挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
勇者の姉、召喚 作者:奏多
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

6/32

2章 勇者の姉、襲撃される-2

 夕食の後、伊織はようやく一人きりになった。
 これからはもう眠るだけだ。何の用事もない。服も昼間よりは簡素な寝間着に替えてもらった。

 女官達は着替えなどの用が済むと部屋から退出し、伊織は残ったルヴィーサとしばし歓談した。
 彼女はお茶を入れながら、様々な話をしてくれた。
 ルヴィーサが悠樹の世話係をしていたこと。小さな頃の悠樹は、広い城の中で何度も道に迷い、その度にルヴィーサが探し回ったらしい。成長すると、二番目の王子と度々城外へ脱走しては、お目付け役のフレイに叱られるようになったという。

 自分の世界にいるころと、あまり変わらない悠樹の日々を聞き、伊織はほっとする。
 そうか。あの子は一人でもちゃんとやれてたんだ、と。
 悠樹の送ってくる手紙でしか状況を知りようもなかったので、無理をしているんじゃないかと、どこか心配していたのだ。もちろん、我慢しなくちゃいけない事も沢山あっただろう。けれど勇者になると決めたのは、あの子自身だ。
 悠樹はその決意を貫いて、この世界に一生懸命に溶け込んだのだろう。

「あと、今でも思い出すのは、悠樹様の母君のことですね」

 ルヴィーサは、懐かしむように言葉を続けた。

「本当におだやかな方で。最初は異世界へ迷い込まれ、そこで暮らしていた方ときいて、私達のように城で働いている者はみんな、どんな豪傑かと想像していたんですよ」

 故郷へ帰った母親の話に、伊織は目を見開いた。
 悠樹について行った母は、その一ヶ月後に災害にあって亡くなってしまった。親族の家を訪れる途中、崖崩れで土砂の下敷きとなったのだ。
そのため短い間しか王宮に滞在していなかったので、誰も母のことを覚えていないだろうと思っていたのだ。

「それでは、ごゆっくりとお休みなさいませ」

 お茶を飲み終えるのを待って、ルヴィーサは退室した。
 思わずほっと息をついてしまう。どれだけ気遣ってもらえても、初めての場所や人と接するのに慣れるまで、緊張してしまう。
 伊織は肩をぐるぐる回しながら、なにげなく窓に近寄った。

 既に日は暮れて、窓の外は真っ暗で何も見えない――わけでもない。
 カーテンをちょっとめくって外を見て、伊織は「これがそうなんだ」と呟く。
 王宮の庭に生えているだろう木々のシルエットの向こうに、煌く宝石のような輝きがちらちらと見える。十字の先端に飾りをほどこしたような光の並び。悠樹が手紙で教えてくれた通りの、トレド王都の夜景だった。

 そこでふっと思い出したのは、アルヴィンの名前を聞いたことがある理由だ。
 確か悠樹が、王宮の人について手紙に書いてくれていた。その中に、アルという名前があったはず。三兄弟の末っ子で、悠樹と同い年の王子がアルだった。

「……ってことは、わたしより歳下?」

 なぜか微妙にショックだった。
 まぁいい。それより何度も読み返したはずなのに、記憶がおぼろげになってる方が問題だった。
 特にここ半年は、悠樹が勇者業に忙しくて手紙はもらえなくなっていた上、受験だなんだと伊織の方も手紙から遠ざかっていたので仕方ない。

 異世界からの手紙は、満月の夜、決まった場所に忽然と現れる。
 魔法が使える人間しかできないのだと、弟が最初の頃に書いてくれていた。異世界にものを送る魔法は結構大変だけれど、家族と離れて移住してくれた悠樹のためにと、王様が定期的に出す許可をくれているのだ。

 そんなわけで、弟の背丈が今どれくらいなのかも、伊織には文面から察することしかできなかった。その上こちらがどんな様子かも手紙に書くしかない。文章では限界がある。

「結局今回も、あの子が戻ってくるわけにもいかないし、会えないよね」

 寂しい思いをさせていた弟になにかしてやりたかった。助けられなかった母の代わりに。

「今度こそ……と思ったんだけど」

 母や弟が異世界へ旅立つ前の日、伊織は夜中にうなされた。
 土砂が降り注いで、重たくて、痛くて、何度も泣きながら目覚めた。
 朝になって母に話そうと思った。だけど、妙にリアルで怖くて詳しい事は話せなかった。それを見た母は、寂しがって泣いたんだろうと、笑っていたのだ。
 伊織もそう思うことにした。一ヶ月後に、母が土砂に埋まってなくなったと、異世界からの手紙で知らされるまでは。
 何度知らせればよかったと後悔しただろう。悠樹にも、何度もごめんと書いて送った。

「結局あれはなんだったんだろ」

 今でもよくわからない。その後は一度もそんな事は起きなかった。
 とりあえず、悠樹に関する悪い夢は見たくない。
 そう思いながら伊織は広すぎるベッドの中にもぐりこんで……夢を見た。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ