挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
フィンダーの中の世界 作者:羽都
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

3/3

3

 家に帰った私は久しぶりに前を見て歩く
家族とは話したくなくて家にいるときは常に顔を下げて歩いていた、でももうやめようと思う

「お母さん、ただいま」

すぐに「おかえり」って優しい声が聞こえてきた



 「準備は終わったかのか?」
男のせっかちな大きな声が響く、こちらをチラリとも見ないこの人は私の師匠だ。
「はい、オッケーです」私も一眼を構えながら返事をする。

あの日、家に帰ってから私は母と話をした。
仕事を1ヶ月前に辞めてしまっていたことや、高校生の時からカメラマンになりたかったが母を助けたいと思っていた私は言い出せなかったこと。
母の付き合っている人を否定しまった幼かった私のこと、今は母を助けてくれたことを感謝していること...私を気にせず一緒になって欲しいこと。
今まで話せなかったことを沢山話をした。
母も私も涙と鼻水でぐちゃぐちゃになりながら、話をした。
そして今後の私のことも...

 今私は黄色の車に乗って黄色のスマートフォン、そして真っ黒な一眼が私の相棒だ。
この世界も辛いことも沢山あるし、悔しくて眠れないひもある。
だけど心がぽっかり開いたりはしない。

こんなにも綺麗な世界を私は残していける
私が生きた証を

ああ、愛すべき人生、私の愛すべき人生
覗いたフィンダーは、光り輝いていた

「ぼさぼさしてるな、今は今しかないんだ」

「はい!」

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
― 感想を書く ―

1項目の入力から送信できます。
感想を書く場合の注意事項をご確認ください。

名前:

▼良い点
▼気になる点
▼一言
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ