挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
ある旅人の手記 作者:まみや ろも
5/5

祭りの少女

その日、村では祭りが行われていた。
いつものように車を停め、宿を探すあいだも絶えず、村人達が祭りが行われているだろう方向に向かって行く。
その向かう先から、遠く太鼓の音が聞こえてきた。

荷物を置き清潔な服に着替えると、早速わたしも行ってみることにした。
おそらくは村の中央にある広場が、祭りのメイン会場なのだろう。
近づくにつれ、提灯の明かりや飾り雪洞、そして屋台の数が増えていく。
あまり混む前にと、近場の屋台で簡単な食事をとりさらに先へ進む。

ふと、浴衣を持ってくれば良かったな、と考えてしまう。
もちろんわたしの車のスペースはただでさえ狭いのだから、そんな余裕は無いのだが。
周りを見回すと、やはり浴衣を着ている人が多い。
しっとりと落ち着いた紺色の浴衣が好まれているようだ。

この村のどこからこんな人が集まるのだろう、というくらい、村人の数が増えてきた。
いつの間に渡されたのか、わたしの手にはお面を持たされていた。
誰にもらったのか分からないまま、そのお面を被る。
白地に、目元や口元が朱色で縁取られた、狐のお面だった。
気が付いてみると、どの村人も同じようにお面を被っていた。

紺色の浴衣の中、赤い金魚柄の浴衣を着た幼い少女が目に飛び込んできた。
他の村人と同じように狐のお面を被っているが、頭の右斜めに被っているため、その顔が良く見えた。
ややつり目の、目鼻立ちのしっかりとした美しい少女だった。
彼女はしばらくキョロキョロと辺りを見廻すと、わたしに目を止めた。

わたしたちはしばらく、無言で見つめあっていた。
何か言った方がいいだろうか。
挨拶くらいなら。
そう思い、口を開こうとした時。
少女がカラカラと下駄を鳴らして駆け寄ってきた。
そしてわたしの手を引くと、村人の集まる中心へと進んでいく。
あれほど大勢村人がいるというのに、彼女に導かれるとスイスイと村の中心にたどり着いた。
そこでは、巨大な矢倉が建てられ、色とりどりの灯りに照らされていた。

チン チリリン チン チリリン

トコトン トコトコトン トコトン トコトコトン

矢倉の中心付近で鐘の音と太鼓の音が聞こえる。
その、単調なリズムに乗って、村人達が矢倉の周りを踊っているようだ。
灯りは、上に行くほど強くなっているせいか、下の方はそれ程灯りが届かない。
そんな中、輪になってユラユラと踊る姿を見ていると、

これが終わると、夏も終わりだね

旅に出る前、一緒に観ていた友人のセリフと共に、故郷の踊りを思い出した。

大勢の人の中。
村の風習だろう狐の面をつけ。
踊りを眺めている。
わたしの手を握っていた少女がその手を放し、お面をかぶり直すと踊りの輪の中に入っていった。
ユラユラ揺れる人々の中を、真っ赤な金魚が泳いで行くようで。
わたしはいつまでも、そこに立って踊りを見続けていた。


翌日。
祭りは終わり村には日常の生活が戻っていた。
早くに矢倉は取り壊され、屋台も消え。
提灯一つ残ってはいない。
昨日の賑わいが嘘のようだった。
そしてさらに、あれほどいた村人達も今日はすっかり見かけなくなり、わたしは閑散とした通りを歩き必要な品を買い足していった。


それから二日ほど、わたしはその村に滞在した。
だが最後まで、あの赤い金魚の少女を見かける事は無かった。

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
― 感想を書く ―

1項目の入力から送信できます。
感想を書く場合の注意事項をご確認ください。

名前:

▼良い点
▼気になる点
▼一言
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

この小説をブックマークしている人はこんな小説も読んでいます!

八男って、それはないでしょう! 

平凡な若手商社員である一宮信吾二十五歳は、明日も仕事だと思いながらベッドに入る。だが、目が覚めるとそこは自宅マンションの寝室ではなくて……。僻地に領地を持つ貧乏//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全205部)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/03/25 10:00
火輪を抱いた少女

 いつからここにいたのかはよく覚えていない。この糞みたいな場所で、私はいつも空を見上げていた。空に浮かぶ大きな大きな太陽。誰にでも優しく降り注ぐ暖かな日差し。も//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全48部)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2015/02/15 12:11
まだ恋に至る前の物語

ピアノが好きな瑞希は、ある歌い手さんのファンでした。 その歌い手さんがもしかしたらクラスメイトなのかも!! 恋になる前の。 ドキドキが起こるもう少し前。 そんな//

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 完結済(全11部)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2016/07/10 20:38
夢幻泡影 ─むげんほうよう─

いつの間にかスマホの中に入っていたアプリ。 そのアプリに答えた彼らに降りかかる、とある世界での戦い。 そこから脱出するためにはその世界を作ったサーバー呼ばれる存//

  • アクション〔文芸〕
  • 連載(全17部)
  • 4 user
  • 最終掲載日:2016/08/09 12:12
Re:ゼロから始める異世界生活

突如、コンビニ帰りに異世界へ召喚されたひきこもり学生の菜月昴。知識も技術も武力もコミュ能力もない、ないない尽くしの凡人が、チートボーナスを与えられることもなく放//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全443部)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/06/13 01:00
ワールド・ティーチャー -異世界式教育エージェント-

世界最強のエージェントと呼ばれた男は、引退を機に後進を育てる教育者となった。 弟子を育て、六十を過ぎた頃、上の陰謀により受けた作戦によって命を落とすが、記憶を持//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全172部)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/05/24 23:35
最果てのパラディン

  かつて滅びた死者の街。 そこには1人の子供と3人の不死なる者たちが存在した。 かつて英雄であった不死者たちに養育される少年、ウィル。 技を継ぎ知識を継ぎ、愛//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全153部)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2017/03/02 23:56
↑ページトップへ