抜けていくような気がして、アルヴィンの手も離してしまう。
 けれど、今度は彼の方が握り締めてくれた。
 そのままアルヴィンは、別の部屋へ移って伊織が泣き止むまで、ずっとその手を握っていてくれた。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ