挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
天上の青は謳う 作者:奏多
27/32

7章 彼女に謳う天上の青-3

 割れ鐘を叩くような音が、百も千にも重なって鳴り響く。
 耳をふさいでも防げない。
 薄く開けた目に、細かく震動しながら消えていく霧が見えた。それがなぜか絶叫しているミュルダールの身体に吸い込まれていく。
「おのれぇっ」
 ミュルダールは、血走った目で剣を振り回し始めた。見えない敵を、打ち払うように。
 そしてふと気づいたように、足下の伊織に向けて剣が振り下ろされる。
 伊織は目を閉じた。せめて自分が死ぬ瞬間は見たくない。そう思ったのに、火花が散りそうな金属音が響き、伊織に剣は突き刺さらなかった。
 重たい瞼を開くと、肩で息をするアルヴィンがいた。
 アルヴィンは伊織を背後に庇って、ミュルダールを押し返し、その間に襲いかかってきた最後の兵士を切り倒す。
「やめろミュルダール! 全てお前の仕業だと、モルドグレスは全部吐いた!」
 モルドグレス……確か、誘拐の首謀者だと言われていた国だ。ミュルダールがモルドグレスに罪をなすりつけたのではなかったのか?
 驚きのあまり、少しだけ伊織の意識がはっきりする。だけどミュルダールは剣をふるい続けた。
「なぁにが、モルドグレスだっ」
「城にも連絡をとった。ここは既に包囲されつつある。もうよせ!」
 ミュルダールの攻撃はやまない。アルヴィンの背の向こうに見えた彼は、目を虚空に向け、口は笑みの形に開いたままだ。
 ……狂ってるのか?
 それでもアルヴィンは説得しようとしていた。
「お前の目的は何だ!? さらなる権力か。それともエンブリア・イメル上納の優先権か?」
 ミュルダールは何がおかしいのか、笑い出す。
 なおも言いつのろうとしたアルヴィンだったが、再び魔方陣から湧き出した黒い影が細く伸びて彼の足を捕らえた。アルヴィンはその場に縫いとめられたように動けなくなる。
「くそっ」
 アルヴィンは剣を持ち直し、一気に攻勢をかけた。
 振り下ろされる刃を強く弾き返し、ミュルダールが体勢を崩したところで突き出す。
 アルヴィンの剣は、まっすぐにミュルダールの腹に刺さった。
 終わった、と伊織は思った。アルヴィンでさえそうだったのだろう。
 アルヴィンが、思い切って剣を引き抜こうとした。
 その時伊織の首筋に悪寒が走る。
「アル……っ!」
 悪い予感に押されて、彼を制止しようとした。けれど剣が引き抜かれる前に、仰向けに倒れていくミュルダールの腹から黒い霧が噴き出した。
 目の前が真っ暗になる。
「イオリ!」
 自分の名を呼ぶ声。そして庇うように覆いかぶさる誰か。
 だめ、逃げてアルヴィン。
 また腐臭がする。これはただの煙じゃない。霧じゃない。魔法でもない。
 この黒い空気そのものが、きっと魔なのだ。
 理解したけれどもう遅い。アルヴィンに声を届けようにも何かが口から侵入してきそうで、必死に閉じていることしかできなかった。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ