挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
フィンダーの中の世界 作者:羽都
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

1/3

愛すべき私の人生



私の家は貧乏だった


今でも裕福な訳ではない、それでも水道がとまることもなくなったし明かりのない家が怖くて母が帰ってくるまで外でぼんやり物語に浸ることもなくなった。
母と2人暮らして確かに寂しい思いもしてきた。
でもそれ以上に深い愛情ももらって生きてきた。
高校生の頃からお世話になっている職場だってもうすぐ働きだして10年目になる。働く中で勿論嫌なことだって沢山あった。でもそれと同じぐらい大事な仲間にも出会ってきた。
お金だって母と2人旅行にだって、美味しいものだって食べに行けるぐらいある。

.....それなのに、どうしてこんなにも何かが足りないと思ってしまうんだろう。
どうしてこんなにも苦しく感じてしまうんだろう。
どうして....居なくなってしまいたくなるんだろうか。


あんなにも欲しくて堪らなかった「安泰」の中にいるのに、どうしてしまったんだろう。
欲しかったものも眺めるだけではなく、考えて買うことだって出来る。
友達と遊びたい気持ちを誤魔化して、みんなが遊んでいる時に空っぽのお財布を見なくても良くなったのに。



どうして私の心は、踊らないんだろう




+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ